FAIR WARNING(ウレ・リトゲン)来日迫る!!

以前もお伝えしましたが、フジムラコンテンポラリーアートでは、ロックミュージシャンとしても有名なFAIR WARNINGの中心的人物であるウレ・リトゲンと日本独占契約を交わし、今年1月に「ウレ・リトゲン新作版画展」を開催しました。

私共が予想していた以上にファンの方々にご来場していただきました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。ご来場、誠に有難うございました。私達スタッフはロックの世界に詳しくなかっただけに、皆様にFAIR WARNINGやウレについてお話を聞かせてもらい、情報誌からは知ることのできないエピソードの数々を知り、楽しい上に新しい発見のできる特別な一時となりました(勉強にもなりました!)。

 

その際に大変多くの方からお問い合わせ頂きましたのが、ウレリトゲン氏自身の来場についてでした。なんと、この夢のような話が実現!!!皆様待望の『ウレ・リトゲン 新作絵画発表 初来場展!』を開催することが決まりた!!\(^o^)/

 

画家としてのウレ・リトゲンのショット!!

 

そこで・・・ウレ・リトゲンについて詳しく御存じない方もいらっしゃるかと思いますので、少しご紹介させて頂きたいと思います。ウレ・リトゲンが所属するFAIR WARNINGは、初めて世界で認められたジャーマン・メタルの祖「スコーピオンズ」の魂を受け継ぐドイツらしいバンドです。

 

1984年から創刊している日本初のへヴィメタル専門誌「BURRN!」で93年にブライテスト・ホープ第1位に輝き注目を集め、また、95年に発売されたセカンドアルバム「RAIN MAKER」は約14万枚の売上を記録し、日本ゴールドディスクも獲得しています。当時はあちらこちらでかなり彼らの曲を耳にすることが出来たと言われています。説明を読んでも思い出せない…しかし、その曲を聴けば”あ~知ってる!知ってる!”という方が多いのも事実です。

 

このバンドでウレ・リトゲンはベースを担当しています。メロディーの美しさにとことんこだわり抜く音楽への姿勢は絵にたいしても同じです。音楽では表現できない世界を絵で表現しています。そのウレが影響を受けたのがレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロなどのヨーロッパの巨匠をはじめ、北斎やジョージ・ルーカスと多岐に渡っています。そのため、ウレの作品はヨ―ロッパの風景画としても楽しめ、まるで映画のワンシーンのような壮大な世界観も持ち、見る者すべてをどんどん引き込んでいく魅力的な“何か”を持っています。

 

ヨーロッパの風景画としての楽しみも

 

映画のワンシーンのような壮大さも

 

今回の『ウレ・リトゲン 新作絵画発表 初来場展』では前回出された5作品をはじめ新作が登場します!その新作は絵画展のために来場するのは初めてなだけにウレリトゲン氏自身想い入れのある作品を出してくれることになりました。しかも1作ではない!?ようなので皆さん楽しみにしていて下さい!!

音楽について語る姿ではない画家としての今のウレに会える唯一の機会です。(*^_^*)

 

自分の自画像を描くウレリトゲン画伯

 

作品にサインを入れているウレリトゲン画伯

 

来場日の当日は現時点でも予約が殺到しており、込み合ってゆっくり絵画鑑賞できない可能性もございます。そこで当ギャラリーでは、来場前でも皆さんにウレリトゲン氏の絵画作品を楽しんで頂けるよう、6月中はウレリトゲン作品を展示しております。

 

また、本日より、一部、特別企画として、額装をしていない作品をスペシャル公開致します。是非、事前にご来場なさって、ご自身の目で、ウレリトゲンの熱い思いを肌で感じてみて下さい。