つだなおこ『星屑の子供達』展開催のご案内3

先月のつだなおこ展情報は、ご覧頂けましたか?今回は、より核心に迫りたいと思います。

11月&12月は、FUJIMURA CONTEMPORARY ART.の代名詞と言われる企画 『体験型』ギャラリーのスタイルを取っています。その「体験」とは…まさに、今回のつだなおこ画伯の新技法のひとつなのです。

 

ペタペタ 着色
ペタペタ 着色

 

完成!!
完成!!

 

切り抜きの様子!
切り抜きの様子!

 

これらの写真をご覧頂き、各お客様方が何の体験をなさっているか?お分かりになりますか???

「難し~い!」
「よく分からな~い!!」
そんな声が聞こえてきそうですね(((笑)))

 

ではさらに3枚の写真を公開させて頂きます。

皆様、ギャラリーにリラックスを求めにいらしているであろう…そんな中、私達フジムラコンテンポラリーアートスタッフは、難しい!でもどこか懐かしい!!!体験を、お客様に要求しています。他のギャラリーにはない独特のスタイルであろう…この体験。

 

画伯 自ら説明~!
画伯 自ら説明~!

 

真剣な様子<笑>
真剣な様子<笑>

 

こちらの方もペタペタ 着色
こちらの方もペタペタ 着色

 

「もっとよく見えるメガネを持参すれば良かった!!」と言われたり、「不器用だからこんなの出来ない!!」と放棄されたり…(* *;)

 

鉛筆画の世界に、この発想を持ち込んだアーティストがどこにいるでしょうか? 鉛筆は、アクリル絵の具と合わせようとした際、質感の違いが裏目に出ることが多いと言われます。 そんな中、研究を重ね、フィットする色の重なりを造りあげています。 また、その他…写真で公開したようなスキルは、オリジナリティを追求するアーティストの心意気からしか生まれないものと思います。

 

切り抜くって、難しい・・・
切り抜くって、難しい・・・

 

 かなり沈黙・・・(* *)
かなり沈黙・・・(* *)

 

上手なお客様!
上手なお客様!

 

詳細は、ギャラリーにて。貴方も、大人の“体験学習”経験してみませんか?