開花宣言前なのに咲に咲く元町公園の桜たち 2/2

先日のブログ に続き、今回も元町周辺の桜写真をご紹介します!

 

元町公園から遊歩道を登ると外人墓地の脇に出ます。そこから、山手までも美しい桜を見上げるようにしながら鑑賞することが出来ます。山手の通り沿いも、桜の木と昔懐かしいレトロな建物(今回は、おしゃれな電話BOXを撮影!)などとコラボするユニークな場所となっています。

 

山手のレトロな電話BOX
山手のレトロな電話BOX

 

山手の道を「港の見える丘公園」方面に歩くと、また違った桜に出逢えます。このブログを見て、元町にお出かけ頂いた際には、緑いっぱいの輝く季節ですね!

 

 

また、港の見える丘公園から、元町側に下ってくると、マリンタワーも桜とセットで見学できました!

 

 

その近くには、私達スタッフがオススメする「千代紙の老舗いせ辰」さんがあります。

 

 

今に伝わる美しい伝統の世界。私達のコンテンポラリーなギャラリーが唯一持てない歴史…ここに来ると、また別の感動がありますよ。

 

山下公園 しだれ桜
山下公園 しだれ桜

 

 

 

また、元町には多くの種類の桜があります。来年、桜の季節に元町まで足を運ぶ際は、このブログ思い出してください(笑)

開花宣言前なのに咲に咲く元町公園の桜たち 1/2

先週、ようやく北海道札幌市の桜開花宣言が出されました!今年、皆様はお花見なさいましたか?本日は、札幌開花宣言に伴い、元町の桜たちをご案内いたします。

 

お花見に出掛けられなかった皆様に、ちょっとお楽しみいただく…あるいは、これを機に元町まで足を運んでいただく…そんなブログになればと思います。

 

じゅん会長の頭に花びらが・・・
じゅん会長の頭に花びらが・・・

 

まずは、元町公園より。
撮影日が3月21日、休日の翌日でしたが観光客の多さにビックリです!しかし、予想以上のスピード開花で、皆さん、カメラに夢中~な様子でした。開花(満開時期)宣言より、まだ数日前だというのに、、、また、強風にも耐えた強い立派な桜たちです!生命力を感じます!!!!

 

元町公園
元町公園

 

元町公園全景
元町公園全景

 

太い幹にも開花!
太い幹にも開花!

 

ご近所のリュウ君にも会いました!
ご近所のリュウ君にも会いました!

 

元町公園は、横浜の開港時代、いち早く水道整備を行い、横浜の港に着く船への貴重な水を提供している歴史的な場所です。今は、公園となり、元町らしい坂道を利用した人工的な河もあり、子供から大人まで楽しめるようになっています。

 

山手のレトロな電話BOX
山手のレトロな電話BOX

 

奥にはマリンタワーが見えます!
奥にはマリンタワーが見えます!

JOH NAITO & Steve Hallmark

前回のブログでは、ジョウ・ナイトウ画伯の情報を久しぶりにご紹介しましたが、いかがでしたか?日本では実に有名なジョウ・ナイトウ画伯も、世界的にはまだまだ広めていきたい存在です(世界は広いのです>U<;)

 

私達、フジムラコンテンポラリーアートでは、このジョウ・ナイトウ画伯の実力をもっと世界に広められないか?と、数年前から活動しています。実際、ギャラリーでは展示回数もさほど多くありませんから、このような地道な活動をしていることを、このブログで初めて知る方も多いのではないでしょうか?

 

サインもらいましたよ!
サインもらいましたよ!

 

先生へ鹿肉のプレゼント★
先生へ鹿肉のプレゼント★

 

ジョウ・ナイトウ作品は、今の作品もモチロン素晴らしいのですが、昔イラストレーターとして活躍されていた頃の多くの作品も大変注目で、私達は特に気に入っています。よくよく調べてみると、お隣の国「韓国」でも絵本に、画伯の作品が使用されていたり…とってもワールドワイドなアーティストなのです。

 

新作と共に ハイチーズ!
新作と共に ハイチーズ!

 

作品について語りつくす
作品について語りつくす

 

今回のSteve Hallmark氏との出逢いで、また違う国や地域に、ジョウ・ナイトウ画伯の作品が旅立つのかどうかが大変楽しみでもあります。

 

特に、注目すべきはジョウ・ナイトウ画伯の作品テーマです。

そう!“ワイルドライフアート”というジャンルです。このジャンルは、いわゆる超先進国にしかない発想とアイデアです。しかしながら、昨今、世界中で動物達に対する愛や環境劣化を防ぐ活動、愛護団体の活躍など人間の直接的な行動や活躍と共に、間接的な活動、、、「アート」を通じて表現したり、訴えたりする行為が広がりつつあります。メインは、アメリカ、カナダ…が、中心のようです。

 

新作の会話も弾みます。
新作の会話も弾みます。

 

今回、実は、Steve Hallmark氏がアメリカに帰国する際、ジョウ・ナイトウ画伯の作品を持ち帰っています。フジムラコンテンポラリーアートにて独占発表した 『悠久の大地~祈り~』です。ジークレ版画の一枚を持ち帰っています。

新たなジョウ・ナイトウ画伯の活動拠点ができるよう、私達は考え続けています。そういう意味では、今回のSteve Hallmark氏初来日展は、大きな意味を持ちます。Steve Hallmark夫妻が初めて訪れた日本に感動するのは無理もありません。文化、格式、歴史、勿論、食事やファッション、交通など見るもの全てでしょう。が、特に彼らが口にした「日本人」の素晴らしさ、、、その日本人の中の一人が、ジョウ・ナイトウ画伯でもあったのです。