「開国Y150」横浜開港150周年記念イベント

いよいよ始まる、横浜開港150周年のイベントについてお伝えします。

 

横浜開港記念祭

 

横浜開港150周年記念イベント「開国・開港Y150」が、4月28日~9月27日までの153日間、未来への「出航」をテーマに、その歴史や魅力を満載し、万博クラスの規模でイベントを展開します。皆さんもマスコットキャラクターである「たねまる」くんをもう目にされているのではないでしょうか?

この「たねまる」くんは、横浜開港資料館の中庭にある「タマクスの木」の精なんですよ。かわいいですね!

 

タネマル

 

 

1859年、外国との貿易を始めるために江戸のとば口に新たな港町が開かれたのが「横浜」です。開港の地になると、横浜は内外のエネルギーを吸い寄 せて、急速に貿易都市へと発展し、海外から伝わる西洋文明を各地に発信する役割を果たしていきました。

そして、今やテレビや雑誌にたびたび登場する現在の 横浜市の都心部の姿は、約40年前からの「都市デザイン活動」などの積み重ねによるものです。個性的な地区がモザイク状に混在しつつも、全体として「ミナ ト・ヨコハマ」、「過去と未来の共存する活力ある街」…それこそが横浜です。

 

 
『開国博Y150』は、「海」、「街」、「自然」をテーマにした横浜の3つのエリアで行われます。

■ みなとみらい地区を中心としたメイン会場「ベイサイドエリア」

■ 食やファッションなどの人気スポットが立ち並ぶ横浜駅周辺から山下・山手地区の「マザーポートエリア」

■ 自然豊かなズーラシア近隣に広がる「ヒルサイドエリア」

 

 
開国・開港をテーマにした歴史体験のほか、エンターテインメントイベント、ライブ、国際交流、そして市民協催イベントなど盛りだくさんです。

ベイサイドエリアで行われるアースバルーン「HOME」は横浜港の夜空に浮かぶ直径約20mの巨大な「地球」。宇宙飛行士・向井千秋氏監修による、光と音、映像のダイナミックな地球環境物語。地球の環境や美しさを守ることの大切さや、人類が帰るべき故郷の惑星(HOME)は地球であるというメッセージが込められています。

 

また、日本初登場となるフランスの巨大アートスぺクタル劇団「ラ・マシン」によるパフォーマンスや、映像作家・岩井俊二氏がプロデュースするオリジナルアニメーション「BATON」も上映、博覧会ならではの驚きの体験と共に横浜の港も楽しめます。


この「ラ・マシン」の巨大アートは、「横 浜のどこに出没するのか!?」というのが、今や話題となっており、私どもが入手した情報によると“横浜の有名観光地”で“赤のつく場所”らしいで すよ。いやはや、天候などにも左右されるものですから、当日までのお楽しみですね…!!!!

 

アースバルーン「HOME」
アースバルーン「HOME」

 

「ラ・マシン」イギリスでの模様
「ラ・マシン」イギリスでの模様

 

この期間は、中華街や元町も150周年商品が出回るなど、この時しかないものがあります。是非この機会に横浜を訪れ、元町まで足を伸ばして当ギャラリーにお越し下さい!!私どものギャラリーは、「マザーポートエリア」です。スタッフ一同お待ちしております!