≪内藤貞夫展≫文藝春秋画廊にて

皆さん、こんにちは。
本日は、2010年2月15日~20日に開催されました「内藤貞夫展」in 文藝春秋画廊のレポートをお届けしたいと思います。
冷たい雨の降る2月15日(月)に始まった内藤貞夫展は、まさしく雨降って地固まる…というのにふさわしい久しぶりの素晴らしい個展の開幕となりました。

2年前にも内藤先生が個展を行ったこの文藝春秋画廊とは、銀座の中央。これが銀座のギャラリーといわんばかりの場所にあり、華やかな中にも扉を開けて一歩入ると、静けさと美しいライティングの可能なまさに特別なスペース。銀座とは思えない程の広いスペース(中は2階建の利用)で、100点程の作品が飾れるような貸し画廊です。

 

内藤画伯、作品の前で…初日のお写真です。

 

家族総出とはこの様子!受付には奥様を始め、娘さまも参加。昔からよく知るお客様や仲間達との触れ合いがあってこその雰囲気で、わきあいあいとした様子の暖かい会場となっていました。

 

受付&グッズ販売スペース

 

●個展パンフレット (表紙)

 

●個展パンフレット (メッセージ)

 

随分、以前に仕上げたオリジナル作品をこの個展の為に額装し、初めてお客様に披露したものがあるかと思えば、この個展の為に、お正月も休まず描き上げた作品もあり、描いた時期も異なる為、大変ファンにとってはおもしろく興味深い個展となってのではないでしょうか?

 

イラストレーター時代の大作

 

晴着とねこ

 

ジョウ・ナイトウといえば、野生動物!特にオオカミのようなワイルドなキャラクターの動物作品が多い!という印象をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、写真の通り、かわいい作品&季節感のある優しい作品も多くあります。内藤先生は、海外にも度々訪れている為、その地での思い出などをスケッチし、それを作品に仕上げたりもしていらっしゃいます。

 

ネコシリーズ(ジークレ)

 

自然と動物の共生

 

かわいい作品といえば、ネコシリーズ。ご自宅兼アトリエで飼っているネコの風(ふう)ちゃんを始め、代々のネコちゃん達「ハナ」、「モモ」などを描いた作品もあります。ホントッ!!かわいいです❤(^。^)❤

 

アメリカを中心に販売されているグッズ

 

歴史的なポスター

 

イラストレーター時代に制作された過去のポスターや、海外で販売されているグッズなども併せて出展。

大変多くの伝えたい思い、残したいメッセージなどもこれらの作品には含まれています。いつか絶滅するかもしれない動物や、なくなってしまうかもしれない自然…我々も作品を鑑賞しながらも、色々なことを考えさせられました。個展は終了しましたが、私達の応援するナイトウ先生の作品情報やこの個展写真など、当ギャラリーでもご覧頂くことが可能です。

 

お近くにお立ち寄りの際は、FUJIMURA CONTEMPORARY ART.まで足を運んでみて下さい。ナイトウ先生始めとする自然への危機感を持つアーティストは、たくさんいます。私達はギャラリーや作品を通して、このようなアーティスト達のメッセージも一緒に伝えていきたいと思っています。

「天使の羽根」ご紹介します!

大好きなキム・ソングン先生と!

 

屋外での作品鑑賞は初でした!

 

特別な国「韓国」2回目の旅!

 

こんにちは。今回は、当ギャラリーのお客様の施術院(カイロプラクティック)のお話をしたいと思います。
よくお客様と、「心」が元気でなければならないのは勿論だけど、「体」も当然“元気”でなければ、日々楽しく過ごせませんよね…という会話になります。ごく普通の会話ですが、はてさて健康の為に何をしているか?が問題で…。

お仕事を持つ方は時間がないから~というもっぱら流行りのような理由でもって、何もしていない…というのが、大多数の方のご意見かと!皆様は、何か取り組んでいるものありますか??? (-。-)y-゜゜゜
スポーツジム、ヨガ、ウォーキング、ジョギング、水泳、自宅でストレッチ、マッサージ、流行りどころでは加圧トレーニングをなさっている方もいらっしゃいますね。
ちなみに、私は自宅のマッサージチェアで、リラックス~というのが、関の山でしょうか。本当に手抜きです。よくありませんね。

 

 

今回ご紹介する高嶋さんは、女性でありながらも、いわゆる「脱サラ」。手に職をつけたい!そして長く人の為になる仕事を…と改めて一から勉強をし、地元香川から東京まで出てきて数週間に渡る研修をこなし、そして、その中で、テストを受けクリアし、開業に至ります。

私は個人的に長い期間に渡るお付き合いがあるだけに、本当に尊敬に値する努力だと感じます。大人になって、社会人歴が長くなると厳しいテストからも遠のき、区切れ目を感じにくくなり、いい意味での自分へのノルマが課せられなくなり…次第に惰性が多くなるなどの感覚は(全員ではないにせよ)、子供時代からは多くなりがちですね。この不安定な時代に、実に勇気あるチャレンジです。

 

 

もう開業してしばらく経ち、少しずつ固定客の患者さんも増えてきているそうです。人の体のコンディションを整えるなんて、本当に一番難しいお仕事かと思います。高嶋さんのお店は“天使の羽根”と名付けられました。このネーミングの理由は、肩こりや腰痛、背中の痛みなど辛い悩みをお持ちの方が、自分の施術を受けることにより、少しでも軽く・楽になる…“背中にまるで羽が生えたように”という願いから付けられたものだそうです。

高嶋さんの施術は、黙って黙々と施術をするだけでなく、なぜ肩こりなどの症状が起こるのか?などの原因の説明、生活習慣の改善(アドバイス)などをお話しながら施術するのが特徴です。(人間は二足歩行の為、骨盤の歪みが根本的な原因になることが多いそうです!)

 

地元紹介の雑誌に掲載されました!

 

例えば、以下のようなことを教えてくれました。
カルシウムは命の源と言われています。血液中に1%のカルシウムが不足すると骨や歯などから不足分の約5倍の量のカルシウムが溶け出します。この多めに溶け出したカルシウムは体内に残る為、色々な病気の原因となっています。

 
カルシウムは、海藻、小魚、豆腐などから容易に摂取することが出来ますが、万が一、食べ物で取りきれない場合はサプリメントで補うのもよいかもしれません!尚、様々な見解があるのですが、「カルシウム=牛乳!」と思う方も多いですが、牛乳であれば一日200ccまでの量でいいそうです。飲みすぎはかえって体に良くないそうです。

 

施術室に飾られているヒロ・ヤマガタのディズニー作品「ダンボ」。
子供さんに人気の作品だそう!

 

骨のお話の補足…としては、25歳を過ぎると体内で生成されなくなるコンドロイチンのお伝えします。コンドロイチンは、骨と骨の潤滑油の役割を果たします。これは、いわゆるネバネバ成分のある物(オクラ、山芋、納豆など)を摂取するようにしましょう。とのことでした。よくTVの健康番組でも取り上げられているのは気付いていても、なかなか実行に結びつきにくいことが多いですね。

 

 

高嶋先生曰く…

足を組む癖はありませんか?
頬杖をつく癖もありませんか?
枕はきちんと首に合わせてお使いですか?
寝るときに上を向いて寝ることはできますか?
TVを見る時、寝転がっていませんか?
両手を耳につけてバンザイは出来ますか?
靴のすり減り方が左右違いませんか?
ズボンのすそ上げで左右の長さが違うことはありませんか?

・・・などなど、様々な質問をぶつけてこられました。まずは、問題点チェックですね!

 

美しいひな壇の左には、マックナイトの作品。

 

このレポートページをご覧の方で、気になることがありましたら、それは、体のコンディションを整える良いきっかけかもしれません。

 
この高嶋さんの施術院は、たくさんの明るい絵やスヌーピーグッズに囲まれた楽しくホッとできる施術院です。腰痛、肩こりなどでお悩みの方は勿論、原因が分からずに辛さを我慢してイライラしたり、暗い気持ちで毎日を過ごしていらっしゃる方は、一度、当施術院にいらしてみませんか?と、高嶋さん。来月からは美容カイロも始めるそうで、ご興味のある方は、是非お問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

 

奥行きと広がりのある作品「18の時」!

 

韓紙を使用したキム・ミンヒの作品

 

カイロプラクターも同時募集していらっしゃるそうで、将来、独立を目指す方、副業で始めたい方も相談に応じて下さるそうです。まずは、お電話でのお問い合わせがよいかと思います。

ウレファン代表で、佐藤さんよりコメントを頂きました☆(^。^)☆

今回は、FUJIMURA CONTEMPORARY ART.のウレリトゲンファンのお一人、佐藤さんにお話を伺いましたので、そのお話やお写真をお届けしたいと思います。(^。^)★~

 

佐藤さんと私、金子が出逢ったのは、ウレ・リトゲン来日PARTY第1弾の時(まさしくその当日)のことです。2009年6月30日(火)でした。遠く愛知より足を運んで頂いた佐藤さんは、初めて足を踏み入れたギャラリーにドキドキなさっていたようでした。
ごく自然な事ですよね?今から、憧れのアーティストに会える!そして、本人のトークを聞きながら作品鑑賞が出来る!しかし、初めてのギャラリー…。

 

真剣な表情の佐藤さま☆

 

6月だから半袖ですね!

 

この日のサインカードは「アンダーアダークスカイ」

 

ギャラリー内は、既にウレファンでいっぱい。特に佐藤さんにご参加頂いたお時間は遠方の方も多く、満席状態でした。

この日はウレリトゲン画伯からお預かりした新作は未額装の状態で特別に展示。一部は黒にゴールドの刃先や差し色の入ったしっかりめの額に入って展示。解説に目を通しながら作品鑑賞。ウレリトゲン画伯とは、マンツーマンでお話できました。「緊張」の一言につきます。

 
この下の写真以降は、2010年1月25日(月)のもの。そうです!(*^_^*)
2回目の来日です。

 

光が美しいですね…

 

何十年も前の作品なのに…とても上手な作品ですね!

 

この日は前回と異なるスタイルでウレリトゲン画伯を囲み、お話を伺いました。新作のこと…日本に来てからのこと…ポートレイトのこと…そして最もサプライズだったのが、幼少の頃の作品を見てお話を伺えたこと…。

 
ウレリトゲン画伯の小学生時代の作品ですが、ご両親が「この子は天才!」とでも話しながら大切に保管されていたであろう作品。そんなことを想像すると微笑ましく思えました…。茶封筒の一部(裏)にでも描いたような作品。

鉛筆使いは、まだ小学生だったにも関わらず、斜めに使用したり、手で擦ってグラデーションを作ったり、非常に写実的。しかしながら、子供らしく、途中で飽きたそうで、中断したままの作品も含まれていました。

 

本人のポートレイトと2ショット★

 

ウリのポートレイトと…

 

この日、佐藤さんは2点の作品に目が留まりました。全くタイプの異なる作品で、正直どちらにするか?決めかねる…という会話をしておりました。

「ウレは作品(画風)の幅が広いので、どれもウレの良さが出て悩みますね…」と話しながら、また、自宅に飾ってある「River Of Oblivion」もギャラリーでご覧になると違いますでしょ?などの私の問いに、「そうですよね…」。

 
しかし、後日自宅帰宅後の会話では、「いいものを手に入れたな!またしみじみ見入ってしまいました(*^_^*)★」と。作品は、私(佐藤さん)にとって安い物ではありませんが、どこかのCMのごとく、「プライスレス!大満足の商品です。お宝です!!」と(^◇^)

最終的に購入する作品を迷うので、「ウレに意見(お話)を伺ってみましょう!」などと冗談交じりの会話をし、しかし本当に尋ねてみたところ…ウレリトゲン画伯の「(同時に右手で作品を指差して)これ!」その一言で決まりました。私と佐藤さんは、顔を見合わせて笑うしかありませんでした。その様子を見て、ウレと通訳さんがクスクス…❤ ウレから見た時に、佐藤さんには「絶対この作品だよ。」と。まさにインスピレーションという感覚的なものが重要だったようでした。よって、選択に迷ったあの時間は何だったのだろう…と思うほど、全てがあっというまに完結してしまいました。

 

イベント中は、何度かウレリトゲン画伯とも写真を撮って頂いたり、だんだんウレ慣れ(!?)もしてきて、また他のファンの方ともお話できて、ギャラリーにも関わらず、すっかりくつろいでしまいました!と。併せて、後日、ギャラリーの皆様にはよくして頂き、感謝しています…という御礼のお言葉も頂戴でき、こちらこそ、遠く離れた場所にお住まいの佐藤さんとドイツ人であるウレリトゲン画伯が私達を結びつけ、出逢いのチャンスを頂いたこと、そんな佐藤さんに力作をコレクション頂いたことに心より感謝しています。様々なご縁を感じます。嬉しい限りです。(^-^)☆
佐藤さま!本当に有難うございました。このブログにもご協力頂き、感謝申し上げます。また、次回、ウレと共に再会できること楽しみにしています。(^。^)!

 

ギャラリーでは、ウレリトゲンファン同士が集い、語り、盛り上がる時間が多くあります。中には、イベント終了後もメールなどでお付き合いが続くお客様もいらっしゃいます(一緒にライブに行ったり…!)。今は、ウレリトゲン作品の展示期間ではありませんが、今後も機会を作っていきたいと考えております。是非、ギャラリーにも遊びにいらして下さいませ。