ウレ・リトゲン来場イベント、遂にカウントダウン開始!

皆様こんにちは。名曲「The Heat Of Emotion」は、やはりトミー・ハートが歌うFAIR WARNINGのヴァージョンの方が良いなぁ…と思っているイベントプランナーの武藤です。もちろん、ZENOの「Zenology」に収録されているMichael Flexig(マイケル・フレクシグ)が歌うヴァージョンも良いんですが、ここは好みの問題と言う事で…(笑)。

 

さて、遂にウレ・リトゲン画伯来場イベントが来週に迫りました!

発売日に買いに走ったFAIR WARNINGのデビュー・アルバムに衝撃を受け、以降FAIR WARNINGの音楽を愛聴し、ZENOやELECTRIC SUNのCDを買い漁った僕は、今から既に緊張しております(笑)。

イベント当日は既に発表されている作品の展示はもちろん、ウレ・リトゲン画伯からの特別なプレゼントと言える、本邦初公開作品を含む複数の作品を一挙に公開しますが、その中でも一番大好きな作品は「Ocean Of Rebirth」

 

”Ocean Of Rebirth”

 

この作品についてウレ・リトゲン画伯は、「僕のほかの作品にもたくさん見られるように、この作品では船を人間の魂として描いている。人間の魂は輪廻転生という港を様々な宇宙の力やカルマに揺られながら旅を続ける存在なんだ。この気が遠くなるような旅の途中には穏やかで平和な時代もあれば、乱気流やひどい天候に見舞われる事もあるだろう。「Ocean Of Rebirth」はそんな変わりゆく状況を象徴している。」とコメントしていますが、僕にはその一方でこの船がFAIR WARNING、またウレ・リトゲン画伯自身を表している様にも見えます。

 
Ocean Of Rebirthは直訳すれば「再生の海」。

 

船は再結成を果たしたFAIR WARNINGが再び音楽という大海原へと旅に出る姿であり、その先端には行き先を見据えているウレ・リトゲンがいる…といった感じでしょうか。

激しい波はFAIR WARNINGのビート、色彩の美しさはメロディ、広がる宇宙は音楽の奥深さ、偉大で勇敢な船の姿はFAIR WARNING(ウレ・リトゲン)のプライドであり、ドイツという欧州の一国から世界を狙う為、困難を乗り越えて進み続けるFAIR WARNINGそのものを描いている様に見えるのです。楽曲で言えばこれぞFAIR WARNINGの王道パターン!とも言える代表曲の「Burning Heart」

 
力強く天を貫いてしまいそうな程に真っ直ぐな声で極上のメロディをトミー・ハートが歌い、これでもか!と叩き出すリズムは感性を揺さ振り、畳み掛ける様に泣きのギターソロが止めを刺す・・・。

この作品を見れば見るほどこの名曲と同じ位の感動に襲われ、一瞬で全身に鳥肌が立ち、ただただ心を奪われた様に作品の前に立ち尽くし、気がつけば作品の世界観に取り込まれてしまうのです。「Burning Heart」でなければ、「Angels Of Heaven」などでも良いかも知れません。

 

もちろんこの「Ocean Of Rebirth」以外も魅力に溢れた作品ばかりですが、更に「これは奇跡では?」なんて思う位に、スペシャル中のスペシャルな作品が登場する予定です。これは当日のお楽しみなので、残念ながらこの場ではお話する事は出来ません。ご参加予定の皆様は是非楽しみにしてください。震えて待て!と言う感じでございます。

ウレ・リトゲン来場イベント、本日受付終了!

いよいよ 本日!!
『ウレ・リトゲン 新作絵画発表展・初来場!~ ウレが描く物語は、まだ終わらない ~』のお申し込み締切日です。

6月1日から様々な場所で、ご案内の告知をさせて頂きました。お申し込み件数は、私達の予想をはるかに上回る件数でしたので、結果やむなく抽選とさせて頂く事となりました!!申し訳ありません。

 

ギャラリー1F 看板

 

 

ギャラリー2F 入口

 

(当日は平日にもかかわらず、こんなにたくさんの方からお申し込みを頂くなんて…。さすが、ウレリトゲン氏!!と私共スタッフも本当に驚きを隠せません!)
今回お申し込み頂いたお客様方の中には、

「当日は、せっかくウレ本人が来るならば、会社を休みます!」
「名古屋から…茨城から…栃木から…しいては北海道、九州長崎から行きます。」

などと、レベルの違いを感じるお申し込みです。

 

 

また、私共のホームページをご覧頂き、「音楽の才能だけでなく、ウレの絵画における才能の凄さに初めて触れ、本当に驚き、そして感動しました。」「ウレ本人に会える嬉しさはもちろんのことウレの描いた本物の絵画を一目でも見てみたい。」などなど…皆様のおっしゃって下さる言葉の一つ一つに、ウレリトゲン氏のキャラクターだけではない画家としての存在感を感じました。

遠く離れたドイツにいるウレリトゲン本人も非常に喜んでおり、当日を心から楽しみにして頂いているようです。また、皆様の心に残る一日になれば…ともおっしゃっています(^^♪

 

 

 

当日、私共スタッフも皆様のご期待にそえられるように、様々な企画を計画中です♪
ウレリトゲン氏本人に会えることも勿論ではありますが、初めての個展、是非素晴らしい作品をも楽しみになさって下さいませ。
本日、6月17日をもって、お申し込み締切となります。

 

 

ギャラリー受付
最後のお申し込みのチャンスです!!
■開催日:6月30日(火)
■開催時間:1回目 15:30~/2回目 18:30~
■場所:フジムラ・コンテンポラリー・アート
神奈川県横浜市中区元町2-91-1 1ieyda Bldg 2F
お申し込みメールアドレス(24時間受付)

fca@fujimura-art.com

また、お電話の方は 045-641-3070 となります。
※お電話での御予約承り時間は12:00~19:00、毎週火曜日は定休となります。
尚メールでお申し込みの際は、お名前とご連絡先電話番号を明記ください。
抽選発表につきましては、お電話にてご連絡させて頂きます。
ご連絡、お待ちしております!!

FAIR WARNING(ウレ・リトゲン)来日迫る!!

以前もお伝えしましたが、フジムラコンテンポラリーアートでは、ロックミュージシャンとしても有名なFAIR WARNINGの中心的人物であるウレ・リトゲンと日本独占契約を交わし、今年1月に「ウレ・リトゲン新作版画展」を開催しました。

私共が予想していた以上にファンの方々にご来場していただきました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。ご来場、誠に有難うございました。私達スタッフはロックの世界に詳しくなかっただけに、皆様にFAIR WARNINGやウレについてお話を聞かせてもらい、情報誌からは知ることのできないエピソードの数々を知り、楽しい上に新しい発見のできる特別な一時となりました(勉強にもなりました!)。

 

その際に大変多くの方からお問い合わせ頂きましたのが、ウレリトゲン氏自身の来場についてでした。なんと、この夢のような話が実現!!!皆様待望の『ウレ・リトゲン 新作絵画発表 初来場展!』を開催することが決まりた!!\(^o^)/

 

画家としてのウレ・リトゲンのショット!!

 

そこで・・・ウレ・リトゲンについて詳しく御存じない方もいらっしゃるかと思いますので、少しご紹介させて頂きたいと思います。ウレ・リトゲンが所属するFAIR WARNINGは、初めて世界で認められたジャーマン・メタルの祖「スコーピオンズ」の魂を受け継ぐドイツらしいバンドです。

 

1984年から創刊している日本初のへヴィメタル専門誌「BURRN!」で93年にブライテスト・ホープ第1位に輝き注目を集め、また、95年に発売されたセカンドアルバム「RAIN MAKER」は約14万枚の売上を記録し、日本ゴールドディスクも獲得しています。当時はあちらこちらでかなり彼らの曲を耳にすることが出来たと言われています。説明を読んでも思い出せない…しかし、その曲を聴けば”あ~知ってる!知ってる!”という方が多いのも事実です。

 

このバンドでウレ・リトゲンはベースを担当しています。メロディーの美しさにとことんこだわり抜く音楽への姿勢は絵にたいしても同じです。音楽では表現できない世界を絵で表現しています。そのウレが影響を受けたのがレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロなどのヨーロッパの巨匠をはじめ、北斎やジョージ・ルーカスと多岐に渡っています。そのため、ウレの作品はヨ―ロッパの風景画としても楽しめ、まるで映画のワンシーンのような壮大な世界観も持ち、見る者すべてをどんどん引き込んでいく魅力的な“何か”を持っています。

 

ヨーロッパの風景画としての楽しみも

 

映画のワンシーンのような壮大さも

 

今回の『ウレ・リトゲン 新作絵画発表 初来場展』では前回出された5作品をはじめ新作が登場します!その新作は絵画展のために来場するのは初めてなだけにウレリトゲン氏自身想い入れのある作品を出してくれることになりました。しかも1作ではない!?ようなので皆さん楽しみにしていて下さい!!

音楽について語る姿ではない画家としての今のウレに会える唯一の機会です。(*^_^*)

 

自分の自画像を描くウレリトゲン画伯

 

作品にサインを入れているウレリトゲン画伯

 

来場日の当日は現時点でも予約が殺到しており、込み合ってゆっくり絵画鑑賞できない可能性もございます。そこで当ギャラリーでは、来場前でも皆さんにウレリトゲン氏の絵画作品を楽しんで頂けるよう、6月中はウレリトゲン作品を展示しております。

 

また、本日より、一部、特別企画として、額装をしていない作品をスペシャル公開致します。是非、事前にご来場なさって、ご自身の目で、ウレリトゲンの熱い思いを肌で感じてみて下さい。