「セサンバクロ」、青森県立美術館へ!

キム・ソングン画伯による「セサンバクロ~日常の向こうへ~」シリーズを、この度、青森県立美術館にて展示公開いたしました。

 

青森県立美術館

 

地方美術館の中でも、大変大きな規模で、緑の生い茂る森の中に白亜の建物が輝きを放っています。館は、外観内観ともに純白に統一され、作品と共に自然の緑が美しく映る自然と共生した空間設計です。照明も落ち着き、壁面を大きく取った館内は、かなり大きな作品も展示できるよう設計されています。

 

キムソングン先生の作品も、このサイズの壁面に展示したのは初めてでした。写真ではお伝えしきれない空間であったことが残念です。この数週間は、すっかり秋の空となり、肉眼ではこのキムのような青空は見えなくなりました。しかし、空・雲・ブランコ・木の緑、、、このモチーフは住む世界や環境を越えて、たくさんの人々の心を癒すようです。

 

青森県立美術館

 

また、この機会に青森県立美術館の代表的なコレクションについてお知らせします。最も有名なコレクションは、マルク・シャガール、棟方志功、奈良美智です。特に、20世紀を代表する画家の一人、マルク・シャガール(1887-1985)によるバレエ「アレコ」の背景画は圧倒的な迫力で、見る者の心に余裕すら与えてくれません。それ程までに素晴らしい作品なのです。

それは、1942年、亡命先のアメリカで制作された巨大な作品で、青森県は全4幕からなるバレエの背景画のうち、3点を収蔵しています。(1点はアメリカフィラデルフィア美術館収蔵)1点の大きさは縦が9メートル、横は15メートル。舞台の背景画ということもあり、額装は勿論なく、生地をそのまま吊るしてあるため、生地の継ぎ目さえも確認することが可能です。

そんな大きな作品にも関わらず、シャガールの筆は生き生きと「愛と熱い情熱」を乗せ、勢いよく走っています。まさに青森県立美術館はその収蔵作品を飾るがために、この規模の美術館を設計したのでしょう。

 

皆さんも一度機会を作って、時代に翻弄された人生を歩んだシャガールの作品に触れてみてはいかがでしょうか?フジムラコンテンポラリーアートお勧め作品!圧巻です。

キム・ソングン先生、個展開催 in ソウル

皆さん、こんにちは!フジムラコンテンポラリーアート韓国コンタクト担当の、チェ・ヨンジンです。今回は皆さんに韓国で開かれたキム・ソングン先生の個展の話をお伝えいたします。お楽しみください。

キム・ソングン先生の個展は2008年10月8日、ソウルのインサアートセンターで開かれました。インサアートセンターは韓国の美術及び文化の中心地であるソウルのインサドンの中でも一番の広さと立地条件を誇るギャラリーで、ここで個展を開くことだけでその作家が韓国内でトップレベルの評価を受けているということを意味するそうです。

 

 

インサアートセンター
インサアートセンター

 

キム・ソングン先生のポスターがありました!
キム・ソングン先生のポスターがありました!

 

ギャラリーの中に入り、4階につくとキムソングン先生が私たちを喜んで迎えてくださいました。
ギャラリーには約30点の作品があり、9月の韓国ツアーの時見た作品も何点か目に付きました。先生の特有の穏やかな青空の作品から曲線が強調された新しい感じの作品まで、多彩なスタイルの「セサンバクロ」シリーズがそろってあり、まるで先生の才能の無限さを見ているようなでした。

 

キムソングン先生と藤村社長のツーショット
キムソングン先生と藤村社長のツーショット

 

新しいスタイルの「セサンバクロ」
新しいスタイルの「セサンバクロ」

 

ギャラリーの入口
ギャラリーの入口

 

今回の個展に登場した「お母さんの海」。 雲の形はハングル文字で「オモニ(お母さん)」という意味。
今回の個展に登場した「お母さんの海」。
雲の形はハングル文字で「オモニ(お母さん)」という意味。

 

 

キムソングン先生の話によると、作品が一つのスタイルに決まってしまうことを避けるためにいつも素材を考えたり、構図を変えたり、新しい技法を試しているそうです。

作品を見るだけでもわかりますが、「セサンバクロ」シリーズには形式に閉じこめられずに開放的な自由、新しさ、新鮮さを追求する意味が含まれていると語る先生は、「セサンバクロシリーズには私の考え、プライド、追求点、志向しているすべてが入っています。いわゆる私の分身のようなものですね。」と微笑みながら仰いました。

 

 

今回の個展では曲線の空も登場しました!
今回の個展では曲線の空も登場しました!

 

 

 

また、オープニングには韓国の大手美術オークション協会の会長を含め、大勢の韓国美術関係者の方々が訪問、キムソングン先生とお話しするシーンが目立ちました。時間が経つにつれ訪問者数は益々増え、先生の国内での人気を実感することが出来ました。

 

 

キム先生ご夫妻
キム先生ご夫妻

 

 

オープニングパーティー中のギャラリー
オープニングパーティー中のギャラリー

 


 

インサドンストリート探訪
他の韓国レポートにも述べましたが、インサドンは訪問する度に新しい力を感じられる町です。
インサドンには日本の銀座にあるような古風な骨董品ギャラリーも、浅草の仲見世にあるようなお土産店通りも、青山にあるようなポストモダンな現代美術ギャラリーも、日暮里にあるような庶民的な屋台・居酒屋も混在しています。一つで定義しにくい不思議な町です。

 

韓国では普段水曜日に新しい個展、グループ展が開かれるそうです。私たちの訪問した10月8日も水曜日で、あちこちで新しい作品展がオープンしていました。

絵画、彫刻だけではなく、色々なジャンルのコラボを見ることが出来、美術と人間の発想の無限さを改めて感じて新しい刺激を受けられる場所です。皆様も機会がありましたら、インサドンを訪れてみてはいかがでしょうか。

 

インサドン通りの風景
インサドン通りの風景

 

こんな作品もありました!
こんな作品もありました!