首長族!!!

実のところ、かなり前の旅の報告ですが、スタッフKは、タイ北部の町『チェンライ』を訪ねました。

そうです、ここは首長族の村に最も近い町なのです( `ー´)ノ どうしてこの村に出掛けたの???? 世界中、旅するところはいくらでもあるというのに! と、何人の人(お客様)にも言われました。それは…色々とありまして(*U *”)=☆

 

あっ顔の大きさに差が
あっ顔の大きさに差が

 

華やかな衣装
華やかな衣装

 

こぼれる笑顔☆
こぼれる笑顔☆

 

 

タイの玄関口「バンコク」には数回旅をしました。初めてのバンコクの旅は、20年近くも昔。そこから比べると、驚くほど経済成長を果たし、今や大都会です。

 

タイは、親日の方も大変多く、非常に温厚で、旅をしていても心地よい国です。料理も勿論美味しいですし、世界遺産やお寺、工芸品から民族的な品まで…実に豊かで、様々な経験ができるところです。旅はオススメですよ★☆

 

国境沿いの川
国境沿いの川

 

村の入口にて
村の入口にて

 

両サイドは家、店
両サイドは家、店

 

 

訪れた首長族の村は、チェンライの空港から1~2時間ほど車で走った場所にあります。元々、ミャンマーとの国境沿いの山の奥地に住んでいたこの首長族の人々は、観光の為(それは、ご本人達の生活資金として)、この村まで降りてきて住む場所を作ったのだそうです。

 

その場で生活をし、機織りで紡いだきれいなストールやマフラーなどを販売しています。世界中から集まる観光客は、彼らの本来の居住区に立ち入ることなく、この村で見学できる…ということなのです。しかし…かなり山奥ですよ。

 

首長族の男性
首長族の男性

 

小さな学校。手前はTV
小さな学校。手前はTV

 

すべて手織りの商品
すべて手織りの商品

 

首長族は、その昔、満月の水曜日など特定した日に生まれた女の子が選ばれて首を長くしたのだそうですが、今はほとんどの女性が首長の伝統を守るため、首を長くするように変わってきたそうです。笑顔の素敵な方達です。ちなみに男性は普通。首の長さを美しさと捉えるのは女性のみなのです。

 

私が驚いたのは、、、この小さな村の中にある小学校(保育施設)です。かなり小さな子供から授業に参加していましたが、皆で先生に勉強を教わっていました。なんとそこには、テレビが…!
自給自足の慎ましやかな生活の中に、あきらかに異質なものが(+U+)!テ・テ・テ・テレビが~。

 

 

フジムラコンテンポラリーアートでは昨年末、つだなおこ『星屑の子供たち』展を開催しました。その際、つだなおこ画伯が「地球上の全ての生物は、星屑で出来ているんです。」と話しながら、目をキラキラ輝かせて、「だから地球上の全ての人は兄弟や姉妹。もとをたどれば、動物達とも兄弟です。私の子供の頃の憧れ『カール・セーガン博士』はそう教えてくれました!」と、話してくれました。

 

その際、先生のその心に後押しされ、私達は企画展の中で「地球誕生の歴史」を年表にしてみました!世界には、肌の色の違い、体型・体格差、瞳の色の違い、勿論、言語や食文化など様々異なるものを持ち、多くの人がひとつの地球に生きています。
そう思った時、自分とは全く違う人生を歩む、日頃会えない人との触れ合いをしてみたい!と思い、首長族に会う旅を盛り込んでみました!!!

 

つだなおこ画伯とは今年も数回お会いしています。今年は!今年は!!今年は!!!新しいことにチャレンジする☆ずっと前から興味があったことに挑戦する~!!笑顔の中の真剣な眼差しが…しかし、相変わらず、パワフルでキュートな方です。FCAの姫です(@・@”)!

 

そんなつだなおこ画伯が2013年最後のイベントを飾ってくれます。お楽しみに!