ひろひこ作品の制作過程

ひろひこ画伯の作品は『色えんぴつ画』です。

 

 

皆様の幼い頃、色鉛筆をお使いになったことがあるでしょう。女性であれば、幼い頃、塗り絵をしたかもしれませんね。

 

しかし、長い間、手にしない画材は今イチ、ピンと来ないものです。ですが、塗った時にどんな発色だったか?は、ぼんやりでもご記憶にあると思います。その記憶を元に、こちらの資料写真をご覧下さい。

 

 

こちら制作途中の作品です。
大変に薄く薄く塗っているのがお分かり頂けますでしょうか?全体的に作品は描かれているのに、大変に薄い。画像がぼんやりしているのではありません。これが、制作過程の初期段階です。

 

 

先程の写真より、幾分か色が濃くなっているのはお気づきでしょうか?これは先の写真の行程から全体的に色鉛筆を塗り重ねた結果です。非常に繊細に塗り重ねているのがお分かり頂けると思います。

 

 

これは、さらはもう一段階先に進んだ作品です。少しずつ、色のトーンがハッキリしてきています。ひろひこ画伯の個性的な色鉛筆の使い方です。

 

 

完成です。
ひろひこ画伯が長い時間をかけて、独自に作り上げてきたスタイルを、こうしてホームページに掲載するのは躊躇します。

…ですが、本当に写真のような仕上がりには、我々スタッフも脱帽です。こちらの作品も常設展示しています。
是非、ご覧くださいませ<m(__)m>

ひろひこ作品のモデルになったダックス(*’ω’*)

とても顔立ちのキレイなミニチュアダックスです♪

 

 

ロングコートのミニチュアダックス。色はクリーム。男の子です。
性格は「ぽや~ん」とした大人しい子です。

 

こんな情けない感じの写真も多々ありまして・・・
こんな情けない感じの写真も多々ありまして・・・

 

作品見本にはならない写真ですが(-_-)zzz

 

もっと情けない写真ですが・・・もっと情けない写真ですが・・・

 

さらに作品見本にはなりません(-_-)zzz

 

※お客様方は、、、くれぐれもこのような写真ではなく、描写に適したお写真をご提供下さいませ。笑

 

完成☆☆☆
ペット肖像画の完成☆☆☆

 

こちらは、ハガキサイズ2枚分です。
軽やかな毛並みと、透き通るような瞳が素晴らしい作品です。
これは常設で展示しています。
是非、直にご覧になってみて下さい。

ひろひこ作品の仕上がりまで

今回は、色鉛筆によるペット肖像画の、制作の流れをご紹介します★

 

(モデルの柴犬“小町ちゃん💛”)

 

モデルの柴犬、小町ちゃん💛
お顔がちょっぴりキリリとしてますが、女子ですよ(*^。^*)

 

まずは、描いて頂きたいペットのお写真をご用意下さい。
できれば、デジカメやスマホで撮影したものがベスト!!これは、作品を描く際、正確な描写に繋がります(*^^)v

 

モデルだからね・・・別の角度でも撮影したのよ!

 

このテニスボールが大好き!お顔もニコニコしてますね。素敵な写真です。

 

飼い主様から見た際、どの写真も最高に可愛いとは思うのですが、ご注文の際は、どの写真のポーズで作品を仕上げるか?を必ず決めて下さい。

 

これも角度がちょっと違う写真だワン

 

今回の小町ちゃんの場合は、この3枚の写真から制作致しました。

 

 

そして完成した作品が……

 

 

 

こちら!
パチパチ(^_-)-☆
皆様、いかがでしょう?
よく似てますか?
実物は、パソコン画面のお写真より格段繊細で美しく仕上がっています。
飼い主様も感激なさっていらっしゃいました。
ギャラリーでは、このような仕上がりまでの準備や必要な事、制作過程の詳細等、ご案内しております。お気軽にお越し下さいませ。