FCAツアー『TRICK or TRIP?』with 吉野公賀画伯 2/2

前回のブログ に引き続き…「TRIP or TRIP」ツアーのご報告!!! 前回も触れましたが、いやはや驚くなかれ~。想像以上の工夫と本格アートに、だまされっぱなしの私達。そして、このブログをご覧頂いている皆様…写真を見ていても、「えっ!?」と思う方、多いはずです。基本的に全て絵画作品です。その絵画(平面)が写真にすると、とても立体的に見えたり、目の錯覚が起きたり…。

 

モナリザと握手(?)
モナリザと握手(?)

 

洋服、ひっぱられてますよ~
洋服、ひっぱられてますよ~

 

座り方、ちょっと違和感あり!
座り方、ちょっと違和感あり!

 

6階は「大世界シアター」。240インチの大型スクリーンで色々な不思議を体験するフロアーです。ここでは3Dメガネをかけて見ます。メガネをかけた後にスクリーンに登場したのは、パンダです☆「パンダフルライフ」 という短編映像が流れます。

 

パンダは氷河期さえも乗り越え、800万年という歳月を生き抜いたのです。しかしこの100年で野生のパンダはたった1600頭に減ってしまい、絶滅の危機に瀕しています。そんなパンダたちの保護施設である四川省の成都ジャイアントパンダ繁育研究基地を舞台に繰り広げられるパンダたちの1年を観ることができます。

 

3Dのメガネをかけているのでパンダたちが飛び出てくるように見えるのも楽しめるポイントですね。同時上映で、目の錯覚についての勉強も出来ます。「トリックアート」が世界で研究されているのには、理由があるのです。きっとこれからも益々、研究されることでしょう。

 

階段はありません。(?)
階段はありません。(?)

 

ねじれています・・・・
ねじれています・・・・

 

ひとつ前の写真の作品解説です。
作品解説です。

 

5階は大学博士が考案した作品から現代作家による作品など、不思議なアートが楽しめるフロアーです。今までのフロアーが絵画でのトリックを楽しむものに対し、5階は立体作品や体験も数多く揃っています。

 

4階は身体を使って不思議な体験・体感ができるフロアーです。頭では解明できない理屈を体感できるので、「お~なるほど!」と、あちこちから声があがる…まさに童心にかえるフロアーです(^u^)

 

 

トリックアートを見た後というのはお腹がすくものなんですね。ランチは中華街の中にある「福満園」に行きました!

 

 

 

 

福満園は、四川、上海、福建、湘南地方の美味しいお店です。私達スタッフ、、、というより、当ギャラリーの金子が猛烈にチェックして、選定したレストランだったようです(+U+;)ランチコースでしたが、驚く程、満足できる内容でした(●^o^●)

 

以前から、たまに行くお店でしたが、こんなにもコース内容が(贅沢で)充実していたなんて…。私は全く知らず。中華料理にはかかせない、エビチリ、チャーハン、北京ダック、飲茶、福満園大人気のマーボー豆腐…などなど美味しく堪能しました。ウチのギャラリーは美味しいものにも「うるさい!!!」いや、、、「こだわる!」んだ~と改めて思う瞬間です。上司、あなどれず…(笑)

 

 

 

 

お食事の後にはなんと吉野公賀先生からのサプライズプレゼントが!!お一人お一人をイメージしてポストカードなどをご用意してくれました☆皆様、大変喜んでいただけました。この場を借りて、吉野公賀先生、本当に有難うございました\(^o^)/

 

今後もフジムラコンテンポラリーアートは、アーティストとお客様が特別な体験を共に過ごせる機会を作っていきたいと思っております!皆様も是非、機会見て、ご参加下さい。そして、未知なる体験を共にしましょう!!!!

 

 

 

最後に、ひとつ、吉野公賀画伯の活動をご報告させて頂きます。

今年は、地元岐阜(東海エリア)での活動が多く予定されています。まず、手始めに、名古屋栄の地下街にて、次の「絆シリーズ」の展示会の告知イベントを明日の夜まで開催中。ギャラリーで販売していた「絆シリーズ」のポストカードセットの販売などを、名古屋で来月開催されるクリエーターズマーケットで行う予定です。

 

少しずつ、「絆シリーズ」を全国区に広めようというささやかな企画です。また、皆様にも色々な報告をしてまいりますので、お楽しみに!