スティーブ・ホールマーク来日展2013 ご報告(1)

今日は面白いブログです(へU<’)

 

先日、日本に初めていらっしゃったフジムラコンテンポラリーアート専属のオブジェアーティストSteve Hallmark氏のプライベート写真をちょっぴり公開します。

 

雷門にて
雷門にて

 

彼らの住むアメリカ合衆国アリゾナ州セドナは、赤い岩山に囲まれた乾いた土地。アメリカの内陸にあたるところです。よって、「海」に触れ合うことが大変貴重なことなのだそうです。私達のギャラリーのある場所「横浜元町」は、山も海も近く、ましてや都会…贅沢な環境ですね!

 

世界的に有名な高級リゾートのセドナも、住人にとっては日頃に叶わぬリラクゼーションが、海を見ること。とってもシンプルなことです。よって、スティーブ・ホールマーク夫妻も一年に一度は海を見に出掛ける予定を立てるのだそうです。

 

初めて見る超豪華なケーキ!
初めて見る超豪華なケーキ!

 

また、アジアのリゾートには出掛けた経験もあるのだそうです。タイやインドネシア…など。アジアの文化にもとても興味がある2人。海の美しい島々は、乾いた大地がぐんぐん水を吸うよう、彼らにも新しい刺激を与える環境のようです。

 

しかし、初めて訪れた日本は、予想以上の国!!!!スティーブ夫妻は、声を揃えて、「ファンタスティック☆~!」と何度もおっしゃっていました。

 

すき焼きに感動!
すき焼きに感動!

 

お寿司屋にて
お寿司屋にて

 

彼らが日本滞在中に食したものは… すき焼き、寿司、会席料理、おかきに豆菓子、うどんに天ぷら…数え切れず。併せて、イタリアンや本格韓国料理なども経験。日本は、繊細な料理、美しい盛り付け、新鮮な食材、こだわった調理法。よく知るイタリアンでも、日本で食す味は格別だと…。

全てが丁寧で、細やかで、奥深く。 毎日が驚きの連続だったようです。さすが世界トップの評価を得るアーティスト。見ている観点が、随分と深い部分で事細かなのです。料理を持参する仲居さんの立ち居振る舞いや、サービスの仕方。笑顔。気遣い…そんな部分がとてもとても目に付いたようで、常に「ファンタスティック☆」と口にするようになってしまっていたそうです。

 

私達スタッフから見ると、素敵で大人なお二人なのですが、ちょっとキュートな面も垣間見れて、巨匠に親近感を持つことの出来る不思議な時間ともなりました。お二人に会うことが出来たお客様はいかがでしたか? これからも、スティーブ夫妻については、このブログでご紹介してまいりますので、楽しみになさっていて下さい。