IRON WORKS SHOW~鉄の芸術~作品のテーマについて

「IRON WORKS SHOW~鉄の芸術~」第2回目のレポートは<作品のテーマ>を中心にお届けします。

近頃は、テレビでも「不景気!不景気!」と、世界中がつまづきを感じ、希望をなくし、せめてもの癒しを求めて…と、文化やスポーツ、食に関することが多く取り沙汰されるようになりました。

 

私達FUJIMURA CONTEMPORARY ART.ではこのような時代の中にも関わらず、昨年からアーティストと情報交換し、直接会いに行った結果、今年こうして皆様の前に作品を披露できるようにまでなりました。このアーティストは、大変多くの勉強を積んで、今の制作に取り組んでいます。才女です。そんなアーティストが、テーマとする<自然と生命>。
自然から生まれるもう一つの宇宙を表現するが如く、新しく斬新な作品を生み出しています。多くのものを様々な角度から学んできた結果、行きついたのは、とてもシンプルなテーマでした。

 

ハーモニーシリーズ2
ハーモニーシリーズ2

 

ハーモニーシリーズ2
ハーモニーシリーズ2

 

前回お届けしたこの才女の操る素材の一つが金属(シルバー)に対し、<自然と生命>を感じさせる中核のモチーフに「植物」という大変柔らかなベースがあります。

 

ここ数年は、インテリアの発展に伴い、一般家庭に飾る花も生花やドライフラワーに限らず、ブリザードフラワーやアメリカンフラワー、ポプリなど、インテリアフラワーの種類も大変増えてまいりました。この作品の金属(シルバー)ではない部分をよくご覧下さい。複数枚に重なり合った柔らかな素材が、大輪の花を咲かせたように、ふくらみと優しい曲線を描いています。この金属(シルバー)以外の素材部分も作品により、少しずつ仕上がりが異なります。軽いもの、しっとり重たさのあるもの…など。

 

このアーティストは「私にとって、自然は大切なもの。温かさを感じることは、自然を感じることではないだろうか。」と問いかけてきます。人は季節を通し、様々な草木や花を目にし、さらに季節を感じるのです。その季節の中に起こった数多くの想い出と共に…。FUJIMURA CONTEMPORARY ART.では、一生残るあなただけの心の花のようなアートをお届けしたいと思っています。

 

キャンバスと共に
キャンバスと共に

 

このような組み合わせも
このような組み合わせも

 

ちょうど今の季節だと、街中の咲きほこる桜を見ると何故かうれしく新しい気持ちになりますね(特に入学する訳でも、入社する訳でもないのに…。)

また、生花の命がほんの僅かなのに対し、ドライフラワーだと花や草木を乾燥させて作る為、色は変わり果ててしまいますが、好きな時期ずっと飾ることが出来ます。

 

それに対し、ブリザードフラワーは生花にオーガニック系の染料を吸わせ、特殊な加工を施すことでナチュラルな姿や風合い、鮮やかな花色を長く保ったまま長期間飾ることが出来ます。これは、欧米諸国を中心に発展した新しい技術の加工花だそうです。このブリザードフラワーは、その花が見ごろを迎えた頃に摘みとり加工する為、花弁のやわらかさも保てるのです。余談ですが、ブリザードフラワーに人気の花はバラだそうです。

 

お客様に頂いたブリザードフラワー
お客様に頂いたブリザードフラワー

 

このように、インテリアとして飾るものに花や草木を用いたいという心理は、世界中の人々が持つ永遠のテーマなのです。そのような中、私共FUJIMURA CONTEMPORARY ART.が取り扱う今回の小さなオブジェは、花を花として生かしたまま飾ることを技術的に考えたのではなく、別の自然の素材を使い、「花のように」美しい作品を創造の中から作り上げたものなのです。