9月はお誕生日ラッシュでした!

皆さん、こんにちは(●^o^●)***
10月に入り、秋満喫していらっしゃいますか?
秋といえば、“芸術の秋” “紅葉の秋” “ファッションの秋” “食欲の秋”…( 最後のが現在の我々にはやや余分ですが(@_@;) )。

 
おかげさまで、フジムラコンテンポラリーアートも今月で3年目に入ります。インフォメーションにも、ギャラリースケジュールにも記しましたが、この2年間、フジムラコンテンポラリーアートをご愛顧賜り、心より感謝申し上げます。本当に有難うございます。これからも、アグレッシブに新しいアーティストとの出会いを求め、世界中から情報収集していこうと心に誓い、皆様方には、より多く足を運んで頂ける永遠にフレッシュなギャラリーを目指します!改めまして、どうぞよろしくお願い致します(^u^)

 

私達にとり、秋は特別なシーズンです。この会社設立時期も勿論のこと、芸術にふさわしいシーズンでもあり、先週報告しました当社の冒険マン(自転車マン)チェ君の誕生日もあり、且つ、当社代表の藤村の誕生日でもあります。ぱちぱちぱち(^。^)y-.。o○(^。^)y-.。o○

当社のことをよく知るお客様方はご存じかと思いますが、我々は比較的慌ただしく日々を過ごしています。しかし、この藤村の誕生日の時だけはお仕事を中断!!みんなで食事会を開催します。

 

去年は、せっかく横浜元町に引っ越したのだから…ということで、元町のフレンチの老舗「霧笛楼」さんにお邪魔しました。今年は、みなとみらいにあるこれまたフレンチの老舗「クイーンアリス」で開催。
ちょうどこの時期、クイーンアリスでは“秋の収穫祭”と銘打って、シェフ選りすぐりの旬の食材を使った特別メニューがあり、思わずそのコースを予約!私は個人的にレストラン内装がお気に入りで、写真も撮りながら…の食事会となりました。

 

いただきますっ(#^.^#)

 

私達に一番合うメニューは最初のアペタイザー“美食家のパレット2009”

8種類のメニューがパレットのようにお皿に並んでいます。「食べるのがもったいない!」とはデートの時にでもないと言いませんね。会社の仲間では「おいしそ~う(^_-)-☆」と言った瞬間からフォークとナイフが動いてしまいます。しかし、これを見ると料理も芸術ですね。おいしそうなのは勿論、シンプルなお皿と美しい色のバランスが見た目の食欲をもそそり、プラス一口サイズのかわいらしさと一つ一つの食材の貴重さが“食”の芸術性をプラスしています。
この不景気な時代に…と思いましたが、なんとレストランは満席。日本は季節を“食”でも満喫できる特別な国ですね。

 

 

 

 

 

 

 

メニューは、「松茸とタラバガニのガレット仕立て」、「カボチャのポタージュ フォアグラのトースト添え」、「オマール海老のフリカッセ」、「とろけるレモンプリン」、「山形牛のトリュフ見立て ポンムムスリーヌオートリュフ」、ラストのデザート(下の写真)「巨峰のジュレ フロマージュブランのシャーベットを添えて」と続き、お腹は満たされるばかりですが、感動はずっと継続。なぜならば、バリエーションが豊かなのと、見た目の美しさと、料理の切り替えが的確な感じではないかと思います。う~ん、お口直しも大事だと感じずにはいられません。

 

サービスの方も説明が丁寧で、タイミングも重要です。一つ一つを味わいつつも見習うことが多い点は、私達が素晴らしいレストランに行く理由の一つ!正直に言うと、理由をつけないといけない気がする程、おいしい贅沢なレストランなんですよね(*^_^*)❤

 

ハイ!チーズ!!

 

お行儀悪いですが一瞬の隙に撮影。

 

いくつになってもおめでたい❤

 

藤村は、この一年の抱負を“新鮮なものを新鮮なうちに(^-^)”

少し奥深いですが、日本全国の多くのアートファンの方に新鮮なアートをお届けすることを抱負とし、言葉の壁を乗り越えながら、世界から日本へ!まだ見ぬアートを!と話しています。会社や、様々なルールに縛られることなく、“Feel~感じる”という言葉を大切に、五感で伝え、感じることに徹していきたいと考えています。
今年も、より多くの方々と楽しい感動的な時間を過ごしていきたいとも思います。どうぞこれからも、よろしくお願い致します。

 

 

石鍋裕シェフがプロデュースする、
フランス料理の名店『クイーン・アリス』
http://ybht.co.jp/restaurant/queen_alice.php