ウレ・リトゲン来日展2013 vol.5

本日のブログでは『ウレ・リトゲンDVD』について、ご紹介します。

ここ数週間、このブログでは、過去のウレ・リトゲン展のイベントについてご紹介しています!そのウレリトゲン展の中で、お客様方にご覧頂きましたウレリトゲンDVDは、大変貴重な内容でした。

 

ウレリトゲン氏自身がこの時に発表した新作についても勿論のこと…ご本人の住むドイツの町並みや大聖堂、それは世界遺産だったりしています。DVDをこのブログで完全には再現しにくいのですが…。前置きはこの辺りにして本題に移ります!

 

シュバイヤー大聖堂
シュバイヤー大聖堂

 

周囲は広いスペースがあります
周囲は広いスペースがあります

 

内部
内部

 

ウレリトゲン画伯が最初に案内してくれた場所は、1981年ユネスコの世界文化遺産に登録された『シュバイヤー大聖堂』です。

 

この大聖堂は、マンハイムの近くにある都市シュバイヤーに、シンボル的な存在として君臨。多くの観光客を世界中から集めます。この大聖堂は、1030年に建築が開始され、1061年に完成。ドイツロマネスクの先駆けを思わせる建物。4本の尖塔と丸屋根が印象的な外観もさることながら、均整の取れた十字廊のある内部も必見!!! 最大の見どころは、ドイツ最大級といわれる地下聖堂部分で、ここは皇帝らが眠る安息の場となっています。

DVDでは、ウレリトゲン氏自身が、この大聖堂の中を歩き、案内してくれています。非常にロマンチックな情景が続き、歴史やその重みも感じさせつつ、 世界遺産の身近さをも伝えるものですね…。

 

サンタクロース
サンタクロース

 

 

 

ウレリトゲン画伯が、このDVDの撮影に関わっていたのは、クリスマス時期でした。ドイツのクリスマスは華やかですね(#^.^#)」

 

 

 

 

DVDでは、シュバイヤーの案内後、ドイツのハイデルベルグという町を案内してくれます。

 

ハイデルベルグ
ハイデルベルグ

 

ハイデルベルグ
ハイデルベルグ

 

ドイツ北西部にある市。ドイツ一古い大学都市と言われる文明高き都市。旧市街にあるのは、世界的に有名なハイデルベルグ城。様々な思想家や詩人、学者が行き通い、立ち止まっては思いにふけったと言われる「哲学者の道」もあり、観光で出向いても見学する箇所は実に多い素敵な街です。

 

 

ウレリトゲン画伯は、仕上げた作品解説のみならず、自分の生まれ育ったドイツをも紹介。

世界遺産から街並み、ドイツのクリスマスまで…非常に多忙なアーティストであるにも関わらず、その合間をぬって、日本のファンへメッセージを伝えてくれるのです。

 

今回はそんなウレリトゲン画伯自身が、ここフジムラコンテンポラリーアートまで足を運んで下さいます。今、ギャラリーには過去に発表した23作品すべて展示しています。是非、お見逃しなく!!!!!

vol.6へ続きます。