ネイト・ジョルジオ展2012情報 続

前回のネイトジョルジオ展2012ご案内のブログでは、ネイトジョルジオ画伯からのコメントや一部の作品などを掲載させて頂きました。ご覧いただけましたでしょうか?5月も半ばですが、おかげさまで多くのお客様にご来店頂けております。この場を借りてお礼申し上げます。有難うございます。

「★ネイト・ジョルジオ展2012 開幕★」

 

そのネイトジョルジオ展2012ですが、「好評の為、会期延長決定!」と申し上げたいところですが、残念ながら、特別作品出展などの都合上、今月で終了してしまいます。ですので、ご来店がまだの方には「是非、お早めに!!」と申し上げたいと思っております。

 

では、本日はそのネイトジョルジオ展2012にご来場いただきましたHONDA様ファミリーにインタビューさせていただきましたので、その模様をお届けしたいと思います。HONDA様のお住まいは、ここ元町から数時間離れた北関東。ちょっと遠くて、なかなか気軽に…とは言えない方。
「でも、ネイトさんのイベントなら頑張って時間作って行かなきゃね!」と。離れて住む娘さん方とお2人と前日から合流し、足を運んでくださいました(感謝☆感謝☆☆)

 

Q.1 長旅お疲れ様です。久しぶりのネイトジョルジオ展2012、いかがですか???
A.1 うわ~。随分、感じが変わりましたね。特に色使い。しかも、沢山の絵が飾られてるのね~。

 

・。・’・仲良し母娘・。・”・☆
・。・’・仲良し母娘・。・”・☆

 

2人用ソファに3人で座るの~!
2人用ソファに3人で座るの~!

 

Q.2 マイケルジャクソンのポートレイトは、いかがでしょう?
A.2 これも驚きだわね。色々あるのね。でも娘達と話してたのよ。この有名なポーズのシーンの作品より、日頃見かけないポーズの方がカッコいいわね!!って。

 

携帯画面には所有作品の写真!
携帯画面には所有作品の写真!

 

遂には ipad まで!!
遂には ipad まで!!

 

ネイト作品はバラが似合う・・・
ネイト作品はバラが似合う・・・

 

Q.3 こちらの作品はいかがですか?懐かしい画風のものもあると思うのですが…。
A.3 今回、派手になった感じなのかしら?でも…そうは言っても、モノトーンの素敵な作品もあるのよね。あら~この秋の風景?こんな色使いも見たことないわね。私は、昔に見たブラックペーパーに描いた作品を買い逃していてね。あれだけは残念だった!と思っているのだけれど、今回はそういうのもあるのね。ちょっと懐かしいわ。

 

日光にある神橋を描く。
日光にある神橋を描く。

 

得意のベニス / ゴンドラ
得意のベニス / ゴンドラ

 

作品についてのコメント/直筆
作品についてのコメント/直筆

 

Q.4 ちょっと外の光(自然光)で眺めてみましょうか?→→→ギャラリー1Fへ降りる!!
A.4 ライトアップの加減で見るのも素敵だと思ったのだけど、さすがネイトさん。絵の具の下に違う絵の具が見えていて不思議な色を作っているのね。見たことないわね。かといって、エアスプレーで描いた部分は、透明感が高くて、以前からこんな感じだった?なんだか上手になったんじゃない?技法が違うのかしら…???

 

柴犬も作品鑑賞
柴犬も作品鑑賞

 

ちょうどよい日差し!
ちょうどよい日差し!

 

☆ちょっと撮影タイム☆
☆ちょっと撮影タイム☆

 

Q.5 額装もネイトに誉められたんです(嬉しい☆” )昔の作品やご自身のコレクションしてきた作品と比較して、いかがでしょう?
A.5 ものすごく斬新なデザインやカラーのもあるのね。驚いたわ。でも、今回のはコンパクトに仕上げられてるのね!素敵よ。自分で額をイメージするのも楽しいけど、意外と想像は難しいのよね(笑) 

 

イタリアでデザインされた額
イタリアでデザインされた額

 

こちらも新作の額
こちらも新作の額

 

赤いマット使用
赤いマット使用

 

Q.6 最後にネイトへ何か伝えたいことは…?
A.6 会いたいわね。新しい作風(人物画)にもチャレンジしていると聞きましたし、頑張ってほしいと思います。

 

HONDA様ファミリー、ご来店ならびにインタビュー有難うございました。ネイト自身にもこのブログをごらん頂き、いつの日かの再会を夢みて…また、それが実現できるよう我々も努力していきたいと思います。

★★ネイト・ジョルジオ展2012 開幕★★

皆様、5月いかがお過ごしでしょうか?
お天気の変化が激しいようですが、ゴールデンウィークは横浜元町も大勢のお客様でにぎわっています(*^。^*)とってもパワー!!!のある街です(でも、屋根のない商店街…傘は必需かも?です!)

 

5月は今までに大きく打ち出せていなかった特別企画を計画(●^o^●)長い時間かかりましたが、ようやく皆様にお披露目できるようになりました。

フジムラコンテンポラリーアートでは、ネイト・ジョルジオ展が開幕です。サブタイトルは、「天才に認められた、ただ一人の天才画家」です。展示物の様子を、ほんの少しご紹介します。

 

PARIS
PARIS

 

ネイトジョルジオ画伯直筆のメッセージ
ネイトジョルジオ画伯直筆のメッセージ

 

メッセージ訳
メッセージ訳

 

作品の数々は、ギャラリーにご来店いただいて、是非ご鑑賞下さい。アクリル画をメインとして展示しておりますが、一部、スケッチ作品や、墨、水彩絵の具、チャコールなどの画材を用いた作品、今回の企画の目玉でもあるポートレイトなど…多岐に渡る構成です。

 

以下、まだ開催されて間もないですが、ご来店下さったお客様からの感想をご紹介します。

 

☆I.Uさん:初めて見ました。こんな絵柄…このようなモチーフも描くのですね。長い間、ネイトの作品はコレクションしてきたけど、これもなかなかの感動ですね!

 

☆M.Mさん:何年ぶりだろう?ネイトは画風が変わったの?昔はシルバーやグレー系のトーンの作品が目立ってたよね?今回は、ずいぶんカラフルな印象だね…。

 

☆T.Sさん:この墨だけで描いたスケッチはすごくいいね!こんな感じの作品は好みだけど、ネイトっぽくないような?でもベニスだもんな…やっぱりネイトなんだね!!

 

SHINKYO
SHINKYO

 

作品解説
作品解説

 

☆M.Tさん:全ての作品が良いけど特に『富士山』がいい!!日本人が描いてもこうはならないよな…。今回は額装もいい。今までと違うね…しみじみ…コメントはかなり長く続きました(笑)

 

☆S.Tさん:マイケルやっぱりすごいね!とてもかっこいい!!!ネイトって、ものすごいアーティストなんだね…改めて思うよ。

 

☆S.Iさん:久しぶりに見れて嬉しいね!!どのくらいぶりだろね~?ネイト展なんてのは…。

 

☆N.Kさん:色が多く使われるようになったのかな?以前に見せて頂いたネイトの作風とは、少し変わってきた気がしますね。

 

☆K.Kさん:額もいいですね~。昔は筆のタッチが荒い感じが好きだったのですが、今は心境や環境が変わり、この穏やかなタッチの方が胸に響きますね。これはライトアップもいらない。本当に素晴らしい!!!

 

☆H.Sさん:たった一色しか使われていないこの作品…でもベニスの空気が感じられます。とてもスピード感がある作品ですね。なのに落ち着くって、すごく不思議…。

 

☆S.Tさん:マイケルは「ホウ♪」と、いつもの決まりポーズの時のダンスと音楽が…つい真似したくなる~懐かしい!!!!!

 

・・・ということで、皆様の感想を並べるだけでも、いかに楽しめるのか?が分かります。幾人の方が、マイケルのポートレイトの前で、昔TVを見ながら真似たポーズをとったことか…という程、懐かしい、そして錆びない記憶の中のダンスシーンを思い出しながらご鑑賞頂いています。これらの感想は、ごくごく一部です。一人でも多くの方にこの貴重な感動を味わっていただきたいと思っています。

 

最後に、ネイトにギャラリーの様子を写真撮影し、メールで送信。様子をご覧頂きました。その時の返信内容を一部ご紹介します。

 

『額装は素晴らしいですね!近代的にも、現代的にも見えるところがいいですね!サザビーズのオークションハウスを思い出しました。サザビーズにて飾っている何枚かの写真を添付します。壁には作品と共に、企画名や作家名を小さな紙に書いています(普通はステッカーです。)
FUJIMURA CONTEMPORARY ART.の飾り方は、このことを思い出させる空間ですね!大好きです!!!ネイト☆』

 
という文章と共に、本当にサザビーズの写真が添えられていました(笑)
そんな空間の今月です。皆様のご来場、心よりお待ちしております。

(東日本大震災)ネイト・ジョルジオから寄せられたコメント

I was deeply shocked and saddened to see the devastation caused by the recent earthquake and tsunami in Japan.
I first came to Japan in 1995 and traveled through many areas and visited many cities in the North. I found the people, culture, and surroundings very warm and beautiful and I still think fondly of that wonderful time I spent visiting with all of you.

 

I have grown to love and respect the Japanese people and culture, and I am confident that you will overcome this sad time.
In the month’s to come, please know that I care about you and your loved ones being well and safe. I want you to know that you are all in my thoughts and prayers.


God bless you all and keep you safe.

Nate Giorgio

 

==

 

この度の地震と津波による日本の惨状を目にし、大変な衝撃を受け、深い悲しみでいっぱいです。
1995年に初めて日本を訪れて以来、私は北日本の多くの都市を含む、日本各地を訪れました。日本の人々、文化、全てに、温かく美しい思い出ばかりで、今も皆様のところを訪ね、素晴らしい時間を過ごしたことを懐かしく思い出します。

 

私は、日本の人々、文化を愛し、尊敬してやみません。そして、皆様がいつかこの悲しみを乗り越える事が出来る事を確信しています。
しばらくは、皆様と皆様のご家族のご無事と安全が心配されますが、私の心の中にはいつも皆様がいて、皆様のことを祈っています。

どうか皆様に神のご加護がありますように。

ジョルジオ・ネイト