海外での額装にチャレンジ!

前回のブログに引続き、なかなか見ることがないであろうと思われる海外での額装注文の様子を、ご紹介します。

前回のブログ:『絵画の額装にチャレンジ!』
http://www.fujimura-art.com/blog/20111023/

 

そこは、大通りに面した頑張っても豪華、あるいは美しい…とは言えない額装屋さんですが、何ら日本と変わらない棹見本の並びと、雰囲気。ドアもなく、開放的でオープンな点が、最も異なるところでしょうか…。

ここは、タイ・バンコク市内の額装屋です。皆様は、海外旅行なさった時、ご自身で絵画を購入し、額装してきた経験はございますか?今回は、旅のプラスアルファ「自分へのお土産」にもなる額装のこと…お伝えしていきます(^-^)

 

額装のメイン「棹」を選びます。
額装のメイン「棹」を選びます。

 

色々あわせてみるべし!!!
色々あわせてみるべし!!!

 

予算もきちんと確認を!
予算もきちんと確認を!

 

額装したい作品は、必ず持ち込む事!これは必須!額装する際、ご自宅の飾る場所、部屋の雰囲気、壁紙、家具などをイメージしながらお決めになることも勿論ですが、やはり一番は作品。想像と、異なるところが面白い。
「予想外☆★☆」と思う棹がピッタリでしたり、「これがいい!!」と思うものが、そうでもなかったり…ご自身の目で確認するのが一番です。

 

上記の写真にあるよう、壁に貼りつけられた棹の見本の形は世界中、ほとんど同じですね(といいますのも、全世界回ってないので確信まではいかないのが残念。(-”-))棹見本の裏側には、マジックテープが貼ってあり、壁からバリっとはいで、洋服で言えば試着。合わせてみる(^u^)~♪♪
前回のブログで、額装のポイントをご紹介してまいりました。あくまで日本、フジムラコンテンポラリーアートでなら…というのがベースの内容。今回は海外。言葉は違えど、伝えたい思いは同じ。
「こんな感じで、あんなこともしたい…」「あの棹なら高いの???」みたいな。とにかくしゃべる。これに限る☆彡

 

棹とマットを合わせているところ☆
棹とマットを合わせているところ☆

 

あれこれ交渉中!!
あれこれ交渉中!!

 

店員さん計算中(-”-)
店員さん計算中(-”-)

 

額装を決めていく時のポイントと流れ。
前回のブログでご紹介した内容は、海外でも同じです。まず、棹(木枠)を決める。最初は好きな色などから選び、太さ、彫りのデザイン、質感(材質等)を絞り込んでいく!棹(木枠)が決まったら、マット。絵画作品と棹の間に入るものですね。

 

上の写真のハスの花の作品をご覧下さい。マット見本が3種、作品の上に乗っています。実はこれ全てタイシルクを張ったマット。このような物が「旅の思い出」になるのです。ちょっと日本で「タイシルクのマット希望」とは言えないので(゜レ゜)

 

ハイ☆チーズ☆★
ハイ☆チーズ☆★

 

タイらしく、額装見本に仏像の絵など多く見受けられます。(●^o^●)
タイらしく、額装見本に仏像の絵など多く見受けられます。(●^o^●)

 

また、この額の棹は、竹をそのまま塗装したものです。竹の節目の素材感が残ったままなので、とても味わい深いものに仕上がりました。このようなことも、自分自身で額装しなければ、チャレンジ出来ないことです(^_^)/~
前回は、国内での額装を、お客様自身で考えたり、スタッフに申し出て相談して決めたり…というチャレンジをご提案させて頂きましたが、今回は海外バージョンでした。少しはご参考になりましたか?(最後に余談ですが、ひとつの額装が1000円未満でした。物価の違いを実感します(@_@;);;)

 

以下、バンコクのお写真を添えてみました。
今、タイは大雨の影響で実に大変な思いをしている真っ最中かと思います。「ニュースで見る、聞く!」とは大いに異なるのが現実。早く、そして無事に町や美しい世界遺産、そこに住む人々が元の生活に一日でも戻れることをお祈りします。

 

50メートル近くある涅槃像
50メートル近くある涅槃像

 

タイの水上マーケット
タイの水上マーケット

 

キンピカのお寺☆彡
キンピカのお寺☆彡

 

タイは仏教徒の多い国。国民の信仰心が純粋で高く、お寺巡りなどしていても心が洗われる気持ちになります。日本でも同じような優しい気持ちになれるといいのですが、タイに比べると日本は色々なものが進みすぎたせいか?穏やかな信仰心のようなものが、やや失われているような感覚があります。ひと昔前までは、日本もこんな国だったのよ…とご年配の方にお話頂いたことがあります。どんなにスピードの時代でも大切なものは失わないようにしたいですね…。

 

チャトチャックマーケット
チャトチャックマーケット

 

タイ原産のネコ「コラット」という種類
タイ原産のネコ「コラット」という種類

 

ペットショップ(@_@;)
ペットショップ(@_@;)

 

この上の写真はバンコク最大のマーケット。衣料品、小物、瀬戸物、くつ、キッチン用品、挙句の果てにはペット(犬、ネコ、ウサギ)まで売っています。一度入ると迷路の様で迷う事間違いなしです。中央写真はタイ原産のネコ「コラット」という種類。タイの代表的なネコと言えば…「シャムネコ」が有名ですね!スマートなネコが多いようです。

 
素敵な、そしてユニークな観光が沢山できるタイですが、今回、額装のご紹介をきっかけに一部の写真を掲載させて頂きました(^_^)/~
現在は深刻な状況にあるようで、日本の3月の大震災の時のようにスーパーから商品が無くなったりもしているそうですし、まだまだ水のひく様子もないようで、重複しますが、この災難を頑張って乗り切って頂きたいと心より思います。

本題の額装ですが、いつか皆様も機会ございましたら、日本でも海外でも、ご自身でデザインしてみることにチャレンジしてみて下さい。