2017 FCA国内ツアー第1弾~彦根編05~

本日、レポートにご協力頂けたのは、YUJIさん。アトリエでは、プレス機を扱う際に、率先して先生のお手伝いをして頂きました!それではお楽しみ下さい!!!

 


 

まずは、、、YUI先生!スゴイ職人って感じだった!!

ギャラリーでお会いした際は、優しい感じのキレイな女性アーティスト(*^。^*)という印象でしたが、アトリエでお会いすると全く雰囲気が違ってる☆彡

 

それに加え、ご自宅だというのに、揃ってる道具や大型のプレス機なんてものがずらり…。聞いてはいたけど、「やっぱり銅版画を1人で全部作ってるんだな~」と実感させられました。

 

 

色々と工程を見せて頂く中で、「今からプレス機を回して印刷をします!お手伝い頂ける方いらっしゃいますか?」と先生に言われ、、、(-。-)y-゜゜゜

 

思わず、「はいっ!」と手を挙げて、、、

 

周りを見ると誰も挙手しておらず…(あっ自分だけだった(´・ω・`)笑。)

 

 

これが意外と繊細なんだと理解できた瞬間でした。ただ回せばよいのではなく、スピード、途中で止めてはいけないリズムみたいなもの、コツがあれこれあって…おかげですごく良い経験となりました。

 

 

そんな難しい工程が幾つもある銅版画の制作の中で…やたらに身近なものもありました。アトリエに醤油が登場しました…笑。

 

錆付いた銅板を洗うのに使うのだそうです。
「あ~そういえば、子供の頃、錆びた10円玉をタバスコで磨いたことがあったな~!」と思い出し、他のお客さん達と盛り上がりました。子供の頃の経験が、今のこの瞬間に繋がるって面白かったです。

 

 

ツアー自体は翌日の彦根城観光までどれも楽しかったです。20代に一度、彦根に旅したことがありましたが、今回は全く違う内容で様々経験出来て驚くことも多かったです(^◇^)

 

 

藤村社長ともゆっくり話が出来ました…。
海外などにも色々出かけて、先見の目があり、いつも新しいものを見せてくれるギャラリーをオーナーとして作り上げ、常々スゴイと思ってはいましたが、ご家族の話などにも会話が及び…父親の顔も見れたりし、とても親近感が湧きました。

 

今、振り返ってみると、色々な作品をコレクションできたのは、FCAならではだな?とも思います。これからもよろしくお願いします<m(__)m>