韓国ツアー:ソウル文化・市内観光編

フジムラコンテンポラリアート記念すべき、初の海外ツアー!!今回のレポートでは、ソウル文化・市内観光編をお届けします。

 

ちなみに、「韓国」というと、どんな文化や観光地を思い浮かべますか?

…恥ずかしながら、私も海外旅行経験はあるものの、アジアは行ったことが無く、本当に「近くて遠い」というのが、「韓国」という国に対しての印象でした。ですから、韓国といえば、焼肉やサッカー、韓流ドラマ程度しか思い浮かびませんでしたが、食事のマナーや、市場の雰囲気、街の活気、バスの乗り場…など現地に行ったからこそ分かるものは多々ありました。

それは、同じアジアとはいっても、大陸という広大な土地のつながりがある場所だからこそ、島国の日本とは違う文化・風土・人柄が育まれたのかもしれません!

 

 

ソウル―山に囲まれた盆地
ソウル―山に囲まれた盆地

 

 

今回の旅の中心地ソウルは、ご存知の通り、大韓民国の首都で、ソウル特別市という、日本で言うところの政令指定都市に当たり、『県』には属していません。そして、韓国の全人口の約25%が住んでいる人口密集の大都市なのです。どれ位かというと、韓国全土に対して、0.6%という面積に集中して全人口の5分の1がこのソウルに住んでいます。

 

実際に訪れてみると漢江を中心にして、山裾まで高層マンションが広がり、漢江沿いの高層マンションは日本円で4億円もするらしく、どれだけソウルという街に活気と人気があるのかを示しているかのようです。日本のバブル以上を感じます。

 

 

漢江の雄大な流れ
漢江の雄大な流れ

 

 

その漢江は、日本では考えられないような大河、それもゆったりと流れており、大陸が生み出す風土の違いを感じました。街の回りを山々が囲んでいる盆地の地形です。

そんな自然に囲まれているソウルは、何と韓国王朝時代から約600年間首都であり続けているという、とても歴史ある街で、街中のそこかしこに王朝時代の建築物が残されています。日本で言えば、京都のようなイメージです。街中のビルのすぐとなりに歴史ある建築物が残り、昔ながらの市場の前に高層ビルが建っている…。そんな新旧入り混じった魅力ある街です。

 

それに、何といっても同じ文化圏なのに、ちょっとした慣習の違いなどが新鮮に感じました。
例えば、一つはお金の単位「ウォン」です。最大の貨幣は1万ウォン紙幣ですが、これは円でいうと、幾ら位にあたると思いますか?実は、何と約1000円です。貨幣単位が違うので、最初お店で買い物をする際には、大変戸惑いました。でも、化粧品や日常品は非常に安いです。日本円で考えると、信じられない価格です。

 

 

日本円で約1000円。旅の記念に写してみました!
日本円で約1000円。旅の記念に写してみました!

 

 

例えば、一つはバス。専用の車線があって、何と路面電車のように道の真ん中に停留所があります。今、日本で路面電車というと、本当に一部しか見なくなってしまいましたよね。尚、バスは深夜1時過ぎまで走っています。

イメージでいうならば、日本のバブル活気を残して更に国際都市化した街というところでしょうか。

 

 

仁寺洞(歩行者天国の細い道を抜けるバス)
仁寺洞(歩行者天国の細い道を抜けるバス)

 

 

後はタクシー。韓国のタクシーは車体の色によって、初乗り運賃も異なり、黒が観光客・外国人向けで外国語が少し話せるドライバーだったりします。治安もあるかとは思いますが、国際対応できている都市なのだという印象も受けました。

本当に、私たち日本とは異なる慣習、街づくりに驚かされました。そして、今回の観光では、こんなところを回りました!!

 


 

◆仁寺洞(インサドン)
朝鮮王朝時代に、王宮に勤める両班たちが住む屋敷が立ち並び、19世紀末に困窮した両班たちが伝来の品を売り払う店を開いたことがきっかけで骨董品街となった場所です。

日本でいう、浅草仲見世のような印象です。歩行者天国となった路地の両側には、古美術店や画廊、お土産屋が立ち並んでいます。

 

 

仁寺洞(インサドン)

 

仁寺洞(インサドン)

 

 

その中、INSA art center という地上6階まであるギャラリーを見て回りました。ここは、写真を使ったミックスメディアや半立体的なアートなど大胆なものがあり、伝統的な町並みの中、展示作品は前衛的なコンテンポラリーアートです。また、ここは、面白いカフェがあることでもよく知られているエリアだそうです。

 

 

 


 

◆明洞(ミョンドン)
元々は、日本統治時代に「明治町」と呼ばれて、日本人居住者向けに発展を遂げた町です。今では、日本でいう渋谷のセンター街のような賑わいを持ったソウルの繁華街に当たります。また、観光地としても、代表的な場所です。とにかく人の量が尋常ではなく、渋谷でもこんなに人で賑わうことなど無いのではないかと思う程です。

化粧品・洋服・お土産・カフェなどありとあらゆるものがある非常に密集された繁華街です。特に、女性の方ならば、化粧品の価格の安さやお土産に気持ちを奪われてしまうこと間違いなしです!何というか、ワクワクする場所です。

 

 


 

◆ソウルタワー
ソウルを一望できる山頂に立っていて、ソウル市内に入ると見えるソウルの目印です。
夜11時まで入ることのできるタワーは、イルミネーションが施され、最上階まで登ると、ソウルの夜景が一望できます。山は非常に緑が美しく、途中から一般車両は一切入れず、緑を守っています。でも、あの夜景の美しさは実際に見て頂かないと伝わらないですね。

 

 

ライトアップされたソウルタワー
ライトアップされたソウルタワー

 

東京はあちららしいです
東京はあちららしいです

 


 

◆東大門市場
ソウル市内には四大門といわれる門があります。今では、実際に残っている門は一つしかなく、それが、「東大門」です。この門の近くに、昔ながらの屋台が連なっています。新しい高層ビルと屋台が入り混じる独特な市場で、韓国では、「南大門市場」と対を成す大きな市場で、夕方から朝方まで、屋台が軒を連ねます。

 

屋台と一口にいっても、食事、偽ブランドを扱うお店が立ち並んでいます。その密集度合は半端ではなく、日本ではあそこまで密集している場所はないだろうと思います。そして、屋台の食堂は、値段が出ておらず、交渉して決めるという独特な方法を取っています。

しかし、そこに集まるパワーはすごく、深夜0時を回っても人が絶えることはありませんでした。(ビル内のショッピングブースは朝7時まで営業しているらしいです!)

 

 

東大門市場から見た高層ビル 深夜0時過ぎ
東大門市場から見た高層ビル 深夜0時過ぎ

 

 

二泊三日ではありましたが、新しい刺激を与えてくれた旅でした。正直、ソウルには、今の日本にはないパワフルな活気が溢れていると感じました。この町巡りでは、何人かごとのグループに分かれて行動しましたので、ツアーの参加者が別々の感想を持っていることでしょう。ツアーの参加者は総勢20名。これから続く韓国レポート!!
皆様、楽しみにしていてください。