2012年9月の企画展におけるメイン作品『雅なる京~高山寺』

9月もいよいよ終盤…残暑が厳しい!!。雨が少ない!!

と言っているうちに、気がつけば、まもなく10月『秋本番!』のシーズン到来です。毎年毎年思うのは、9月には衣替えできない!昔とは違う…皆様もきっと同じかと思います(^。^)y-.。o○

 

10月は、また新たな企画で皆様をお迎えするつもりですので、9月まで3ヶ月連続開催した『のりゆき来場展』も間もなく終了です。そこで、今月最後に、のりゆき先生の最新作『雅なる京 ~高山寺』のご紹介をしておきたいと思います。

 

まるで写真のよう
まるで写真のよう

 

奥行きを感じられる作品です。
奥行きを感じられる作品です。

 

今までに発表した3作品とは異なるサイズです。今までは3号サイズでしたが、今回は6号です。

 

額装も今までの棹(木枠)と同じものですが、作品と棹の幅を狭くしてみたり…と、少々変化もありです。ギャラリーご来店済みのお客様は、お気づきになりましたか?これからご来店の方も、是非、そのような細かい点にも注意を払いながら、ご覧いただければと思っております。
また、この『雅なる京 ~高山寺』の作品解説は、このブログ(9月1日公開ーのりゆき特集ー)に詳しくご紹介させて頂いておりますので、ご覧下さいませ。

 

紺碧の空~宴~
紺碧の空~宴~

 

静寂
静寂

 

夕景
夕景

 

10月からは、FUJIMURA CONTEMPORARY ART. 5周年記念祭と題し、当ギャラリー所属のアーティストの競演。様々なジャンルのアートを一気にご紹介させて頂こうと考えております。皆様のお越しを心よりお待ち致しております。