藤村ニューヨーク紀行 ≪後編②≫

後編の今回は、街中の様子をレポートしていきます。

 

移動は地下鉄とタクシーが主になりますが近年旅行客が増え、私が住んでいたころに比べるとタクシーがつかまりにくくなっているようです。よって地下鉄移動が中心です。

 

 

34丁目の駅ですがなんとなく写真とってみました。配色のセンスが昔から変わらない街だといつも感じます。ゴミ箱の形状が昔に比べると近代的になってるか??

 

 

ちょうど42丁目の駅構内で地下鉄構内を歩いているワンちゃん遭遇。自由でいいな。

 

 

これはアップタウン歩いていた時に道端で見つけたワンシーン、コンセプトのあまりつかめない青空ペットショップがありました。笑笑

子供はパニックなってましたがおじさん容赦ないモルモット攻めを試みておりました。

 

 

今回もたくさんのセントラルパークの住人達に出会えました。

 

そして最後は定番ですがタイムズスクエア。昔、住んでいた頃は大変治安が悪く、様々な誘惑がいたるところにあり、ここに来るたびにドキドキしていたことをよく思い出します。今は歩行者天国のように車が通れないスペースができるなどより安全に配慮されたエリアになってしまいましたが…。ちょっと寂しいかな?

 

 

派手な看板やどでかい液晶画面に覆われ、タイムズスクエアのセンターはビカビカの照明で照らし出されていてちょっと落ち着かなくなりましたが、昔の記憶はまだまだ一瞬にして引きずり出されるので、やっぱりここは私にとっては好きな特別なエリアなのかも。

 

 

15日間という短い期間でしたが又、新しい芸術家や芸術品に出会い、大変刺激的な時間を過ごせました。

皆様ももしニューヨークを訪れるチャンスがあれば是非一度、ニューヨークステートオブマインド(New York State Of Mind)を満喫してみてください。