お客様の「かばのおうどん」挑戦記

FCAのお客様のT様からの「かばのおうどん」への感想をご紹介します。遠いところから、本当に有難うございます。いつか、舞茸(きのこ)も「おいしい!」と感動して頂けるように、きのこの克服頑張って下さいませ(*^_^*)

 

=====

ギャラリーのホームページに紹介のあった、ギャラリー近くの『かばのおうどん』というお店に行ってまいりました。お店はインターネットの「グーグルマップ」で大体の場所を覚えて行きましたが、少し違っていました。どちらかというと交差点の角地に近かったです。

 
お店の暖簾のロゴマークは、カバちゃんが、うどんの入った丼に 『あー、いい湯だね』 を言い換えて 『あー、いいうどんだね』 と言っているように感じられました。このロゴマーク、なんとギャラリーの社長のイラストなのだそうで…。

食べログの口コミアクセス数が7,677件もありました。口コミにも掲載されていますが、店内はカフェ風なので気兼ねなく入れると感じました。ただ、席数が限られていますので時間帯によっては待つこともあるかな?

 

 

 

 

今回は新メニューの 『博多めんたいぶっかけおうどん』“麺を太麺”で、それと 『超特大えび天ぷら・鶏のささみ天ぷら・インゲンの天ぷら・舞茸の天ぷら』 をオーダーしました。

 
先に天ぷらがテーブルにやってきました。まず思ったことはえびの大きさにびっくり、車えびでなくてブラックタイガーか?などと考えましたが、とにかく食べてみよう!ということで、一口がぶっ、おっ!肉厚ですごくぷりっぷりっ、塩なしでもおいしい。次に、大根と生姜おろしを天つゆにいれ、えびを浸けて食べると、これもおいしい。

 

サクサク、出来たての鶏ささみ天ぷら

 

これが博多めんたいぶっかけおうどん!

 

ということで食べがいがありました。それに鶏のささみ天ぷら…食べると中はホクホク暖かくて柔らかで猫舌の私にもやさしく、これもまたおいしい。いんげん豆はしゃきしゃき感がよくておいしい。
残りは舞茸ですが、ここでちょっと一息、、、実は田舎育ちのくせにきのこが苦手、でもテレビでは「体に良い」ということで、ただいま挑戦中!そんな私が言うのも変なので、舞茸については留保させていただきます。

 

いよいよおうどん、大きめの丼に太い麺のおうどん、その上にほぐした明太子、きゅうりの細切り、バター、レモンが入っていました。どのようにして食べるのか教えていただきました。
まずレモンを絞って麺にふりかける、そして他の具材と一緒にかき混ぜる、好みでテーブルの上にあるそれぞれの調味料をかけて、めんつゆを入れる。

でも、私は調味料やめんつゆを入れることなく、一口パクリ、口の中に明太子のつぶつぶ感、きゅうりのみずみずしさ、バターのほんのりした感じ、おうどんの腰の強いことなど感じつつ、汁なしで完食し満足しました。ごちそうさまでした。

 

以上、『かばのおうどん』の新メニュー『博多めんたいぶっかけおうどん』のレポートでした。

?歳の誕生日をお祝いしてもらいました!

11月1日は夕方にお客様がギャラリーに来られ、接客をしていました。お客様が帰られた途端、急いで片付けて!という指令があり、なんと私の誕生日のお祝いをしてくれることになりました(●^o^●)

 
到着した場所は、ご夫婦でやっているイタリアンレストラン。落ち着いた雰囲気のあるお店で、こだわりのお食事を食べる事が出来ます。

 

シャンパンで乾杯!!有難うございます!

 

今回驚いたのは、初体験となった「生のポルチー二」です。皆さん食べたことありますか?料理する前に見せてもらったのですが、大きい!香りがいい!触り心地がなんともいえない!という感じでした。

そのポルチ―二をオリーブオイルとニンニクで炒めてもらいました。それがまた、香りがいい~んです。ポルチ―二がなくなった後もパンにソースをつけて食べてもgoodでした。

 

生のポルチー二!!

 

いい香り!!

 

また、メインにはイノシシのお肉を。イノシシというと臭みがあって、硬いのかと思っていたのですが、臭みがなくジューシーで他のお肉にはない独特な旨味があって癖になる味わいでした。

 

イノシシのお肉料理!

 

美味しそう!!

 

デザートは普通、誕生日ですとケーキになりそうですが、今回は自家製アーモンドのジェラードでした。アーモンドを砕いたものが入っていて、アーモンドを煎った香ばしい香りと甘みがこれも初めての味でおいしかったです!

 

ジェラードなのにロウソクを!

 

消させていただきます!!

 

お祝いをお店の方にもしていただき、本当に有難うございました\(^o^)/
皆様、冷え込んできましたので、お風邪などひかれませんように。

韓国ツアー グルメとお酒

韓国グルメといえば、まずキムチ!
全てのお店で必ずテーブルの上にあって、味・辛さが違う(全てがおいしい!)。日本でいうところの「ぬか床」の違いのようなものだろうか。辛いもの大好 きな私としては大満足 (^^) アシアナ航空利用したからかな?往復機内食にもキムチあり。

 

 

次にお酒。ビールは日本に比べアッサリ・スッキリしていて酒好きには物足りないくらい。水のよ うに飲んでいました。韓国焼酎(チャムイスル)は日本でも知られている「JINRO」という会社のもので、日本の焼酎に比べて匂いは無いし (竹炭で濾過しているそうな)スッキリしている。

しかし、水割りなど割るという習慣がないようで、グラスはお猪口のように小さいものでした。こちらも飲みやすかったのでグビグビ飲んで しまいました。 旅行中に飲んだ酒は、ビールが中瓶で6本、チャムイスルは350mlを5本は飲んだのでしょうか…。

 

食事を振り返ってみますと…。

一日目夕食は宮中料理を食す。少 しずつ色んな物が出てくるので思って以上にたくさん食べた模様。
そのあとは屋台でキム先生とさらに食事・酒を楽しむ。屋台は現地の人でないと入れないよ ね。しかし、食事・酒が進みすぎて翌日の朝食食べる元気なし (><) 。というか屋台から出て歩いた辺りから記憶なし(–;)

周りの人からすると、割と普通にしていたらしい。部屋を尋ねてきた人にも普通に挨拶したとのこと(全く覚えていない)。

 

 

 

 

二日目昼は本場の冷麺とギョーザ。冷麺はあっさりしているのでキムチやお酢を加えて食す。日本も同じかな?ギョーザは男の人の拳ぐらいあるデッカイものでした。肉汁が溢れ、美味しゅうございました。

 

 

夕食はブデチゲという鍋料理。出汁が効いていて酒が進むこと…。そして夜食に「激辛ツアー」としてタコを食べに出ました。韓国には「タコ通り」と言うのがあるんだね。他にも靴通りやトッポキ通りとか色んな通称の通りがあるらしいけど。

初めは生きたタコをぶつ切りにしたものをごま油と塩のシンプルなタレにつけて食べる。タコはまだ動いているから、気をつけて食べないと吸盤が口の中や喉の奥に「ペタッ」て…私は大丈夫だったけど。

 

 

 

 

 

次は真っ赤な唐辛子色のタコを炒めたもの。本当に激辛だけあったわ。でもご飯と韓国ノリで和えると辛さが和らいで食べやすくなりました。夜中だったけど食べる人が多かった印象。韓国人は辛い物を食べてストレスを発散するのかな。

夜食まで食べたので翌日の朝も食べられず。

 

 

三日目昼は鳥が丸ごと入った「サムゲタン」、お腹に優しい食事。胃が休まりました。スープに旨味が出ていて、量は決して少なくはないけど全部食べれました。

韓国では肉よりも野菜や魚介が多かったので、思った以上に胃がもたれずに済みました。

二日目の夜食後に飲んだのが「二日酔いに効く」と書いてあったジュース?ウコンではなかったけど翌日は確かに頭は痛くありませんでした。

 

 

 

この二泊三日は食べて飲んだ記憶しかないくらい堪能しました。逆にショッピングをほとんどしなかった~~(><)!

次の機会があればショッピングを堪能するぞ!!!