2つの才能を持ち合わせる作家、ウレ・リトゲン画伯来日!

いよいよ作家と対面!
「ウレ・リトゲン来日展2013」、当日の様子をお伝えいたします☆

 

7月20日、フジムラコンテンポラリーアートにて、記念すべき3度目のウレリトゲン画伯来日展が開催されました。作家自身がギャラリーに足を運ぶのは約3年半ぶり!1度目は2009年6月、2度目は2010年1月、、、そして今回、久しぶりの日本、絵画ファンに久々に会える…ということでウレリトゲン画伯も心待ちにしてくださっていた当日。

 

今回初めてご参加頂いた方はドキドキ…毎度ご参加頂いている方は待ちに待っていた夢の再会…皆様、暑い中早めに会場(フジムラコンテンポラリーアート)にお越しくださり、拍手でウレリトゲン画伯をお迎えいたしました!

 

ギャラリー入口からの様子
ギャラリー入口からの様子

 

筆を手にとりつつ説明するウレ画伯
筆を手にとりつつ説明するウレ画伯

 

新作についても解説して下さいました
新作についても解説して下さいました

 

作家のトークショーでは、プライベートなお話から、使っている画材について…今回発表となった新作については作品の世界観やこだわり、伝えたいメッセージなど心内を熱く語って頂きました。

 

トークショー中には、新作2点をライトアップし、光の風合いを楽しみました。また、新作『SLEEP』『GATE OF LIGHT』は、額装された状態を見るのは作家もこの日が初めて。「上品な額だね、とても気に入ったよ。今回の世界観やテーマにマッチしていると思う」などなど、嬉しいお言葉も頂きました。

 

作品についての質問タイム
作品についての質問タイム

 

トークショー後は、特別に、ウレリトゲン画伯ご自身への質疑応答や、サインカードを頂く…等、フジムラコンテンポラリーアートでしか体験出来ない特別なお時間をくんで、自国ドイツの歴史や、今日の芸術に対して…様々なお話を頂きました。

 

 

 

この度初めてご来場頂いた皆様に感想を伺ってみると、

『参加出来て良かったです!本当に素晴らしい時間となりました。画廊は、敷居が高いイメージがあったんですけど…作家を通して、芸術を身近に感じる事が出来ました。こんなに近くで、直接お話が聞けるなんて…とにかく感動の嵐でした。』

と、終始感動の嵐で興奮状態だった事をお話してくださいました♪

 

FCA限定のサインカード
FCA限定のサインカード

 

作品を見るだけでも充分に感動は出来ますが…やはりアーティストとの対面、作品に対しての思い入れやメッセージを受け取れる機会は大変貴重です。音楽家でもあるウレリトゲン画伯は、翌日来日ライヴを控えているにも関わらず、お時間ギリギリまで、ご来店頂いた皆様に笑顔でお話されていました。

 

この度の来日展でスタッフが得たものは大きく、海を越えて作品が届く歓びを再感し、ヨーロッパの歴史や文化を毎年届けてくださる作家・ウレリトゲン画伯とも今展を機に、より深く信頼関係が築けるだろう…という想いを抱けた一日となりました。

勿論、20日以降もお客様のご来店は途絶えることはなく…会期終了まで沢山の方に楽しんで頂きました。この場をお借りしまして、改めて、ウレ・リトゲン来来日展2013にご参加頂き、アートを通して素晴らしい時間を共有出来た皆様に、スタッフ一同感謝申し上げます。ありがとうございました(^v^)