のりゆき展『節-FUSHI-』新作★絶賛公開中!

 

今展『のりゆき来場展-節-FUSHI』と名付けられた訳。

 

皆さんは「節」と聞くと何を思い出しますか?
*手足の関節…( ˘ω˘ )。きゅっきゅっ☆彡
*文節…(*’’▽’’)。
*鰹節…(#^.^#)。 美味しそう、、、。
*節分…(*^-^*)。豆まき、、、。
「せつ」「ふし」など読み方は幾つかありますね。

 

 

今回は、“人生の節目”の意を伝えたく「-節-FUSHI」と名付けられました。

 

のりゆき画伯、、、御年68才の今。
何の意味を持って、何を使って、何を描いて…。

 

人生の節目はこの世に生を受けた瞬間から、毎年の誕生日を軸に、学校の卒入学、結婚、出産、仕事、転職…等、多く存在します。のりゆき画伯は20代の頃、漫画の神様「手塚治虫氏」と出逢い、人生の革命が起きます。

 

大きな節目のある豊かな人生が、「節」という言葉に込められ、この企画展をより豊かに、またユニークに皆様へお伝えできれば…と願いを込めてタイトルにさせて頂きました。