ゲーリー・ウェルティ来日展2013 報告[3]

今日は、滞在日数が短いにも関わらず…ギャラリーを飛び出して、「日本の夏!」を満喫したフジムラコンテンポラリーアートコレクターとスタッフ、そしてゲーリーウェルティ画伯の模様をお伝えします!

 

お蔭様でお天気にも恵まれ、皆で繰り出したのは…海★☆★ 「日本の夏!」といえば…「花火」でしょ!?『海』+『花火』=『屋形船』ちょっと贅沢な夏のひと時です。

 

通訳の藤村は重要な役割!
通訳の藤村は重要な役割!

 

いえ~い!
いえ~い!

 

笑顔が優しい!
笑顔が優しい!

 

横浜のみなとみらいの港から出航。約2時間のクルーズです。その間には、豪華なお食事が…(食通のコレクターの舌も納得させる美味しいメニュー構成でした!)

お刺身盛り合わせ、金目鯛の煮付け、幾つもの揚げたて天ぷら、大きな海老に、おうどん、特製さつまあげ、果物まで、、、。しかも飲み放題!お腹は、はちきれんばかりに…パンパン!!

 

ほぼ全員の集合写真
ほぼ全員の集合写真

 

お料理の一部!
お料理の一部!

 

た~まや~♪
た~まや~♪

 

クルージングは、ベイブリッジ、インターコンチネンタルホテル、ランドマークタワー、 赤レンガ倉庫、マリンタワー、山下公園…など、横浜の異国情緒が満喫できる遊覧コースです。

2013年9月7日、8日の2日間開催された『横浜スパークリングトワイライト2013』のイベントの一環で打ち上げられた3000発の花火は豪華絢爛。これを屋形船から見学する!というのが、この日の内容です( 充実~☆” 満喫~☆” )。

 

視界を遮るものはなし!
視界を遮るものはなし!

 

ダイナミック!
ダイナミック!

 

ゲーリーも感動!
ゲーリーも感動!

 

海上で見る花火は、すごそこ。また水面に写る反射が穏やかで…緩やかで…華やかで…この日、乗船したのは、屋形船すずよし から独立を果たしたばかりの「屋形船 まつなが」でした。

 

 

 

船の操縦体験も出来、考えられない程の楽しさに包まれた貴重な日本の夏!体験でした。ゲーリーウェルティ画伯も勿論、初体験(U+U”)・。・*’・。・・

 

今回再会し、「再び、日本で仕事することはないものだと思っていた…」と、 さりげなくつぶやいた時の表情は、もの悲しさに溢れていました。しかし、再び、こうして訪れることのできた感動をさらに大きくするものでもあった、この屋形船のクルージングは、ゲーリーウェルティ画伯のメモリーにも残ったようです。

 

また、これからのゲーリーウェルティ画伯を応援しながら、次回の来日の機会を作れるよう、継続的に努力していきたいと思います。ゲーリーウェルティ作品を鑑賞したい方は、ギャラリーまでご連絡下さいませ。

ゲーリー・ウェルティ来日展2013 報告[2]

今日は、ゲーリーウェルティ画伯作品について、少しご紹介したいと思います。

ゲーリーウェルティ作品をご所蔵、あるいは鑑賞なさったことのあるお客様であれば、ご存知でしょうが、彼はアクリルペインターです。アクリル絵の具の特徴でもある艶やかさ、伸びの良さ、薄塗りに適した濃さ…は勿論ですが、作品表面の滑らかさが他の作家の作品とは格段に異なること、お気づきですか?そう言われると、しっかり作品を見てみたい!とお思いの方もいらっしゃるでしょうが…

 

ここ数年、当ギャラリーが取り扱う作品をこのブログに大々的に掲載することは、残念ですが行いません。理由は、作品の質が高いことと、多くの仕入れが出来る状態ではないこと…この2点です。また同時に、パソコンのモニター画面を通して正確にお伝えすることは至難の業ですから…。

 

2人ともいい笑顔(・U <”)
2人ともいい笑顔(・U <”)

 

 

お客様から頂いたケーキを食べる~
お客様から頂いたケーキを食べる~

 

記入のコメントがとても長い!
記入のコメントがとても長い!

 

ゲーリーウェルティ新作の特徴は、キャンバスではなく、アクリルの板に描いていること。また、そのアクリルに色がついているということ(普通は、透明なアクリルの板を選ぶのでしょうが…)

 

貴重な原画作品と
貴重な原画作品と

 

懐かしい再会^^
懐かしい再会^^

 

丁寧な心のこもる仕草
丁寧な心のこもる仕草

 

ハワイ在住の頃は、ハワイの画材店に足を運びます。今は久しぶりに戻ったロサンゼルスの画材店に足を運びます。そこで、「何か違いありますか?」と尋ねたところ…(^。^ )

 

「画材の種類と量が全然違うし…しかも、アクリルの素材自体に違いがあるんだよね…」と。アクリルの固さに違いがあるそうです。いやいや…私共は、アクリルの固さにそんなに差があると…知りませんでした。驚き!!!

 

女子に囲まれて!
女子に囲まれて!

 

引き続きおやつを食す…
引き続きおやつを食す…

 

素敵な笑顔^0^
素敵な笑顔^0^

 

日本では、久しぶりの本格的な和食にも盛り上がりを見せ…「食」の細いゲーリーウェルティ画伯ではありますが、アート以外にも楽しみを感じてくれたようです。

ゲーリー・ウェルティ来日展2013 報告[1]

HELLO(’U ’)*久しぶりに日本に来日したゲーリー・ウェルティ画伯の様子をお届けします。

 

ロサンゼルス生まれですが、ハワイ在住で、ハワイの美しい自然を描くゲーリーウェルティ画伯は、過去に何度も日本を訪れているアーティスト。その昔、版画の販売は全国各地で行われ、ここ10年くらいはオリジナル作品(アクリル画)を数多く発表していました。しかしながら、アート業界の流れも変わり…ここ最近、日本で彼の作品を見かけることは少なくなってきておりました。

 

サインカード持ってます!
サインカード持ってます!

 

原画を手にして・・ドキドキ!!
原画を手にして・・ドキドキ!!

 

携帯の写真は、昔の作品。。。
携帯の写真は、昔の作品。。。

 

ということで、今年フジムラコンテンポラリーアートは長年の夢であった、再びゲーリーウェルティ画伯を来日させたい!!!という思いを実行することに成功しました。 以前に比べ、少しスリムになったゲーリーウェルティ画伯は、素敵な新作を幾つも紹介してくれました。あきらかに腕をあげて…

 

昔話に、花が咲く!!
昔話に、花が咲く!!

 

作品は、お客様からお借りしたもの
作品は、お客様からお借りしたもの

 

通訳は、、、藤村。
通訳は、、、藤村。

 

ゲーリーウェルティ画伯は、今現在アメリカのロサンゼルスに住んでいます。大好きなハワイの生活にピリオドを打ち、ロサンゼルスに新居を構えた理由。

それは、彼が最も成長した証。アート…今までは「絵画」という括りでしか活動していませんでしたが、最近は数多くの「映画」の仕事を手掛けているのです。ハリウッドで、超有名監督、俳優達と時間を過ごしているのです(とはいえ、俳優さんになった訳ではありません。)それは…日本でも大変人気のある誰もが知る映画ばかりで、私どもも話を具体的に伺い、驚くばかりでした。

 

お客様のほうが緊張して
お客様のほうが緊張して

 

ハワイに精通しているゲーリー
ハワイに精通しているゲーリー

 

背後は、旧作。
背後は、旧作。

 

恐るべき成長を遂げたゲーリーウェルティ画伯ですが、「でも、一番楽しいのは絵を描いている時なんだ…」と。

久しぶりに日本で会うコレクター達は、ゲーリーウェルティ画伯を温かく迎え、来日展を満喫したゲーリーウェルティ画伯の笑顔は優しさに溢れていました。