ゲーリー・ウェルティ来日展2013 報告[3]

今日は、滞在日数が短いにも関わらず…ギャラリーを飛び出して、「日本の夏!」を満喫したフジムラコンテンポラリーアートコレクターとスタッフ、そしてゲーリーウェルティ画伯の模様をお伝えします!

 

お蔭様でお天気にも恵まれ、皆で繰り出したのは…海★☆★ 「日本の夏!」といえば…「花火」でしょ!?『海』+『花火』=『屋形船』ちょっと贅沢な夏のひと時です。

 

通訳の藤村は重要な役割!
通訳の藤村は重要な役割!

 

いえ~い!
いえ~い!

 

笑顔が優しい!
笑顔が優しい!

 

横浜のみなとみらいの港から出航。約2時間のクルーズです。その間には、豪華なお食事が…(食通のコレクターの舌も納得させる美味しいメニュー構成でした!)

お刺身盛り合わせ、金目鯛の煮付け、幾つもの揚げたて天ぷら、大きな海老に、おうどん、特製さつまあげ、果物まで、、、。しかも飲み放題!お腹は、はちきれんばかりに…パンパン!!

 

ほぼ全員の集合写真
ほぼ全員の集合写真

 

お料理の一部!
お料理の一部!

 

た~まや~♪
た~まや~♪

 

クルージングは、ベイブリッジ、インターコンチネンタルホテル、ランドマークタワー、 赤レンガ倉庫、マリンタワー、山下公園…など、横浜の異国情緒が満喫できる遊覧コースです。

2013年9月7日、8日の2日間開催された『横浜スパークリングトワイライト2013』のイベントの一環で打ち上げられた3000発の花火は豪華絢爛。これを屋形船から見学する!というのが、この日の内容です( 充実~☆” 満喫~☆” )。

 

視界を遮るものはなし!
視界を遮るものはなし!

 

ダイナミック!
ダイナミック!

 

ゲーリーも感動!
ゲーリーも感動!

 

海上で見る花火は、すごそこ。また水面に写る反射が穏やかで…緩やかで…華やかで…この日、乗船したのは、屋形船すずよし から独立を果たしたばかりの「屋形船 まつなが」でした。

 

 

 

船の操縦体験も出来、考えられない程の楽しさに包まれた貴重な日本の夏!体験でした。ゲーリーウェルティ画伯も勿論、初体験(U+U”)・。・*’・。・・

 

今回再会し、「再び、日本で仕事することはないものだと思っていた…」と、 さりげなくつぶやいた時の表情は、もの悲しさに溢れていました。しかし、再び、こうして訪れることのできた感動をさらに大きくするものでもあった、この屋形船のクルージングは、ゲーリーウェルティ画伯のメモリーにも残ったようです。

 

また、これからのゲーリーウェルティ画伯を応援しながら、次回の来日の機会を作れるよう、継続的に努力していきたいと思います。ゲーリーウェルティ作品を鑑賞したい方は、ギャラリーまでご連絡下さいませ。