横浜元町便り~エリスマン邸編~

こんにちは。近頃、時々ご紹介している元町周辺のご案内続編です☆
今回は、「エリスマン邸」にズームを当ててご紹介させて頂きます。

「エリスマン邸」は、山手に建つ美しい洋館です。

 

エリスマン邸 居間
エリスマン邸 居間

 

サンルーム
サンルーム

 

 

エリスマン邸は、生糸貿易商社シーベルへグナー商会の横浜支配人として活躍した、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅として、大正14(1925)年から15(1926)年にかけて山手町127番地に建てられました。設計は、「現代建築の父」といわれるチェコ出身の建築家アントニン・レーモンドです。

 

 

設計者について
設計者について

 

生け花のイベント開催中
生け花のイベント開催中

 

当時は、木造2階建て、和館つきで建築面積は約81坪。屋根はスレート茸、階上は下見坂張り、階下は堅羽目張りの白亜の洋館でした。煙突、ベランダ、屋根窓、上げ下げ窓、鎧戸といった異人館要素をもちながら、軒の水平線の強調など、設計者レーモンドの師匠である世界的建築家F.L.ライトの影響も見られます。

 

2Fで見る事のできる解説
2Fで見る事のできる解説

 

山手MAP
山手MAP

 

窓から見える美しい風景
窓から見える美しい風景

 

昭和57(1982)年、マンション建築のため解体されましたが、平成2(1990)年元町公園内の現在地(旧山手居留地81番地)に再現されました。
1階には暖炉のある応接室、居間兼食堂、庭を眺めるサンルームなどがあり、簡潔なデザインを再現しています。椅子やテーブルなどの家具は、レーモンドが設計したものです。
かつて3つの寝室があった2階は、写真や図面で山手の洋館に関する資料を展示しています。また、地下ホールは貸し出しスペースとして、昔の厨房部分は、喫茶コーナーとしてご利用頂けます。

 

エリスマン邸では、様々なイベントも催されています。そして、季節により、周辺の花々も変わり、美しく爽やかな時間をお過ごし頂ける環境にあります。
また、この山手周辺の情報、ギャラリーのある元町周辺情報も、続々お届けしてまいりますね。ギャラリー内も勿論ですが、お時間ある方には、様々お楽しみいただければ…と、スタッフ全員「絵画&アート」以外にも情報をまとめています。色々尋ねてみて下さいませ。

ネイト・ジョルジオ展2012情報 続

前回のネイトジョルジオ展2012ご案内のブログでは、ネイトジョルジオ画伯からのコメントや一部の作品などを掲載させて頂きました。ご覧いただけましたでしょうか?5月も半ばですが、おかげさまで多くのお客様にご来店頂けております。この場を借りてお礼申し上げます。有難うございます。

「★ネイト・ジョルジオ展2012 開幕★」

 

そのネイトジョルジオ展2012ですが、「好評の為、会期延長決定!」と申し上げたいところですが、残念ながら、特別作品出展などの都合上、今月で終了してしまいます。ですので、ご来店がまだの方には「是非、お早めに!!」と申し上げたいと思っております。

 

では、本日はそのネイトジョルジオ展2012にご来場いただきましたHONDA様ファミリーにインタビューさせていただきましたので、その模様をお届けしたいと思います。HONDA様のお住まいは、ここ元町から数時間離れた北関東。ちょっと遠くて、なかなか気軽に…とは言えない方。
「でも、ネイトさんのイベントなら頑張って時間作って行かなきゃね!」と。離れて住む娘さん方とお2人と前日から合流し、足を運んでくださいました(感謝☆感謝☆☆)

 

Q.1 長旅お疲れ様です。久しぶりのネイトジョルジオ展2012、いかがですか???
A.1 うわ~。随分、感じが変わりましたね。特に色使い。しかも、沢山の絵が飾られてるのね~。

 

・。・’・仲良し母娘・。・”・☆
・。・’・仲良し母娘・。・”・☆

 

2人用ソファに3人で座るの~!
2人用ソファに3人で座るの~!

 

Q.2 マイケルジャクソンのポートレイトは、いかがでしょう?
A.2 これも驚きだわね。色々あるのね。でも娘達と話してたのよ。この有名なポーズのシーンの作品より、日頃見かけないポーズの方がカッコいいわね!!って。

 

携帯画面には所有作品の写真!
携帯画面には所有作品の写真!

 

遂には ipad まで!!
遂には ipad まで!!

 

ネイト作品はバラが似合う・・・
ネイト作品はバラが似合う・・・

 

Q.3 こちらの作品はいかがですか?懐かしい画風のものもあると思うのですが…。
A.3 今回、派手になった感じなのかしら?でも…そうは言っても、モノトーンの素敵な作品もあるのよね。あら~この秋の風景?こんな色使いも見たことないわね。私は、昔に見たブラックペーパーに描いた作品を買い逃していてね。あれだけは残念だった!と思っているのだけれど、今回はそういうのもあるのね。ちょっと懐かしいわ。

 

日光にある神橋を描く。
日光にある神橋を描く。

 

得意のベニス / ゴンドラ
得意のベニス / ゴンドラ

 

作品についてのコメント/直筆
作品についてのコメント/直筆

 

Q.4 ちょっと外の光(自然光)で眺めてみましょうか?→→→ギャラリー1Fへ降りる!!
A.4 ライトアップの加減で見るのも素敵だと思ったのだけど、さすがネイトさん。絵の具の下に違う絵の具が見えていて不思議な色を作っているのね。見たことないわね。かといって、エアスプレーで描いた部分は、透明感が高くて、以前からこんな感じだった?なんだか上手になったんじゃない?技法が違うのかしら…???

 

柴犬も作品鑑賞
柴犬も作品鑑賞

 

ちょうどよい日差し!
ちょうどよい日差し!

 

☆ちょっと撮影タイム☆
☆ちょっと撮影タイム☆

 

Q.5 額装もネイトに誉められたんです(嬉しい☆” )昔の作品やご自身のコレクションしてきた作品と比較して、いかがでしょう?
A.5 ものすごく斬新なデザインやカラーのもあるのね。驚いたわ。でも、今回のはコンパクトに仕上げられてるのね!素敵よ。自分で額をイメージするのも楽しいけど、意外と想像は難しいのよね(笑) 

 

イタリアでデザインされた額
イタリアでデザインされた額

 

こちらも新作の額
こちらも新作の額

 

赤いマット使用
赤いマット使用

 

Q.6 最後にネイトへ何か伝えたいことは…?
A.6 会いたいわね。新しい作風(人物画)にもチャレンジしていると聞きましたし、頑張ってほしいと思います。

 

HONDA様ファミリー、ご来店ならびにインタビュー有難うございました。ネイト自身にもこのブログをごらん頂き、いつの日かの再会を夢みて…また、それが実現できるよう我々も努力していきたいと思います。

横浜元町便り~山手編~

先月、ここ横浜元町周辺のご案内をさせて頂きました。

「春風に乗って、横浜便り」

「横浜元町の桜便り」

 

前回は、山下公園から赤レンガ倉庫について…特にフラワーフェスタ開催時期の内容に限らせて頂きましたが、今回は、反対方向『山手』周辺のご紹介をしたいと思います。

 

ここ元町~山手周辺も、以前のブログでご案内した千代紙の老舗『いせ辰』も有名ですが、まだまだ色々な見所がありますよ。まずは、超有名どころでもある 『ブリキのおもちゃ博物館』…ここは、外人墓地からすぐの所です。ちょっとメインストリートから奥(さらに山手側に入りますよ)。角に看板があるので、立ち寄る際は、お見逃しのないように!!!

 

博物館内部
博物館内部

 

全てブリキのおもちゃ達
全てブリキのおもちゃ達

 

ここは、有名TV番組「何でも鑑定団」で一躍、時の人となった北原さんコレクションの『ブリキのおもちゃ博物館』です!!!まさに知る人ぞ知る…コアな博物館なのですが、今や巷で見かけることができなくなったブリキのおもちゃのコレクションが超スゴイ博物館なのです。
ブリキは日本の戦後のおもちゃの象徴でした。また、その時代(戦後)が最盛期でもあります。下の写真にもありますが、オキュパイドジャパン(占領下の日本製)という言葉が生まれます。

 

当時の貴重な外貨をもたらした小さな産業だったのですね。その当時から手先の器用な日本人だからこそ、このような細かなアート(おもちゃ)を作り出すことが出来る…と思うと、物作りの原点は、何もSONYやHONDAだけではないような気がしてなりません。

 

昔は、お菓子のおまけにでもくっついていたような印象ですが、実は、このブリキ、今、日本で作り続けている人がたった一人なのだそうです。既に御歳70歳を超えている方。時代の終わりがまさにそこまで来ている業界なのだそうです。
後任の方や、お弟子さんにあたる方はどなたもいらっしゃらないそうです。非常に残念なお話です。同じアートに携わる者としては残念としか言いようがないですね…。

 

戦後のブリキとは…?
戦後のブリキとは…?

 

トイ・ストーリー?
トイ・ストーリー?

 

キュートな看板犬
キュートな看板犬

 

また、上記写真にもあるように、ものすごい事実が潜んでいました!!!!!!!!!!皆様、ご存知でしたか?あの有名な映画『トイ・ストーリー』は、このブリキのおもちゃ博物館が元になって出来たということ(☆驚き☆)

 

この建物は小さくてアットホームなスペース。入ってすぐには購入が出来るブリキのおもちゃやレトロなGOODSが所狭しと並べられています。奥に進むとわずか200円の入場料で、博物館スペースに入れます(写真もOK!尚、最初に掲載した写真はこの博物館スペースです)。

 

かわゆい看板犬も迎えてくれます。彼はロービーという名前。尚、ゴールデンドゥードゥルという犬種です(ゴールデンレトリバーとプードルの間に生まれたワンちゃんです!)
ここには毎日海外からのお客様が来店なさるそうで、足しげく通うコレクターさんも多いよう…海外ではもっと高く売られている事が多いそうで、この店の価格に驚く方ばかりだそう。日本のブリキに対する価値観の現実を目の当たりにするのは、ちょっと悲しいですけどね。

 

外観写真
外観写真

 

オーナーの北原さん(右)
オーナーの北原さん(右)

 

こちらの北原さんは、幾つか著書も発表していらっしゃいます。この日は偶然、お店にいらっしゃいました!ラッキーなショット☆です。

私どものギャラリー、フジムラコンテンポラリーアートからは歩いて10~15分程度です。お散歩がてらに楽しめるところですので、皆様も足を運んでみてはいかがでしょう?私たちもご一緒します!!!!!