LEE BUL展に行ってきました!

アジアを代表する韓国女性アーティストの初の大規模個展ということで、六本木ヒルズ森タワー53階にある森美術館に『LEE BUL展 私からあなたへ、私たちだけに』を観に行ってきました。この53階は展望台東京シティビューと同じ階なので、東京を一望することができ夜は東京タワーが見える夜景が素敵なところでもあります。

 

LEE BUL展のチラシ(表)
LEE BUL展のチラシ(表)

 

LEE BUL展のチラシ(裏)
LEE BUL展のチラシ(裏)

 

皆さん初めてお聞きになる方が多いかと思いますが、LEE BUL(イ・ブル)は、ソウル在住の現在48歳。大学で彫刻を専攻。1990年代後半には国際的にも高い好評を受け、グローバル化以降のアートシ―ンの中でアジアを代表するアーティストとしての位置を確立しました。

 
1997年にはニューヨーク近代美術館、2002年にはル・コンシルシウム、2003年には国際交流基金フォーラム、2007年~2008年カルティエ現代美術財団などで個展を開催し、ヴェネチア・ヴィエンナーレ国際新人賞の受賞歴もあります。

 

LEE BUL
LEE BUL

 

LEE BULの作品は、機械と人間が融合したようなサイボーグ、スペースカプセルのようなカラオケ・ポッド、あるいはキラキラと輝きながらも崩壊しそうな建築・都市模型など、多様な素材や技法を駆使した立体が中心です。
今回はその代表作を「つかの間の存在」、「人間を越えて」、「ユートピアと幻想風景」、「私からあなたへ、私たちだけに」という4セクションでその発想の根源でもあるドローイングや模型を展示しています。

 

会場に入って最初に目にする作品は、天上から吊るされている作品。赤く染められた布に綿を入れてまるでタコの足がたくさん集まって1つの塊になったような、炎の塊にも見えるものでした。彼女はいったい何を伝えたいのだろう…ということを考えながら足を進めて行きました。

 

次にきたのは白い壁の空間で「ビーズを使う作品たち」でした。最初は女性を意識する作品のイメージはなかったのですが、ここではカラフルなビーズやスパンコール使いが女性ならではの感性で表現されていました。印象に残った作品は女性の身体を半分に割って外も中もビーズとスパンコールで埋め尽くされている作品です。女性の可愛らしさ、少女の一面など内に秘めた女性観が伝わってきました。

 

ポストカードにもなっている作品
ポストカードにもなっている作品

 

まるでシャンデリアのようにも見える作品
まるでシャンデリアのようにも見える作品

 

黒い壁の空間には「サイボーグの作品たち」が天井から吊るされていて、空気の動きで少し動いているような状態で何体もありました。真っ白なサイボーグは片腕がなかったり、片足がなかったりしていたのですが、なぜか不思議に思わずに見てしまいました。その形がおかしいのか、そういう形があってもいいのでは…という今までにない感覚になりました。

 

サイボーグ作品
サイボーグ作品

 

また、彼女のスタジオを再現したスぺースもありました。そこにはドローイングやスケッチも数多く壁一面に展示されていて、デッサンの細かさが伺えました。オールドマスターといわれる立体作品の巨匠たちのデッサンは細かいとよくいわれます。彼女もその要素を持っているのかもしれません。

 

そしてそこには犬の模型が沢山ありました。同じポーズをとっている犬が色々な素材を使って表現されています。これは、夜景の見える部屋に展示している「犬」の作品にいきつくまでに試行錯誤したものなのではと思うのですが、以前飼っていた犬が食べたものを消化するための1つの行動で、食べたものを吐いているいるところを目撃してしまい、妙に脳裏に焼き付いてしまい離れなかったのでそのシーンを作品にしようと制作されたものだそうです。

 

私は夜に行ったので、「東京の夜景に向かって犬が吐いているシーン」なのですが透明の大きな玉やビーズやプラスチックなどで出来たその作品がライトで照らされてきらきらした様子はなんだか見とれてしまいました。現実的に見たらけしてきれいではないものでも、何でどうやって表現するかによって真逆のイメージに見えることがあるのだと感じさせてくれる作品でもありました。

 

犬が吐いているシーンの作品
犬が吐いているシーンの作品

 

軍事政権から民主化へと移行した韓国で作家活動を続けてきたイ・ブルは、20年以上にわたって、究極の身体や理想の社会など、捉えようとしても特定できない「何か」を追い求めてきました。
立体だからこそ、色々な素材を使い表現できる世界でもあります。絵は好きだけど、立体はよくわからないという方もいるとは思いますが、そんな方でも立体の面白さに気づくかもしれません。
2012年5月27日(日)まで火曜日以外は10時から22時まで開催してますので、是非この機会に行かれてみてはいかがでしょうか?

総力取材!ウレ・リトゲン インタビュー 3/3

3回に渡ってお送りするウレ画伯のインタビューもいよいよ最終章です。
プライベートな質問まで、きっちりと答えてくれたウレリトゲン画伯でした。それでは最終章スタートです。

 

2010年1月のイベント時のウレ画伯
2010年1月のイベント時のウレ画伯

 

■せっかくの機会なので、作品以外…一般的な質問をさせてください。今回の新作発表にあたり一番難しかったことは何ですか? 
ウレ・リトゲン(以下U):数ある中からバランスの取れた組み合わせの新作を選ぶことかな。

 

■先程、作品ごとにコメントを頂きましたが、今回の新作3点に共通したテーマのようなものはありますか? 
U:おそらく共通のテーマは、人生における色々な場面や色、そして感情や精神的側面などの性質を描写している、ってことかな。

 

■「Silent Rise」のコメントの中で、日本の震災の話が出てきました。震災直後に暖かいコメントを頂いた事をファンは忘れていません。そして今回は「東日本大震災復興支援イベント」でもあります。画家として日本に対してどんなサポートができると考えてくださっているのですか? 
U:2つ出来ることがあると思っている。
1つは今回の売り上げの一部を、地震や津波の被害を受けたエリアに寄付することにした。


2つ目は、直接的なサポートになるかどうかはともかく、もう少しパーソナルな活動だ。あまり気づかないかもしれないけれど、僕の作品は日本の伝統芸術から大きな影響を受けている。日本の伝統芸術に見られる、芸術的技巧を根本的に減らすことで生みだされるロマンチックな感覚が好きなんだ。高貴で微妙で時に哲学的な要素が混ざっている。

実は禅問答に関する詩をいくつか書きためているので、詩とその場面を表現した絵画作品を一緒に発表できたら、と思っている。もちろん今すぐに、というわけではないけれど。

 

■ファンの楽しみが、また一つ増えましたね(笑)。多くの悲劇を生んだ地震と津波の被害から1年を迎える日本にむけて何か特別なメッセージはありますか?
U:あれほどの津波や地震の被害を受けた国がたった一年でこれほどまでに復興していることにとても驚いている。日本にはほんとうに霊的な創造力が宿っていると思う。


時々願わずにいられないのは、日本が国として、古い政治的体制から生まれている不信感を払しょくすることができればいいのに、ということだ。日本という国とそこに住む人々の非常にダイナミックな可能性がもう少し効率的な政治システムに結びつけば、この惑星においての日本の位置づけはさらに飛躍するだろうと思う。

 

■画伯の日本への愛情を感じます…。話を少し戻させて頂きます。3点の新作の中で一番気に入っているものはどれですか? 
U:一番のお気に入りというのはないよ。どの作品も違った観点から好きな作品だ。

 

■良く聞かれる質問だと思いますが、新たにファンになった人達の為にアトリエの様子を教えてください。
U:地下にあるとても小さい部屋をアトリエとして使っている。本当に小さすぎるよ。理想のアトリエは広くて天井が高くて、自然光がいっぱい入ってくるアトリエなんだけど…でもいつも絵の作成に取りかかり始めると、ラッキーなことにたいていどこにいるのか忘れちゃうんだ。だから理想のアトリエじゃないことは関係なくなってしまうけどね。

 

■とてもプライベートな質問ですが、週末はいつもどんなふうに過ごしますか? 
U:決まった過ごし方というのはないんだ。実はあんまり週末かどうかということにも気づいてなくて、お店が閉まっているのを見て初めて気づくという有様だよ。

 

■飛躍した質問ですが、画伯は10年後、世界はどんなふうに変わっていると思いますか? 
U:うーん、全くわからないな。まだこの世界にいて、存在意義をみつけてるといいけどね。

 

■そんな画伯の子供の頃の夢の職業はなんでしたか? 
U:まあ普通の夢がいくつかあったよ。たとえば電車の運転手とか、消防士、パイロットとかね。でも9歳になったころはっきり思い浮かべてたのは、動物学の教授になること。

 

■画家ではなかったのですね(笑)。くだらない質問です。100万ユーロあったらどうしますか? 
U:全部君にあげるよ…(笑)

 

■もう少しお付き合いください。どこでも好きなところに住めるとしたら、どこに住みたいですか?
U:ロンドン、パリ、フィレンツェ、ローマ、ニューヨーク、イタリアのトスカーナ地方、バリ、フランスのプロバンス地方、南イングランド、京都…

 

■来日展示会の際にもお伺いした事がある質問になります。アーティストになっていなかったら、どんな職業についていましたか?
U:哲学者かな…

 

■もしどこでも好きな場所に行けるとしたら、今どこに行きたいですか? 
U:寝たい…

 

■では、誰でも好きな人とディナーに行けるとしたら、誰と行きますか?
U:レオナルド・ダ・ヴィンチ、ボブ・ディラン、ミケランジェロ、ジョン・パウル2世(先代のバチカン教皇)、サダト大統領(第3代エジプト大統領)、シッティング・ブル(アメリカインディアン)、パラマハンサ・ヨガナンダ(インド、ヨガの聖人)、アンネ-ゾフィー・ムッター(バイオリニスト)、ビットリア・コローナ(詩人)、ソフィア・ローレン、老子、まだまだ挙げられるけど、この辺でやめとくよ…

 

■キリが無さそうですね(笑)。あなたの人生のモットーは?
U:愛よりリアルなものは他にない。

 

■もう一つプライベートな質問です。今日の朝ごはんはなんでしたか? 
U:パンをふたつ、チーズ、はちみつ、紅茶と水かな。

 

■最後になります。藤村社長になにかメッセージはありますか?
U:今のまま、ハッピーでポジティブにいてほしいと思う。

 

■ウレリトゲン画伯。ありがとうございました。

 


 

3回に渡ってお送りしましたウレリトゲン画伯のインタビュー、いかがでしたでしょうか。このウレリトゲン画伯のインタビューの深さからも、今回の新作発表(ウレ・リトゲン展)における情熱を感じます。その情熱に応えられるよう、我々スタッフも頑張って準備してまいりました。なんと、本日、新作の額装も仕上がったばかりです!!!いままでにない雰囲気の仕上がりにしましたので、その辺りも皆様にお楽しみ頂ければ…と思っています。

 

尚、ギャラリーご来店の際、フォトビジョンにてウレリトゲン画伯の写真(作品制作、工房、来日の様子などなど)をご覧頂けるよう準備しております。皆様のご来場、心よりお待ち致しております(●^o^●)

総力取材!ウレ・リトゲン インタビュー 2/3

ウレリトゲン画伯の話は奥が深く、時に抽象的な比喩表現などを含む為、聴く側である私達にも集中力が必要となりますが、何度も噛み締める様に読み返せば、ウレ画伯の描く世界観は我々の生活・人生に密接に関わり合っている事が解ります。

 

それでは、Part2スタートです!

 

Leaves Of Light
Leaves Of Light

 

■それでは続いて「Leaves Of Light」です。基本的な質問からになりますが、この作品の制作はいつ頃ですか? 
ウレ・リトゲン(以下U):一番最初のバージョンは去年の初めに制作して、そのあと12月ごろ手直しをして最終的に今年の1月に仕上げた。

 

■とても気になっているポイントなんですが、この場所はどこですか?この場所に関する物語などはあるのですか? 
U:僕の作品に出てくる風景はすべて想像上の場所だ。作品上にある意識的、無意識的なたくさんの要素やシンボルの意味するものは、たいていものすごく後になってから、つまりこんな風にコメントをする段階になってからだんだんわかってくるような感じなんだ(笑)
僕の作品における「場所」というのはたいていはすごく直観的な「場所」つまり感覚とか空気感みたいなものを表している。この場面は、心地よく風がそよぐ晩夏か初秋、平和、あこがれ、受容、そういうものが表現されている。

 

■実在する場所ではないのですね。背景にある空はまるで油彩のようですが、水や木々の葉などはまるで写真の様に見えます。何か意味はあるのですか?
U:一つの作品の中でなめらかさと荒々しさを対比させるのが好きなんだ。芸術的表現の凝縮の結果だ。いわゆる「デジタルアート」の無機的でつるつるした感覚を避けるためにやっている。何層にも折り重なった「美」を表現するためには欠かせない手法だ。

 

■「対比」というのはウレリトゲン画伯の作品にとって、ひとつの重要なキーワードになっていそうですね。具体的な質問になりますが、作品の右側に描かれているこの石柱はどこかへの入り口ですか?それとも寺院や建物の一部ですか? 
U:そうかもね…たぶん人工的なもの、つまり計算された美のシンボルじゃないかな。計算された美というのは、周りの環境とか自然の産物の中に控えめに溶け込んだときだけ本当に美しく見えるんだよ。

 

■なるほど、控えめに溶け込んだとき・・・ですか。もう少しこのポイントについて聞かせて下さい。右側の石柱と左側の木がまるでアーチのように描かれて別世界への入り口を作っているように見えますが、 これにはどんな意味がありますか? 
U:すごい観察力だね!そう、まさに人工物と自然の共演なんだ。異質のものが新たな本物の合成によって一つの物を形作る、この場合はアーチだね。これはより深い、遠くにある現実へのゲートだ。

 

■とても深い内容ですね。そうすると、この作品における、一番のメッセージは何ですか?
U:うーん、たぶん主観的で依存的で創造的な命へのたゆまぬ憧れ、ってとこかな。それらはリアルでビビッドな木の葉(みんなそのうち散って死んでしまう)がシンボルになっている。本質的で永遠のもの、我々に命を与えてくれるものというのはいつだって基本ではあるけれど遠すぎて手の届かない存在だと思いがちだ。


作品に描かれている鳥は遠くへと羽ばたいていく魂だ。秋になると渡り鳥たちは夏のすみかを後にして太陽に向かっていく。まるで肉体的な存在が終わりに近づいて、魂が肉体を離れていくみたいにね。
僕にとってこの作品は美と人生のはかなさを意味している。

 

 

Silent Rise
Silent Rise

 

■続いて「Silent Rise」です。これも基本的な質問からさせて下さい。この作品はいつ制作しましたか? 
U:去年のクリスマスの頃に作った。

 

■次の質問の答えは「Leaves Of Light」の時に既にお答え頂いてますが(笑)。改めて聞かせて下さい。この場所は実在の場所ですか?
U:もちろん存在するよ、だって今君の目の前にあるでしょ…(笑)いや、さっきも言ったように、この場所は想像上の場所で、身近で自然な要素を組み合わせて「リアル」な空間に仕上げているんだ。

 

■本当にリアルに感じます。特にリアルに感じるポイントなのですが、右側の木々は緑で生き生きとしていますが、真ん中の木は死んでいますね。この対比にはどんな意味がありますか?
U:いい観察眼だ!どんな意味があるのかちょっと考えるね…(笑)
僕にとって作品の右側は自然を表現したものだ。春の美しい夜明けに見るような、すべての植物や自然が柔らかい夜明けの光とともに霧の中にくっきりと浮かび上がる、そんな一日の始まりの風景だ。変わって左側はというとスピリチュアルで本質的なものを表現している。「命の源」のシンボルとして雄大な日の出を描いた。日の出は芸術的で装飾的な意味をもちながら、抽象的な世界へのかけはしになっている。日の出にはきちんとした形はなくて、純粋で明確なエネルギーだ。

 


枯れた木は真ん中にあるけれど、これを見る時前方の飛び立っていく白い鷺も目に入るはずだ。この美しい鳥がシンボルになっている、魂の本物の昇華「静かな上昇(Silent Rise)」は、たぶんこの枯れた木が象徴する物質世界の幻想がすべて死んだときに起こるんだ。それは死そのものが幻想だ、ということに気づくまで何度でも訪れなければならない境界であり印のようなものだ。

 

■この作品が持つ内容はそういう事なのですね。では、この作品における一番のメッセージはなんですか?この作品を新作に選んだ理由は?
U:この作品は希望と信頼、特に命そのものに対する信頼を描いた作品だ。もっとも暗い夜の後でさえ新たな夜明けはやってくるし、死や批判をくぐりぬけて魂は再び立ち上がる。
日本の人々は巨大で破壊的な災害を体験した。何千もの人が亡くなり、多くの人が愛する人や友人や隣人を失い、アイデンティティーである家や街や、その他すべてがなくなった。それでも一年がすぎ、新しい道路や家が建ち、人々は再び未来を描き始めている。

 

僕がいつも賞賛し、そして愛してやまない日本という国、というよりも日本人のスピリットのひとつに非常に強い「無私無欲」というものがある。なんのためらいもなく自らの命を危険にさらして、福島への活動に出かけていった消防士たちを見たときには涙がでたよ。毎日休む間もなく人々の安全のために働いていた。彼らは本物のヒーローで、こういう人たちから大きなインスピレーションをもらった。
世界の国の中で日本の国旗が一番好きなんだ。なぜかというと日本の国旗はスピリットを描いているから。未来への信頼と信念の精神がそこにはある。

 

つづく