FCA所属アーティストによる、年賀作品(2014)

本日は、ベトナムツアーの旅ブログを一回お休みして、フジムラコンテンポラリーアート(FCA)のアーティスト達による年賀状作品のご紹介をさせて頂きます。

 

面白いものから、笑えるもの、あっそんなのばかり!?いえ、シリアスな作品まで、相変わらず幅広くお楽しみいただける内容ではないか?と自負しております。

クリスマスカードとして郵送くださるアーティストもあり(U. U”)1月も残りわずかです。インフルエンザやノロウィルスが大流行の季節ですが、元気に今年もフジムラコンテンポラリーアートでお楽しみ頂ければ幸いです。

 

まずは、のりゆき画伯から。

 

のりゆき画伯
のりゆき画伯

 

午年なので、午に乗って駆け巡る当社代表の藤村…と言いたいところですが、よ~くご覧下さい。馬ではなく、「犬」です。そうなのです!!フジムラコンテンポラリーアートの看板犬『じゅん』がモチーフとなっています(笑)ぷぷぷっ…。

 

愛らしい作品は富士山と共に大変めでたい雰囲気と勢いを感じさせるものですが…こちら「岩絵の具」を使用した日本画となっております。いちお、日本画の概念の一つは、岩絵の具で描かれた作品であること、なのですが、、、いや、どう見てもそんな伝統を微塵も感じさせないコンテンポラリーだと思うのは、私だけでしょうか!?

 

 

次に、ワイルドライフアート界の巨匠といえば、ジョウ・ナイトウ画伯に他なりませんが、これもまた偶然、「馬」ならぬ「看板犬」にて失礼致します(I。I”)

 

ジョウ・ナイトウ画伯
ジョウ・ナイトウ画伯

 

随分以前から、当社の看板犬を是非描いて頂きたいとお願い申し上げていた中、ようやく完成し、この1月の年賀作品公開の場でお披露目となりました(パチパチ)ユニークな作品が多い中、非常に匠の技が光る作品で、ましてや想像以上にそっくりなので、スタッフ一同驚きが隠せない作品です。

 

「貴重な作品だな~~~」ということで、額装もちょっと凝っています。ご自身のペットを先生に描いて頂くご注文の際に、今後、見本となる作品となりそうです。「そんなレアな企画…贅沢すぎる!」ぼやきに似たつぶやきがこぼれます。 愛するペットは飼い主にだけ見せるちょっとした表情などが重要なポイント!!!動物を愛するナイトウ画伯ならではの観察眼あってこその作品だと思います。

 

 

続いては、つだなおこ画伯!

 

つだなおこ 画伯
つだなおこ 画伯

 

ちょうど1月の企画展開催中のつだなおこ先生。乗馬しているのが当社代表の藤村。槍を持つのが金子。その隣、なぜかフォークとナイフを持って楽しそうに「いざ!」なんて言っているのが堀田。最も特徴を捉えているのが、何故かこの走り出すタイミングに、かばちゃんとうどんを食べている鈴本。この会社…大丈夫なのか!?そう思わざるを得ない大作です(笑)会長のじゅんも走り出しています…zzz

 

 

ゲーリー・ウェルティ 画伯
ゲーリー・ウェルティ 画伯

 

2013年、7年ぶりに日本に来日してくれたゲーリー・ウェルティ画伯。なんとユニークなことに…板の上にメッセージを書いてくれています。ハリウッドでも大活躍中のゲーリーウェルティ画伯。ユニークさとアイデアはピカ1☆です。

 

 

吉野 公賀 画伯
吉野 公賀 画伯

 

吉野公賀画伯の作品。写真では分かりにくいのですが…立体的になっている部分があります。色々な想いを込めて制作されたこの作品と共に、新しい一年の始まりに新作を提供して下さいます。2

月は、最新作&未公開作品を発表。是非、皆様お誘いあわせの上、ひとつ成長した吉野作品をご覧下さいませ。

 

 

Katsu 画伯
Katsu 画伯

 

2013年秋に初めてフジムラコンテンポラリーアートでの個展を開催したKatsu画伯。福岡在住の作家で、関東での個展は初めての経験でした。フレンドリーで好奇心旺盛なFCAのコレクターと会い、色々な質問攻めに…!?

シンプルにまとめられた作品の中に込められた文字には、心のこもったメッセージが。元来、油彩を得意とする画伯が、段ボール素材の紙にさらりと描き上げてくれています。

 

 

steve&robin メッセージカード
steve&robin メッセージカード

 

 

アメリカセドナからクリスマスに届けられたメッセージカードは、ウッドスカルプチャーアーティストのスティーブ・ホールマーク画伯。そしてパートナーのロビンさん。とっても愛のこもったメッセージを美しいカードにしたためて下さいました。強調したい部分にマルで囲むちょっとチャーミングなカードなのです。

 

FCAでは、『すてぃーぶしんぶん』を昨年より発行しています。本格的な、でも少しだけお茶目な新聞で、1面記事から3面記事まで掲載。内容は、来日情報、セドナのこと、作品のことなど…なかなか個人では入手できない内容も盛り沢山のレアな新聞です!!なんと新聞の題字は、FCAのスタッフ金子が書きました!わはははは…(Y。Y・)☆そんな点もご覧頂ければ嬉しいです。

 

意外と細かいところまで考え、オリジナルに仕上げた新聞なのです。今、まだこの新聞をご覧になっていらっしゃらない方で、ご希望の方には、お渡ししております。スタッフまでお声をかけて下さい。

 

 

ule.w.ritgen 画伯 メッセージカード
ule.w.ritgen 画伯 メッセージカード

 

ドイツからは、ウレ・リトゲン画伯のクリスマスカードが届きました。表にはドイツ語がプリントされているので、ちょっと異国を感じられる可愛いカードです。メッセージは、フジムラコンテンポラリーアートのホームページ、ウレ・リトゲン特設サイトのインフォメーションにも掲載しています。

新しい年を迎え、この2014年に発表する新作についても、検討頂けるようで、我々スタッフも楽しみにしているところです。昨年は来日という大変”濃い”時間を過ごせましたので、その余韻に浸りながら、次回作を心待ちにしたいと思っています。

ベトナム旅行記 by HARUMI様

ベトナムツアー レポート第2弾!!

今回は、私どもフジムラコンテンポラリーアート(FCA)の海外ツアーに初めてご参加頂いたHARUMIさん作成のレポートです。FCA海外ツアーは、毎回私金子が立案から行程までの全ての窓口をさせて頂いております。元々、旅が好きなこともありますが、基本欲張りな性格の為、毎回旅行代理店の方の全面バックアップ状態まで 条件・行程を引き出すのが仕事です(笑)

 

そんな私が有難いな~としみじみしてしまうポイントのひとつが…海外旅行初体験のお客様のご参加です。きっとご自身では、なかなか海外旅行にご縁がなかった方が、「みんなで行けるなら参加してみたい!」と、思い切ったところ…想像以上の楽しさで、「あれまぁ~びっくり!!はまっちゃいます!!」なんて感想をお話し下さる瞬間です。

今回のHARUMIさんも、そんなお一人。嬉しい言葉が溢れるレポートお楽しみいただければ幸いです。

 


 

今回、海外旅行ツアーに初参加させて頂きました!海外旅行自体がが初めてだったので行くまでは 不安が大きかったのですが、とても楽しい旅になりました。

 

1日目は水上人形劇観賞♪ 名前の通り水上での人形劇!まず水の上でということに驚き、人形の動きがとてもよくできていることに驚きました。演目は、田植えとか、日常生活や伝説など。言葉がわからないのでどういう様子を表現しているのか、イメージしながらの観賞で、それもまた面白かったです。動きが巧みで表情豊かで言葉がわからなくても楽しめました。できればどんな風に操っているか舞台裏を見てみたかったですね!

 

水上人形劇
水上人形劇

 

劇場前にて
劇場前にて

 

親子写真?
親子写真?

 

2日目のハノイ観光では、長いベトナムの歴史の年月の事を考えればほんの触り程度ですが、ベトナムの歴史・文化を知り、肌で感じることができ、興味深かったです!

 

観光の中で立ち寄ったホアンキエム湖は水上人形劇の演目で出てきた場所で、亀の神様が実在しているそうです。年に何回か水上に出てくるそうで、出てくるとニュースで放送されるとか。そんな話も面白かったです☆

 

信仰心の高い国民性が感じられます
信仰心の高い国民性が感じられます

 

博物館前
博物館前

 

旧市街の散策も印象的です。日常的に鳴り響くクラクション、土埃、大きな街路樹、車、バイク、グシャグシャの電線、綺麗な建物、工事中の建物、物を売る人、商売をしている人々、買い物をしてる人々。

車やバイクが行き交う中での道路横断。エネルギーが満ち溢れていて力強い、色々なエネルギーが結びついて、宇宙のように新しく何かが生まれていく、そんな印象を受けました!

 

活気溢れる街中で…
活気溢れる街中で…

 

3日目はバッチャン村見学、ハロン湾クルージング★

 

ニコニコ笑顔♪
ニコニコ笑顔♪

 

船上でのランチ
船上でのランチ

 

ハロン湾は寒いと聞いていましたが天気も良く、ちょうどいい気候でクルージング日和!垂直な壁面の奇岩が立ち並び、まるで水墨画の中に迷い込んだような不思議な気分になりました。運よく行くことができた鍾乳洞散策。鍾乳洞初心者の私はスケールの大きさに圧倒されました。

 

人生初の鍾乳洞★
人生初の鍾乳洞★

 

洞窟の中は綺麗にライトアップされていて幻想的で…私達が行ったところは水のない鍾乳洞で、雨水が浸透し鍾乳石を作っていくため、一般的な鍾乳洞よりなん十倍も成長するのに時間がかかるそうです。その年月を考えると、なんとも言えぬ気持ちになりました。

 

船上でのお料理はもちろん美味しく、看板に出て景色を見たり写真を撮ったりと皆さんで大騒ぎ(笑)陽気で明るく、はじけていてとても楽しかったです♪

 

あらためて、日本の歴史、伝統文化、工芸など、日本の素晴らしいところを学びたいと思いました☆あっという間の三泊四日。みどころ満載で駆け足で見て回る感じでしたが内容の濃い、とても充実した時間でした。

 

それも、ギリギリまで出張があったりととてもお忙しい中、細やかな気遣いや調整をしてくださったオフィスフジムラの皆様、そして現地ツアーガイドをしてくださった皆様のおかげです。本当に有り難う御座いました!

これからもオフィスフジムラの皆様と、ギャラリーを愛している皆様と歩んで行けたらと思います。これからもどうぞ宜しくお願い致します♪

 


 

このような有難いお言葉を頂戴し…ますます頑張ろう!!!と盛り上がる分かりやすい私達スタッフ☆今年も皆様にギャラリーでも沢山、感動・発見・驚き…を共有頂けるよう頑張ります。

ベトナム旅行記 by TOMOHISA様

皆様、こんにちは(Y。Y”)寒い日が続きますが、お元気に毎日をお過ごしですか?本日のブログより、昨年のフジムラコンテンポラリーアートのBIGイベント「海外ツアー第5弾☆FCAベトナムツアー」のご報告をさせて頂きます。

 

毎年恒例のFCA海外ツアーは、毎回旅行代理店を悩ませる、盛り沢山の内容を詰め込んだ強行スケジュールの行程で…。過去、韓国、香港、台湾などを訪問。

今回は、ベトナムに行きました!!遂に3泊4日の行程に変わり…盛り上がりもさらにパワーUP!!といったところです。そして、そして、毎回ご参加のお客様方からレポート提出頂き、このFCAブログで公開させて頂いている企画。今回も同様。数名のお客様にとっても素晴らしいレポートを作成頂きましたので、早速公開してまいります。

 

トップバッターは、、、じゃ~ん♪ ♪ ♪ TOMOHISAさま。余りにも素晴らしいレポートで事前に我々が解説する必要もない レベルの内容です。お楽しみください(・U *”)

 


 

さー楽しむぞ!
さー楽しむぞ!

 

【1日目】

成田空港10:30発、VN311機に乗り込みさー出発。定刻通り、約6時間足らずでハノイ空港へ到着。いよいよ旅の始まりです。

 

余裕の藤村社長
余裕の藤村社長

 

ベトナム到着後、現地ガイドのクオンさんのお迎えでバスに乗り込み、まずは彼からベトナム語のレクチャーです。シンチャオとは(おはようございます、こんにちは、こんばんは)の意味で、カムオンとは(ありがとう)の意味です。

 

現地ガイドのクオンさん
現地ガイドのクオンさん

 

ハノイ郊外の街並
ハノイ郊外の街並

 

約1時間後、ホテル日航ハノイへ到着。ホテル日航ハノイへ到着後、まずはチェックイン。

 

安部首相やクリントン元大統領も宿泊したホテル
安部首相やクリントン元大統領も宿泊したホテル

 

次はベトナム伝統芸能のひとつ水上人形劇を鑑賞しました。劇の途中で花火や煙が舞い、まるで映画のシーンを見ているかの如く、とても感動いたしました。

 

日本舞踊のような舞
日本舞踊のような舞

 

スタッフの皆さんがご挨拶
スタッフの皆さんがご挨拶

 

水上人形劇も終わり、次は夕食へと移動。夕食はもちろんベトナム料理です。早く食べたいな。食べるなら「今でしょ」。

 

ハノイビールで乾杯!
ハノイビールで乾杯!

 

フォーも最高!
フォーも最高!

 

こんな感じで、あっという間に一日が過ぎ去りました。あー疲れた。これから今日の疲れを癒しにベトナム式マッサージに行ってきます。お休みなさい。

 

【2日目】

朝はゆっくり目のAM9:00にホテルを出発。今日の予定はハノイ市内観光です。

まずは、ホーチミン廟を見学しました。今日は日曜日で朝から人混みで長蛇の列。並ぶこと約40分、ようやく中に入りました。もちろん、撮影は禁止です。ここにベトナムの父、ホーチミン主席が冷凍で永久保存されています。その周りを警備兵が取り囲み、一瞬、緊張が走りました。日本では考えられない光景を目にしました。

 

ホーチミン廟をバックに記念撮影
ホーチミン廟をバックに記念撮影

 

そのまま徒歩で一柱寺を見学しました。
名前の通り一本の柱で支えられた小さなお堂です。
ハスの花をイメージして作られています。

 

一柱寺で参拝
一柱寺で参拝

 

次は、寺院の真武観を見学しました。

 

礼拝寺院の真武観
礼拝寺院の真武観

 

蛇と亀の銅像があり、これに触れるとご利益があるといわれています。中で真剣に武道をやっていました。

 

武道も真剣
武道も真剣

 

門の右側に昇龍、左側に虎
門の右側に昇龍、左側に虎

 

アオザイ娘と記念写真
アオザイ娘と記念写真

 

さらに奥に進むと、広場で来年卒業予定の大学生たちが集まって記念写真を取り合っていました。日本では見られない光景を目にしました。

 

大学生の卒業記念写真
大学生の卒業記念写真

 

萬世師表が掲げられた祭壇
萬世師表が掲げられた祭壇

 

あっという間に半日が過ぎ、ようやく昼食です。お腹もすきました。昼食もフォーとハノイビールです。もう、はまってしまいました。はまるなら「今でしょ」。

 

フォー&ハノイビール
フォー&ハノイビール

 

十分に腹ごしらえをした後、歴史博物館を見学しました。ベトナムは54の民族から成り、日本と違い多民族国家です。ベトナム人を見るとどの人も同じ雰囲気にしか見えませんが、54の民族がいるとは想像がつきませんでした。

 

かつて、ハノイは「昇龍」と呼ばれて、ハロン湾のハロンは「降龍」と呼ばれていたそうです。「龍」と言えば中国ですね。館内にも中国の書や土器等が展示されており、中国支配下時代の名残がありました。

 

クオンさんのレクチャーも真剣
クオンさんのレクチャーも真剣

 

歴史博物館をバックに記念写真
歴史博物館をバックに記念写真

 

次は、玉山祠を見学しました。

 

入口に福と禄の文字
入口に福と禄の文字

 

ここの目玉は1968年にホアンキエム湖で捕獲された2メートルの巨大亀の剥製が展示されています。

 

巨大亀の複製
巨大亀の複製

 

さらに奥に進むとホアンキエム湖が見えてきます。ここで一息休憩です。すごくのどかな雰囲気です。夜のライトアップも見たかったけど残念です。

 

のどかな雰囲気
のどかな雰囲気

 

スタッフ鈴本さんと記念写真
スタッフ鈴本さんと記念写真

 

ホアンキエム湖を後にして、ハノイの街中を散策しました。

 

 

街の様子はとにかくバイクが多い。こんなにバイクが多いのに交通事故はほとんどないのが不思議なくらい。

 

 

また、驚いたことにコンビニが一軒もない。理由は個人商店が多く、出店しても採算が合わないとのこと。ファーストフード店もケンタッキーが数件ある程度で、世界のマクドナルドもない。今のハノイはちょうど日本の高度成長期の手前のようです。

 

ハノイの散策も終え、ホテルへ戻って一息休憩後、夕食へと向かう。店がライトアップされたお洒落なお店です。店内に入るとメキシカン系の雰囲気が漂うレトロな感じ。今回はハノイビールをやめてマンゴジュースにチャレンジです。味が濃くて美味しかったです。

 

マンゴージュースで乾杯!
マンゴージュースで乾杯!

 

ライトアップされた店内
ライトアップされた店内

 

夕食後、ホテルへ帰りそのまま部屋へ直行。明日の朝は早いので寝ます。お休みなさい。

 

【3日目】

朝は早めのAM:7:00にホテルを出発。今日の予定はバッチャン村見学とハロン湾クルーズです。

バッチャン村の見学です。この村でベトナムを代表する伝統工芸のひとつバッチャン焼きで陶器を作っています。ここで作られたコーヒーカップ、茶碗、湯呑み、皿等をアジア、ヨーロッパ等に輸出しています。工房の見学と実際に作っているところを見せて頂きました。

 

バッチャン村の風景
バッチャン村の風景

 

バッチャン焼きの陶器
バッチャン焼きの陶器

 

工房の中
工房の中

 

職人さんと記念撮影
職人さんと記念撮影

 

バッチャン村を後にして、いよいよ今回のメインイベントである世界遺産のハロン湾へと向かいます。

バスで3時間余り、ようやくハロン湾に到着。まわりは岩だらけでしたが、すごく迫力がありました。ここから約3時間のクルージングです。まずは貸し切りの船に乗り込み昼食です。

 

しばらく走りだすと食事が次々と出てきました。飲み物はチリ産のワイン。エビ、カニ、しゃこ、イカ、カキと海の幸のオンパレードです。海の幸を食べるなら「今しかないでしょ」。

 

ワインで乾杯!
ワインで乾杯!

 

シャコにかぶりつく!
シャコにかぶりつく!

 

迫力満点の夫婦岩
迫力満点の夫婦岩

 

1時間もするとほろ酔い気分でみんな和気あいあいとデッキで戯れています。落ちないようにね。

 

気分最高です!
気分最高です!

 

オヤジ6兄弟
オヤジ6兄弟

 

大人の戯れ
大人の戯れ

 

今回はサプライズで洞窟も見学が出来てラッキーでした。ちょうど酔いがさめた頃、洞窟へ到着です。

 

洞窟をバックに記念写真
洞窟をバックに記念写真

 

洞窟内で記念写真
洞窟内で記念写真

 

スタッフ堀田さんと
スタッフ堀田さんと

 

ティエンクン洞窟を後にして、再び船内に戻り、酔いもさめて、クルージングもあと少しで終了です。

 

つかの間の休息
つかの間の休息

 

お姉さん達Perfume?
お姉さん達Perfume?

 

ハロン湾クルーズも終了し、ハノイ市街へと向かいます。ハロン湾の余韻を浸る間もなく時間だけが過ぎ去っていきます。もう少し居たかったのに残念です。

バスで約1時間後、最後のお土産店に到着。ベトナムコーヒーを試飲して、家族のお土産に購入して、バスに乗り込み、夕食へと向かう。

 

お土産店
お土産店

 

ベトナムコーヒーの味は濃い?
ベトナムコーヒーの味は濃い?

 

最後の夕食はバイキング。そろそろ日本食が食べたくなる頃です。サイゴンビールと寿司で乾杯。どこへ行っても日本食が一番です。

 

サイゴンビールで乾杯!
サイゴンビールで乾杯!

 

日本食なら寿司でしょ!
日本食なら寿司でしょ!

 

夕食後、ハノイ空港へと向かう。
ハノイ空港到着後、ガイドさんのクオンさんにお礼のご挨拶。3日間ガイドお疲れさまでした。

 

クオンさん、さようなら!
クオンさん、さようなら!

 

ハノイ空港0:30発、VN310機に乗り込み定刻通り、成田空港へ到着。無事に帰国しました。お疲れさまでした。ここで解散。

この後、成田空港9:35発、JAL3083機に乗り込み定刻通り、1時間後中部国際空港へ到着。

 

成田空港から中部国際空港へ出発
成田空港から中部国際空港へ出発

 

今回の旅行を通じて感じたことは、異国の文化に触れることの大切さを痛感しました。「旅の恥はかき捨て」という言葉があるように旅に出て恥をかきましょう。旅に出るなら「今しかないでしょ」。