吉野公賀画伯から届いたお便り

昨年から、大きな盛り上がりをみせた『吉野公賀(よしのとものり)』展。震災後に制作した『絆シリーズ』も大変多くの方にご覧頂くことができたように思います。しばらくイベントを控え、アトリエにこもる日々を送った吉野公賀画伯から、皆様宛に嬉しい便りがありましたので、ご紹介します。

 


 

いつもお世話になっております。
おかげさまで、近頃は体調もよく、元気に過ごしています。昨年後半から今年の前半は、近頃の自分にはないほど、活動的に動いた半年でした。勿論、横浜にお邪魔することが、一番の活動内容なのですが…(・_・)★

 

そしてその貴重な時間は、初めてこれだけの多くのお客様と触れ合い、直に作品について語り合ったりする特別な機会となりましたので、自分にとって、大きな刺激になり、新しい作品にも良い形で反映していると思います。また、お客様はじめ、スタッフ皆様方に、いつも気にかけて頂き、本当に感謝です。マイペースで恐縮ですが、新作も描いております(>J<)☆

 

新作
新作

 

製作中の作品の一部
製作中の作品の一部

 

アトリエにて
アトリエにて

 

最近は、地元で大変お世話になっている方の初孫の誕生があったり、友人の画家さんの個展があったり…ボランティアで出来る範囲ですが、そのお手伝いをしたり…。

しかし、トータルでは、1ヶ月で5日程しか外出しなかった・・・なんて月もあります。“まさに、アトリエに篭る!!”生活ですね。

 

実はここ数年、作品表現について迷うことが多いです。 
色々な事を試しながら制作しているのだからかもしれません。活動的だった子供時代とは真逆ですが、アトリエに篭る毎日は、意外にそれほど苦にはなりません(笑) 
子供の頃は野球をしていた事もあり、とにかく外に出かけてばかりでしたから…(・U<)☆

 

和紙
和紙

 

 

アトリエにて

 

5月には、地元の友人とバーベキューを楽しんだりしました。高校時代の同級生とです!たまに持つこのような時間は開放的でいいですね!

その後、6月には、人生初の和紙の紙すき体験にチャレンジ。 
併せて、和紙の作品展を鑑賞。 
私の地元の岐阜県にある美濃市は、1300年以上の和紙の歴史があります。美濃和紙は繊細できめ細やかな風合いを持ち、美しく丈夫なことで有名です。体験と作品鑑賞したのは、『美濃和紙の里会館』というところです。いつか皆さんも機会あれば試してみて下さい。とても楽しいですよ!

 

また、知人の友人で、JAZZピアニスト杉丸太一さんの演奏会にも行きました。地元のレストランで行われました。やはり生の演奏はすごいエネルギーを感じますね。

 

JAZZ演奏会にて
JAZZ演奏会にて

 

そして友人で画家の平野峰生さんの応援。主にPR活動のお手伝いです。平野さんは、鉛筆画のアーティスト。

 

 

「風景は、その地に住まう人々の心映え…笑顔は、人が人を思いやる美しい気持ちの心映え…絵はその美しい心を讃えるためにあると思った。」

 
このようなことを、ホームページで謳っています。この平野さん…フジムラコンテンポラリーアートさんと出会う前、まさに版画『絆シリーズ』を作る前、絆プロジェクトの賛同作家さんでもあるのです。

私は、このような感じでアトリエでの制作をしながらも、たまにリフレッシュで出掛けたり、感性を磨きに自分以外のアートに触れたりしています。

 

アトリエにて
アトリエにて

 

ここ数週間は本当に暑い日が続いていますから、皆様も暑さに負けず、
素敵な夏をお過ごし下さい。またいつの日か、皆様方にお会いできること、楽しみにしています。それまでに色々な事に挑戦し、作品をご覧頂けるようにしたいと思っています。 

吉野 公賀