韓国ツアー:お食事編

フジムラコンテンポラリーアート韓国ツアー!!今回のレポートでは、満喫の韓国伝統料理編を、スタッフ鈴本がお届けします。

 

初日の夜は韓国宮廷料理
2日目の夜はサムゲタン
3日目の昼はソルロンタンを食べました。
では、それぞれをご紹介していきましょう。

 

まず、皆さん韓定食はご存知ですか?簡単に言えば「コース料理」で、宮廷料理と田舎定食、2つをミックスした伝統韓定食と3つの種類があります。
今回は高級韓国料理のフルコースといわれる『宮廷料理』をいただきました。宮廷料理はもともと李朝時代、王様が食べていた料理で、各地方から献上された最高級の食材を使った料理だったそうですが、現在はさらに豪華な内容になっており、食材本来の味を生かした素朴な味、彩りを考えた綺麗な盛り付けが特徴で、料理の数も30種を越えるものもあるそうです。

 

また、陰陽五行と呼ばれる儒教の思想を取り入れており、五味五色、つまり甘さ、辛さ、酸っぱさ、苦さ、塩辛さ、という5種類の味と、青は青野菜、赤は肉類、黄色は卵や味噌、白は米や淡色野菜、黒は胡麻や海草類といった具合に5つの色素を備え、栄養のバランスまで考えられています。

 

 

韓定食の「龍水山」
韓定食の「龍水山」

 

私達は『龍水山』というお店でいただきました。
このお店は海外の有名政治家や俳優などが多く通う店で、ソウルだけでも6店舗、ロサンゼルスにも1店舗あります。お料理の内容はまるでデザートのようなスウィートなカボチャのお粥が一番にきます。続いて水キムチ、青豆のゼリー、四色野菜の天婦羅、くらげと野菜の辛し和え、牛肉の野菜包、シンソルロ、チヂミ、開城式焼肉、ラズべリーティー、開城式のお菓子とお餅でした。

 

種類が沢山出てくると聞いていたので、食べきれるかという不安もあったのですが、一品一品の量が少ないのと、バリエーションの豊かさにより完食できました。私達日本人が聞きなれないこの「シンソルロ」というお料理は、韓国では人気の鍋で、牛肉、大根、人参、豆腐、白身魚、卵、クルミ、銀杏、松の実、椎茸、を牛肉のスープで煮込んだものです。味はとてもあっさり、椎茸のダシがよくきいていて、日本人が好きな味わいでした。

韓定食は、韓国の伝統料理を一度に味わえるものなので、是非皆さんも韓国に行った際には食べてみてください。

 

おいしくいただきました!
おいしくいただきました!

 

キムチとシンソルロ
キムチとシンソルロ

 

次々とお料理が運ばれてきます
次々とお料理が運ばれてきます

 

 

2日目の夜は『土風俗村』という韓国大統領ご用達のサムゲタン専門店で、サムゲタンを食べました。私達は予約をしていたのですぐ入れましたが、並んで待っている人たちが大勢いました。それだけおいしいお店なのだ、とさらに期待が高まりました。

 

サムゲタン専門店「土風俗村」
サムゲタン専門店「土風俗村」

 

サムゲタンは若鶏を一匹丸ごと使い、その鶏のお腹の中にもち米、高麗人参、なつめ、にんにく、栗、ぎんなん、鹿角(血液の循環促進)、ファンギ(強壮効果)といった漢方食材を詰めて煮込んだ料理です。

漢方のエキスによる滋養強壮に加え、ビタミンAやコラーゲンを多く含む鶏肉の美容効果も期待できるスープです。韓国では夏のスタミナメニューとして定番で、特に最も暑い時期にあたる3回の「庚の日」に食べる習慣があるもので、日本でいう「土用の丑の日」にうなぎを食べる感覚に似ていますよね。

 

味つけとしては、鶏本来の味を楽しむために薄い塩味が基本なので、添えられた塩と胡椒で自分好みに味を調節して食べます。私は、そのままの味でおいしく思えたので何も加えることなくいただきました。煮込んであるため、鶏肉はとても柔らかく、一匹丸まるの形で出されるのですがすぐにスプーンでもほぐれ、軟骨も今まで感じたことのない柔らかい歯ごたえでした。

解体しながら食べていく感じなので、まるで蟹を食べているときのように無口になってしまう瞬間が何度も訪れ、気づいたら全部食べていました。鶏を一匹食べたのは初めてだったので驚きでしたが、この一品で十分満足できました。

 

鳥を解体しながら食べました
鳥を解体しながら食べました

 

 

 

3日目のお昼は、『里門』というお店でソルロンタンを食べました。
このお店はソウルの飲食店許可番号第一号で、100年の伝統を誇るソルロンタン専門店です。人数が多かったこともあり、奥の座敷に通されたのですが、その途中にキムチを作るところがあったのでその現場も写真におさめてみました。

 

ソルロンタンの「里門」
ソルロンタンの「里門」

 

しばらくするとお兄さんがキムチを作り始めたので、観察していたら、なんと作り途中のキムチをくれました!!食べてみるとまだ酸味があり、後から辛味がくる感じでしたが、辛いものが苦手な私ですが得した気分になりました。

 

 

本題のソルロンタンは、牛の肉、骨、内臓、頭を大釜でじっくりと煮込んだスープに牛肉、ご飯、そうめんのような麺が入っているものです。牛一頭分の栄養が丸ごと入った滋養食としても親しまれており、韓国料理では珍しく真っ白で辛くないのが特徴です。

牛肉の臭みを出さず、旨みだけ残すためには、たっぷりの時間と手間が必要だといわれています。少しでも手を抜くと、すぐに臭みが出てしまう繊細なスープで、家庭ではなかなか作りにくいため、韓国でも専門店で食べる料理というイメージがあるそうです。

 

これぞソルロンタン!
これぞソルロンタン!

 

かなり食べまくりの3日間のようですが、お肉は煮込んでありますし、キムチをはじめ野菜料理が多いので、ヘルシーで健康にいい食事ができました。近くにありながら全く異なる食文化を持つ韓国。皆さんも韓国に行かれる際は参考にしてみてください。

韓国ツアー:交流を深めた想い出の旅

世界各国、実に様々な芸術品を数多くコレクションされている渡辺様。

 

羽田国際線ターミナル内で通行の邪魔になると注意を受け、シートベルト着用のランプが点灯中に席を立ち、客室乗務員に注意されながら、我々ツアー一行を乗せた飛行機は無事にキムポ国際空港に着陸しました。かと思いきや、入国審査を通過した後、忘れ物を思い出し、入国審査をこれから受けるスタッフが取りに戻るなどの次から次への小さなハプニング続きの中、ツアーはスタートしたのです。

 

バスに乗り込み、最初の目的地である免税店に移動し、買い物を楽しむ女性陣!それを見ている場違いな?男性陣、初めて免税店に入ったが購入するものが無かった私。
その後、明洞(ミョンドン)にあるロイヤルホテルにチェックイン後、一休みをした後、大韓民国最初の食事先へと移動をし、韓定食宮廷料理を堪能しながら自己紹介を行ったのでした。

 

 

 

 

そして、本日最後の観光ポイントであるソウルタワーに向かい、海抜360mからソウル市内の夜景を楽しんだのでした。
一行を乗せてきたバスはソウルタワーまで送り届けた後、帰途についているためにソウルタワーからロイヤルホテルまでは、タクシーに分乗して帰りました。

 

 

 

 

2日目は、このツアーのメインイベントでもあるキムソングン先生のアトリエへと向かうのですが、途中にソウルオリンピックのメイン会場の側を通過しました。

 

 

 

キムソングン先生のアトリエは川風が気持ちよく流れる岸辺に立っており、ロケーションは素晴らしい場所に在り、先生や奥様が我々ツアー一行を心から歓迎して下さいました。極めつけは奥様の手料理や、キム先生自ら焼く韓国スタイルの焼肉。非常に美味しく、気持ちの大変込もったものでした。
先生の人柄やロケーションの素晴らしさもあり、予定の時間を大幅に過ぎての帰路となり、この後のスケジュールに支障が出ましたが楽しい時間でした。

 

 

 

 

高速では渋滞に巻き込まれましたが、何とかホテルへ。その後、ミョンドンを自由観光しましたが、話には聞いていた通り、「アメ横+竹下通り+渋谷」などが混ざった地区でした。
そして、2日目の夕食はサムゲンタンを頂きましたが、あんなに骨があるとは思ってもなく、新たな経験でした。その後、東大門市場を見学しましたが、イミテーション品を熱心に勉強するスタッフなどがおり、地下鉄の終電時間を過ぎた頃、タクシーに分乗してホテルに帰り、長かった2日目が終わりました。

 

最終日はユネスコ世界文化遺産のチャンドックンを日本語のガイドさんについて見学しましたが、普段歩きなれていない人はつらいかもしれませんが、それでも見学をするべき場所でありました。

 

 

 

 

その後、ソウルでの最後の食事を食べ昨日行けなかったインサドンのギャラリー街を見て回りました。芸術に対する慣用で且つ斬新な点、そしてギャラリー街(街)を作れる程の熱いエネルギー…、ソウルの人たちが羨ましく感じました。

 

 

 

キムポ国際空港より帰路に着いたわけですが、日本に近づくほど雲が厚みを増し、機上からカミナリを初めて見ることができたりと、非常に濃いそして暑い3日間のツアーも終了となってしまいました。
最後になりましたが、このツアーを企画して下さいましたオフィスフジムラの皆様ありがとう御座いました。

韓国ツアー:キムソングン画伯/アトリエ訪問

今回は「FUJIMUA CONTEMPORARY ART.初!韓国ツアー~キム・ソングンアトリエ訪問編~」のレポートを担当させて頂きます。宜しくお願い致します。

 

◆一路アトリエへ

ソウル市内から車で東へ約2時間、先生のアトリエがある京畿(キョンギ)道(ド)加平(ガピョン)に向かいました。ここは先生の生まれ故郷でもあります。都会的なソウルとは正反対の、山に囲まれた綺麗な小川が流れる大自然の中に先生のアトリエはあります。まさに先生の作品そのものの世界がそこには広がっています。

 

この川の向こうにアトリエが
この川の向こうにアトリエが

 

素晴らしい天気です!
素晴らしい天気です!

 

 

◆アトリエにて

川を渡りアトリエに到着すると、なんとアトリエの外壁に先生の作品が未額装の状態で飾られておりました。それらは「セサンバクロ」のシリーズの中でも新しくチャレンジした作品であり、10月の個展、そしてKIAF2008に出展する作品です。

つまり、どこよりも誰よりも早く見せて頂いたのです。感動です。アトリエの中には先生の10年前の作品もあり、先生の画家としての歴史を見ることもできました。その他にも使用している画材や筆も見せて頂きました。

 

自然の中の美術館
自然の中の美術館

 

 

そんな中、今度韓国内で放送される先生の特集番組「I LOVE 美術」をオンエアー前にも関わらず、先生の解説付きで見せて頂きました。その番組内では、フジムラコンテンポラリーアートが扱っている作品が何度も登場しました。また、先生が番組内でもアトリエでも何度も言われていた、

「私の作品は芸術的な作品として楽しむより、お守りのようなものとして楽しんでほしい。今の時代を生きている人達の人生の休憩のような絵でありたい・・・」 



という言葉がとても印象的であり、先生の思想・人柄・そこから生み出される作品、全てを表現している言葉であると感じました。

 

 

I LOVE 美術 オンエアー中
I LOVE 美術 オンエアー中

 

 

先生は作品についての説明の中で、

「空は人生を表し、雲は希望を表す。大きな空の中で止まらずに流れている雲、それこそが人生である。そこにそれぞれのストーリー(人生)がある」

とおっしゃっています。先生の作品を見た時に、見る人一人一人感じることが違います。絵柄はとてもシンプルなのにそのような違いがあるというのは、見る人それぞれが、それぞれの人生を重ね合わせて絵を楽しんでいるのだと気付かされました。

 

 

みんな聞き入りました
みんな聞き入りました

 

 

その後は先生を囲んでの食事です。この日の為に、先生と親族の方々が食べきれないほどの、バーベキュー・プルコギ・キムチ・のり巻・どんぐりの実で作ったこんにゃく、、、等の数々の韓国料理を用意してくれていました。全て手作りです。バーベキューは先生自ら焼いて下さいました。

韓国では、食べきれないほどの料理を出すことが最高のおもてなしであり、その手厚いおもてなしを有り難いことに今回頂戴したのです。

 

 

最後には、バスの中まで挨拶にこられました
最後には、バスの中まで挨拶にこられました

 

 

今回のアトリエ訪問での先生との交流は過去には経験のないものです。どのような国で、どのような環境で、どのような生活をしながら、何を考え、作品を描いているのか…。それを肌で感じることができました。この経験は、参加して頂いたお客様方にしか味わえない特別なものです。

 

フジムラコンテンポラリーアートでは、今後、より多くのお客様方にこのような経験をして頂けるよう努力していきたいと思っております。
このレポートを見て、韓国…そしてキム・ソングンという画家に興味をお持ち頂けたなら、何よりです。是非一度、キム・ソングン作品「日常の向こうへ」シリーズをご覧頂ければと思います。

皆様のご来店、心よりお待ち致しております。