つだなおこ先生の最近をピックアップ

こんにちは。秋の気配を感じるようになった今日この頃、いかがお過ごしですか?
「芸術の秋!」とは、まさにギャラリー業界の為にあるような言葉かもしれませんが、ちょっと「食欲の秋!!」がそれを上回りそうな勢いのスタッフが多いフジムラコンテンポラリーアートです。皆様は、秋のおいしい味覚に何か出会えましたか?

 

2011年も遂に秋を迎え、少し終わりを感じるようにもなりました。本当に早いですね…。そんな芸術の秋に…ギャラリーではなかなか見る事のできない「つだなおこ先生」の近頃の様子をお知らせしようと思います。

 

ギャラリーでの先生 (1)
ギャラリーでの先生 (1)

 

ギャラリーでの先生 (2)
ギャラリーでの先生 (2)

 

ギャラリーでの先生 (3)
ギャラリーでの先生 (3)

 

フジムラコンテンポラリーアートでの来場展を数多くこなして下さったつだ先生ですが、他での活動も盛んです。まず、音楽とのコラボ企画…

 

マリンバとのコラボ企画 ♪ ♪ ♪
マリンバとのコラボ企画 ♪ ♪ ♪

 

どんな音が奏でられるのでしょうか?
どんな音が奏でられるのでしょうか?

 

複数のアーティスト(画家)と、マリンバの演奏家とのコラボ企画です。様々なタイプの画家たちが参加する中、きっとつだ先生ワールドも素敵に繰り広げられたことでしょう。次のお写真は注目(^v^)ですね!今年の夏の作品制作の様子を覗いてみましょう!

 

心地よい風を感じるお写真です!
心地よい風を感じるお写真です!

 

木立の中の光が美しいですね!!
木立の中の光が美しいですね!!

 

この緑の向こうは、湖だそうです
この緑の向こうは、湖だそうです

 

つだなおこ先生は日々の予定がぎっしり!の方で、特に当ギャラリーのイベントがその忙しさに拍車をかけたらしく、この夏、とっても素敵な「絵画合宿」(?)を決行なさったそうです(笑)
素敵な森の湖畔で、木々の間から美しい光が差し込む中、涼やかな空気をまとい、鉛筆を走らせたそうですよ(^-^)☆彡(^-^)☆彡

 

制作過程 (1)
制作過程 (1)

 

制作過程 (2)
制作過程 (2)

 

制作過程 (3)
制作過程 (3)

 

↑その制作過程の雰囲気を少しご紹介させて頂きます(今回は特別です!)↑

 

「天体少年」 2011制作
「天体少年」 2011制作

 

「幽けき洋燈」 2011制作
「幽けき洋燈」 2011制作

 

「小さな守人 Ⅱ」 2011制作
「小さな守人 Ⅱ」 2011制作

 

鉛筆と言うと、誰しも使ったことのある親しみある画材の一つかと思います。しかしながら、画壇の中では水彩、油彩などと比較すると存在価値がそう高くない点が悲しいかな今の現実です。そんな中、「この鉛筆アートをもっと広めたい!」そう心に強い決意を持ちながら、どんどん鉛筆の魅力にとりつかれていったのが、このつだ先生。その分、こだわりが強い。私達がつだ先生に一番魅力を感じている点です。本当に決意を持って物事に取り組む方は美しいです。魅力的ですね!**(*^_^*)**

 

「am2:00の捕虫網」2008年制作
「am2:00の捕虫網」2008年制作

 

「迷宮への道案内」2008年制作
「迷宮への道案内」2008年制作

 

「宝箱に潜んでいる」2010年制作
「宝箱に潜んでいる」2010年制作

 

結構多くの絵柄のパターンを持つつだ先生は、大好きな動物、星空、宇宙、自然、ファンタジー、夢の世界…見ていても、ずっと飽きがこない面白さがある作風です。次から次へと、新しい姿を見せてくれる魅力的なアーティストです。また、おしゃれな先生の、飾り方も注目です。お客様のお手元に届く前の貴重なお写真ですね!本当に素敵です。

 

暖炉の上に
暖炉の上に

 

まつぼっくりと
まつぼっくりと

 

小さなチェアーに
小さなチェアーに

 

つだなおこ先生のこの絵画合宿(名付けたのはFCAスタッフの金子です。)は、約一週間。湖畔の穏やかな時間の流れる窓辺で、自宅から連れてきた文鳥たちも一緒に、その時を楽しみながら、その右手だけはしっかり動き続けた一週間だったようです(゜レ゜);;

 

もち & パスタ (●^o^●)
もち & パスタ (●^o^●)

 

また、このような形でアーティストのギャラリー外での活動も機会ある限り、ご紹介してまいりたいと思います。お楽しみに!~☆(^-^)☆~

フランスで紹介された「かばのおうどん横浜元町本店」

皆様こんにちは。イベントプランナーのMです。
基本的にウレ・リトゲン画伯の話題の時にしか登場しない私ですが、本日は珍しく、元町のうどん屋さんの情報をお伝えしたいと思います。

 

元町には、ウレリトゲン画伯もギャラリー来店の際に立ち寄った「かばのおうどんチョコ浜元町本店」という、うどん屋さんがあります。実はこのうどん屋さん、何と最近フランスで紹介されたというのです。

 

フランス・カバ協会の機関紙「LA CHRONIQUE DE THOUERIS No.56」
フランス・カバ協会の機関紙「LA CHRONIQUE DE THOUERIS No.56」

 

フランスには カバ愛好協会 というのがあり、遠く離れた「日出る国、日本」にある、カバをメインキャラクターにしたうどん屋を紹介したという訳なのです。動物愛は海を越え、食文化を運ぶのかも知れません。

 

以上、イベントプランナーMでした。

アンティーク・トイ&ホビーのノミの市「ワンダーランドマーケット」!!

皆さん、「ワンダーランドマーケット」はご存知ですか?ジョウ・ナイトウ先生が毎回参加しているイベントなんですよ。 これは、元祖おもちゃのノミの市といわれるものです。

 
ナイトウ先生は、趣味でヴィンテージトイのクラッシックカーを集めていらっしゃいます。今回は横浜産業貿易センターで2011年8月7日に開催された「2011 夏季ワンダーランドマーケット」にお邪魔してきましたので、その様子をお知らせします(*^_^*)!

 

告知ポスター
告知ポスター

 

線路を走る電車も
線路を走る電車も

 

箱付きのもあり・・・
箱付きのもあり・・・

 

日本唯一のコレクタークラブ「JMAC創立50周年記念による記念展示」も人気の的になっており、特別実車展示ではフェラーリ、ランボルギ―ニなどスーパーカーが展示してあり、写真を撮る方がたくさんいました。また、ヒーローサイン会もありトキヤ主催によるキカイダー伴さんも来ていたとのことで、一緒に写真が撮れたようです。お好きな方にはたまらない機会でしたよね。

 

先生&奥様と
先生&奥様と

 

先生のブース①
先生のブース①

 

先生のブース②
先生のブース②

 

個人によるフリマコーナーも今回は多くの方が出展されていました。その中にナイトウ先生も出展していたので、お伺いしました(^v^)相変わらず気さくなご夫婦が温かく出迎えてくれました。ナイトウ先生ご夫妻は、いつお会いしても、心温まるものがあります(^-^)☆彡

 
貴重で状態の良いクラシックカーが数多く並んでいました☆私は車のことは詳しくないのですが、車が好きな知り合いのために買ってしまいました!(^^)! フォルクスワーゲンのヴィンテージトイです。色がカワイイのもいいかなと思いまして…。

 
堀田は自分の生まれ年のプレートをお買い上げ!!私たちはいったい何しに行ったんでしょう…。素人の私たちでも楽しめてしまう空間でした(@_@;);;;

 

先生のブースにも箱付きが
先生のブースにも箱付きが

 

真剣な眼差し
真剣な眼差し

 

みなさん大忙し!!
みなさん大忙し!!

 

私たちが見ている間に、偶然お得意様が登場!どんどんお買い上げになる姿を見て、先生は本当にレアなものを揃えているのだ!!!と実感しました。どのジャンルでも好きなものは集めたくなるものですよね。

 

あこがれの先生と2ショット!
あこがれの先生と2ショット!

 

私と堀田が買ったものです!
私と堀田が買ったものです!

 

これは何でしょう?
これは何でしょう?

 

帰る際には、“80回記念プレゼント”としてダンボール箱の中のおもちゃを好きなもの一人一つ貰えるとのこと、自分なりに見て「珍しいかな…?」と思うものを頂きました。とはいえ、正直、貴重かどうかも?何のキャラクターかさえもわからないのですが…?(+o+)?

 
画家さんも絵を描くことだけではなく、他の趣味があるというのはいいですよね。ナイトウ先生の場合は本格的ですが…(#^.^#) 先生の少年のような一面も見れ、今の作品制作のお話など聞くことができ、有意義な一時を過ごせました!!皆さんも次の機会には、足を運ばれてみるのもいいかもしれませんよ。