アリゾナ州セドナのスピリチュアル体験の旅~スティーブホールマーク氏を訪ねて~ 1/2

皆さんいかがお過ごしですか?藤村です。

今回の旅はアリゾナ州セドナです。スピリチュアルな体験ができる場所で有名ですね。セドナといえばネイティブアメリカンの聖地、パワースポットであるボルテックスなどが有名ですね。

 

ちなみに、ディズニーランドのビックサンダーマウンテンはセドナのサンダーマウンテンをモデルにしているんですよ。大自然を前に今回はかなり濃い時間が過ごせました。

 

言葉をなくすほどの自然
言葉をなくすほどの自然

 

お昼3時ぐらいの撮影、月が美しい。
お昼3時ぐらいの撮影、月が美しい。

 

夕方6時くらいの撮影です。
夕方6時くらいの撮影です。

 

ここに住んでいるスティーブホールマーク氏は当社がアジア圏で独占販売権を結んでいる世界的に活躍しているオールドウッド(古木)スカルプチャーの第一人者です。ニューヨークアートエクスポ(アートの祭典)ではスカルプチャー(彫刻)部門で1位の評価を得た作家さんです。今回は3年半ぶりに新作の話をするために行ってきました。
しかし本当に暑いです。ニューヨークから移動しましたが気温差がなんと20度にもなり、私はセーターで現地の皆さんはTシャツでした。

 

先ずはフェニックス空港でスティーブホールマーク氏が迎えに来てくれました。片道3時間の車の旅となります。しかし素晴らしい風景です。本当にこの自然をお客様方にお見せすることが出来たら、、、幸せだろうなと心から感じました。途中スティーブが良く行くメキシコレストランで一服です。セドナはメキシコ人の移民が多いためメキシカンレストランが数多くあります。凄く本格的なメキシコ料理です。しかしこのサボテン凄くありませんか?このサイズを近くで見るとセドナに来たぞーって感じでした!

 

スティーヴ行きつけのメキシコ料理店です。
スティーヴ行きつけのメキシコ料理店です。

 

こんなサボテンがいたるところに。
こんなサボテンがいたるところに。

 

特製アボカドデップが美味でした。
特製アボカドデップが美味でした。

 

自宅に到着です。なんとす・べ・て スティーブホールマーク氏ご本人のハンドメードによるご自宅です。「今、改装中なので殆どの家具は移しているけど大丈夫かな?」と、、、全然構いません、改装中ということも私は気付きませんでしたから。

 

工事中のリビングルームです。
工事中のリビングルームです。

 

お庭です。夜中はいろんな野生動物が侵入してきます。
お庭です。夜中はいろんな野生動物が侵入してきます。

 

整理整頓されたキッチン。
整理整頓されたキッチン。

 

お庭のジャグジーの水も凍ってます。温度差の話はしましたがこのセドナは早朝は氷が張ってますがお昼に解けて又深夜から凍るという一日の温度差も感じることが出来ます。しかも野生のコヨーテが夜中は餌を探しに庭まで山から下りてくるのだそうです。夏はサソリやタランチュラ(おーきな蜘蛛です。はい。)が道を歩いているそうで話を聞けば聞くほど逞しくなりそうな自分がいます。

 

昼なのに、、、凍ってます。
昼なのに、、、凍ってます。

 

では暗くなる前にダウンタウンにてお食事をということで、カウボーイハウスという4人のカウボーイが開いた老舗のレストランを紹介していただき、大好きなカウボーイステーキをいただきました。サイドディッシュでサボテンのフライなるものをオーダー、これは余り好きではありませんでしたが話題性に負けました。

 

歴史を感じる建物でした。カウボーイクラブ。
歴史を感じる建物でした。カウボーイクラブ。

 

一日何回目の乾杯だろうか?
一日何回目の乾杯だろうか?

 

待ちに待ったのど越し爽やかな?ステーキとマッシュルームソース達。
待ちに待ったのど越し爽やかな?ステーキとマッシュルームソース達。

 

スティーヴの好物、タコス。週に3回は食べてるそうです。
スティーヴの好物、タコス。週に3回は食べてるそうです。

 

サボテンフライ、話題性オンリーかな?
サボテンフライ、話題性オンリーかな?

 

ということで、本日のブログは終了! お伝えしたいことが盛り沢山ですが、ついついお食事の話に火がついてしまいます。 次回のブログでは、もっとスティーブホールマーク氏自身のことや自然のこと…多くのことにも触れていきたいと思います。