お客様のお宅にお花見に…

初めてお客様のお宅に“お花見”に行ってきました(*^_^*)

皆様は、今年お花見をされましたか?
桜の木は日本全国に広く見られ、その花は春の一時期にある地域で一斉に咲き、わずか2週間足らずという短い期間で散るため毎年人々に強い印象を残し、日本人の春に対する季節感を形成する重要な風物となっています。その開花期間の短さ、そしてその花の美しさはしばしば人の命の儚さになぞえられるそうです。

 
「花見」は、奈良時代の貴族の行事が起源だと言われています。奈良時代には中国から伝来したばかりの梅が鑑賞されていましたが、平安時代に桜と変わってきました。日本には100余以上の栽培品種と30種以上の自然種があると言われています。日本で一番多い桜といえば、栽培品種の「ソメイヨシノ」です。

ソメイヨシノの開花日を桜の開花日と称しています。

 

大きい!!

 

今回お伺いした何度もこのブログに登場頂いている「ヒロさんとチヨさん」の、お宅の裏の保育園には大きな桜の木(樹齢はかなりすごそう!)があり、ご自宅のベランダでお花見ができるとのことでしたので、花見弁当を持参しお邪魔しました。

 

春を感じられるお弁当

 

まずは乾杯!!

 

ジュン会長メインで!?

 

お二人も実際に保育園に入ったことはないということでしたので、一緒に保育園側から桜を見せてもらったところ本当に大きく、立派な桜でした。この桜を見ながら成長できる子供たちは幸せだろうな…と。

 

桜の木の下で

 

保育園の象徴桜壁の前で

 

当日は曇りでしたが、大変過ごしやすい日でした。
ジュンくんが、お客様のご自宅に行くのも初めてでした!!皆がなんだかワイワイやっている様子に興奮!私達の花見弁当を狙い…チヨさんならくれそうと甘えてみたりと…(^v^)

 

チヨさんお邪魔しまーす!

 

まずはおやつちょーだい

 

普段お会いするときには見れないヒロさんの青春時代の写真を見せてもらったりと…桜を見ながら楽しく過ごすことができました。また新しい経験をお客様と共にしていきたいと思っておりますので、お楽しみに\(^o^)/

ウレ・リトゲン画伯ファン、MIKAさんにインタビューしました。

ウレ・リトゲン作品のコレクターのお一人、MIKAさんがギャラリーへいらっしゃったので、ファンの方がどのような思いでウレリトゲン画伯の作品をお持ちいただいたか、少しお話を聞いてみました。

 

MIKAさんとじゅん。

 

金子:ウレさん来日展期間中のある日に、「ギャラリーをそろそろ閉める時間だな」って片付けを始めたところで電話が鳴って、私がたまたま電話を取ったのですが、その電話がMIKAさんと出会う最初のきっかけでしたね。確か初めはウレさんのファンではなかったと記憶していますが…。

 

MIKAさん:そうなんです。私はもともとマイケル・シェンカー(ドイツ出身のギタリスト)のファンなのですが、そのファン友達が「FAIR WARNING」のファンでもあって、彼女が自分のブログに「ウレさんの来日展があるみたい。私は大阪に住んでいるから誰か代わりに行ってくれないかな~」と書きこんでいたのを読んだのがきっかけでした。

 
「FAIR WARNING」の名前は以前から知っていたのですが、何故だかその書き込みがずっと気になってて、後日、フジムラコンテンポラリーアートのホームページを覗いたんです。掲載されていたウレさんの作品にも目が釘付けだったんですが、それぞれの作品に添えられたコメントが心に残って、ギャラリーに電話をかけてみたんです。

 

金子:冒頭の電話ですね。

 

MIKAさん:ええ。気軽な問い合わせのつもりでしたし、営業時間が過ぎていたから多分出ないだろう…って思いつつも掛けたらワンコールで出て、「本当に出ちゃったよ~」って思いました(笑)。
その時に金子さんと少しお話しをして、「これは行かなくてはいけないだろう!」って、直感的に思いました。

 

金子:お話を伺ってみると、ウレさんの来日期間中にご来店なさるのは難しい状況でしたが、作品に対する興味がとても高くていらっしゃったので、ゆっくりご覧いただける日にちにお越しいただくことに決まったんですよね。なんとそれが、“ウレ・リトゲン展”最終日!!!

 
MIKAさん:ちょうどその日は他の画家さんがいらっしゃっていた日だったみたいで、 お客さんも沢山居られてて、「あっ、いいのかな?入っても!?」なんて思いつつ、「ウレさんの作品を見に来たんですよ~。」と、何気に入っていった憶えがあります。皆さんが、そこの雰囲気に馴染んで実にくつろいでいらしたので、初めて来た私がいま入ってもいいのかな?なんて思いました。

 

金子:しかし、そこにいらしたお客様は優しい方で、「ああ、そうなんだ。じゃあこのイーゼル使う?」なんておっしゃって、イーゼルを差し出して下さいましたね(笑)

 

MIKAさん:ええ。それですごくフレンドリーなところなんだって思いました。「くつろげる感じでいいですね。」と言った憶えがあります。作家の「魂」ともいえる作品を売っている場所なんだから、そういったフレンドリーさって大切だと思います。

 
金子:有難うございます。私達のギャラリーのお客様は心の優しい方が多く、それが、ギャラリーの雰囲気にも表れるんだと思います。有難いこと…私は皆さんに本当に感謝しています。なんだかそんな優しさに、助けられている気がします。

そうそう、ウレさんの話題に戻りますが、MIKAさん自身はウレさんの作品をどう思っていらっしゃるんですか?

 

MIKAさん。ウレさんの作品を鑑賞しているショットです。

 

MIKAさん:私は作品を見ると、「ウレさんを応援したい」という気持ちと「ウレさんからエネルギーをもらいたい」という気持ち。そのキャッチボールのような関係が思い浮かびます。
「私(絵を見ている人)」と「ウレさん」という繋がりは、ファンの皆さんそれぞれが感じていらっしゃると思うんです。
ウレさんは人が持つ「ピュアな部分」をすごく見ている人だと思います。その人にしかない心の美しさを見てくれる人で、「そこを大事にしていいよ」と言ってくれるような。
また「この先進む道には不安がいっぱいあるけれど、必ず希望が待っている」というメッセージを感じますね。

 

金子:実はMIKAさんがコレクションされる予定の「Autumn Leaves」は、「前に進むべき道があって、秋の風が背中を押してくれる…」というメッセージも込められている作品なんですよ!

 

MIKAさん(右)と金子。
真中の作品が“Autumn Leaves”です。

 

MIKAさん: 今日改めてこの作品を見て、「ウレさんに今日もまた励まされたな」と思いました。ハグされているような優しい思いを感じます。 今、辛いことや大変なことがあっても、「言わなくていいよ、分かっているよ」と語りかけてくるような温かさが…。
そうすると自分のなかから「大丈夫」という気分が湧いてきて、「前に進めば良いんだ!」と、気持ちを明るくさせてくれると感じます。

 

金子:最後にウレさんに伝えたいことはありますか?

 

MIKAさん:例え地理的に距離は離れていても、一人一人のファンの方に温かい思いが伝わる「繋がっている感」を大事にしてほしいと願っています。この先活動が忙しくなったとしても、出会った人との「心のキャッチボール」を大切にしていただきたいと思っています。

 

金子:今日はお忙しく、また遠いところを本当にありがとうございました。このメッセージをドイツにいるウレに早速伝えたいと思います。また、次回ウレ含め、ファンの方達ともお会いできる機会が作れるように企画したいと考えています。

キム・ソングン来日展 ~総合編~

みなさん、こんにちは!すでに前にも関連記事が載っていますが、3月26日から28日まではキム・ソングン画伯の第2回来日展でした。絵画が中心だった今までの作品を超えて、絵画の限界を無限に広げたキム・ソングン画伯の新作が、横浜で初めて披露されました。ただの新作発表で終わるのではなく、国境を越えたアートの交流ということでも意味深い来日展でした。

 

 

来日展に参加されたお客様にはお分かりになっていただいたと思いますが、実はこの新作がとてもとても面白いです。先生は、「絵画の限界を無限に広げた」という表現を使いましたが、まさにその通りですね。

 
絵画より何倍も小さい空間に、ほぼ無限のような空間の拡張を実現させたキム・ソングン画伯の新作、来日展でこの新作が一つ一つ公開される度に、ギャラリーのお客様からは「お!」「すご~い!」の嘆声がも上がりました。

 
絵画に比べて一層狭くなった表現空間ですが、帽子、椅子、ベンチ、雲など、先生のトレードマークのような素材はどれ一つ抜けることなく、すべてが綺麗にまとまっています。作品ごとのメッセージおよびストーリーももっと素晴らしく、分かりやすくなり、キム・ソングン作品に初めて会う人でも、すぐ彼の作品を理解して、楽しめるようになりました。

 

 

キムソングン画伯と奥様の元町デートシリーズ

 

 

 

 

あるお客様との会話でキム・ソングン画伯はこのように作品について語りました。
「もちろんのことですが、私は作品を制作する際に、素材一つ一つに意味を付与します。空を飛ぶ鳥一羽、木一本、何一つ意味のないものはありません。素材に意味があるということは、作品に私のストーリーが含まれているという話にもなります。

 

しかし、私は作品に含まれているストーリーをコレクター様に強要するつもりはありません。コレクター様が私の作品を見ながらあるストーリーを考えたとしたら、そのストーリーはそのままで正しいです。

もし私が寂しさ、孤独の意味として雲を描いたとしても、コレクター様がその雲を見ながら自由、解放を感じたとしたら、その雲は自由になり、解放になるわけです。

 


私は、より多くのお客様が私の作品をご覧になって、自分だけのストーリーを持っていただきたいと思っています。そして、私の作品を通じて、一人でも多くのお客様に楽しんでいただいて、幸せになっていただきたいです。結局、アートは見る人の心をうつす鏡のような存在だからです。」

 

お客様一人一人を覚える心遣い

 

inudol(犬+アイドル)のじゅん!

 

そして新作に関しては次のような話もしました。
「今回の新作に関して、私は作家としてこんな話してもいいかわからないけど(笑)、非常に満足しています。今回の新作は、私には絵画の壁を乗り越えたいという私の考えがやっと実現されたスタートのようなものです。

 

実は、新作の製作は、既存の絵画に比べて何倍も大変。私の絵画作品を卑下するのではありません。絵画より小さい空間に絵画より広いイメージを入れようとするため、企画段階から色々な表現技法、方法を考えておかなければなりません。そしてやっといい企画ができたとしても、それを実現するため、何度もの試行錯誤をし、その都度やり直さなければなりません。サイズが小さいですので、精神的にはもちろん、肉体的にもかなり疲れを感じます。

しかし、出来上がった作品を見ると、製作の疲れはいつの間にか消えてしまいます。今までなかった新しい作品を自分の力で作り出せたということがたまらなくうれしいです。作家としてこんな話はなんですが、見るだけで幸せになるんです。たくさん苦労して、たくさん悩んだ作品だからこそ感じられる、自分へのご褒美のような感情ですね。

 

いつもキムソングン画伯の話を通訳しながら感じたことですが、今回の来日展でも画伯は、抽象的で難しいアートの話を、素人でも分かりやすく淡々と且つ丁寧に説明してくれました。そして、3日間の日本滞在中、絶え間なく作品のほこりをふき、傷のことを心配し、さらに新作のことを企画、工夫するキムソングン画伯から、私は「アーティスト」という言葉の本当の意味を感じました。

 

お客様へのメッセージも忘れません

 

キム先生とチェさん。作品の解説中の一枚です。

 

今回の来日展は、日本国内にキム・ソングン画伯の作品世界をより広く広げるための大切なきっかけになったと思います。日々進化しつつあるキム・ソングン作品、次はまたどんな作品で私たちを驚かせてくれるかが、実に楽しみです。期待しています…。