ウレ・リトゲンの魅力に皆さんもハマってみませんか?

ウレ・リトゲン絵画を紹介

 

フジムラコンテンポラリーアートのイベントプランナーの武藤です。

私達がウレ・リトゲンと出会い、日本での独占販売権を獲得し、具体的に話を始めてから早半年以上・・・。様々な苦労はありましたが、ようやく皆様にご紹介が出来る事を大変嬉しく思っております。

 

ウレ・リトゲン率いるFAIR WARNINGは、デビュー当時からその美しいとも言える旋律と、綿密に編み込まれた様な繊細なサウンドで、時代に併合する事なく常に自らの美学を貫き続けているBANDです。一般にはメロディアス・ハードロック、略してメロハーなどと呼ばれる音楽ですが、特にメロディアスでクオリティの高い音楽を好む日本では絶大な支持を得て、現在ではメロディアス・ハードロックの代名詞にもなっていると言っても過言ではありません。

音楽を創造する力と言うのは「無から有を生み出す力」でもある訳ですが、FAIR WARNINGの音楽がウレ・リトゲンの感性を音で表現している物であるとすれば、今回皆様にご紹介する作品は、その感性を絵画という方法論で表現した物であると言って良いかもしれません。むしろ、複数のメンバーが関わるFAIR WARNINGの音楽よりも、ウレ・リトゲンという一人のアーティストの感性がストレートに表現されています。触れれば壊れてしまう硝子細工の様な繊細さで描かれる壮大なスケールの神々しい世界観は美しさと儚さを内包し、そして安堵感の様な安らぎを与えてくれる。

 

ここはいつか夢に見た約束の地なのだろうか、それとも我々人類がいつか辿り着く世界なのか。そしてそこで待ち受けるのは神なのか、それとも本当の自分自身なのか。そこにあるのは愛なのか、それとも我々が全く知り得ない未知なるものなのか。

 

百聞は一見にしかず。ご覧頂ければ、必ず皆様も感じる物があると思います。等身大のウレ・リトゲンが、我々の感性に絵画という手法で問かけているのです。皆様の感じた物・・・それが彼が求める本当の答えなのかも知れません。

 

 

わが家のCDコレクションと、棚の中でもすぐに取り出せる位置に並ぶ FAIR WARNINGのCDです。