続:FCAの3月イベントのご案内

前回のブログはご覧頂きましたか???「なぞ」が「なぞ」を呼ぶ…ブログ?そう狙って作成したのですが、皆様の想像&妄想が膨らんでいれば嬉しい限りです。確かに、風変わりなイベントが大好きなフジムラコンテンポラリーアートは、今回のイベントに長い長い時間をかけて準備し、今月に至りました。

 

勉強や資料作成、打ち合わせ…などに時間をかけるのも勿論ですが、ギャラリー内の雰囲気作りなどにも手間隙かけて、この面白いアートの鑑賞時間に、彩を添えたい…!と燃えています。

 

この2週間でかなりのお客様にご来店いただきましたが、、、皆様に共通するものが、『驚き』なので、スタッフ一同、ニヤニヤしております。これからご来店の方は、どうぞお楽しみになさっていて下さいね!では、本日のブログでは、画伯来場の様子と、作品、 並びに画材の一部をご紹介致します。

 

絵具?
絵具?

 

絵筆?
絵筆?

 

絵具?
絵具?

 

K.ASHINO画伯は、一つのジャンルのアートに長けているアーティストですが、それが何か?は、まだここでは秘密です。どうしてもそれを述べると先入観で、作品鑑賞してしまう恐れがあるからです(人は過去に学んだ情報をかき集めて断定的に物を見がちですよね…)。

 

どうして秘密にしたいか?と言いますと、先に述べた先入観なしに「素」のままで作品と対峙して頂きたい…という点と、余りにも新しいアートの形なので、このブログや写真だけでは説明が難しすぎる…という点があるからです。

 

カメラ目線の鈴ちゃん☆
カメラ目線の鈴ちゃん☆

 

サインカードのプレゼント!
サインカードのプレゼント!

 

これらの写真をご覧頂くと、背景に見える作品で、少しはイメージが湧くかもしれませんが、それはフジムラコンテンポラリーアートの企み(たくらみ!)です(笑)

 

「あっ…作品ってこれなんだ!」そう思って下さったあなたは、まさに罠にかかったも同然です。色々考えて頂き、ご協力有難うございました。しかし、そこに答えはないのです。さらに想像を膨らませて、この謎解きをしたい方は、是非お早めにギャラリーまで足をお運び頂けますと幸いです。

 

何でしょう?
何でしょう?

 

これもなんでしょう?
これもなんでしょう?

 

透明感高い!
透明感高い!

 

また、このK.ASHINO画伯は、大変遊び心豊かな楽しいアーティストさんです。ギャラリーには今後も来場頂く予定を立てておりますので、日程の件などでお問い合わせ頂く際は、ギャラリーまでお電話下さいませ。

FCAの3月イベントのご案内

春の季節。ひな祭りも過ぎ、ようやく心地よい風が…と言いたいところですが、驚くほど寒い日が続いていますね。皆様、元気にお過ごしでしょうか?

 

今日は、フジムラコンテンポラリーアート3月のイベントのお知らせをしたいと考えております。

…が、今回のフジムラコンテンポラリーアートは、作家さんがどなたで、作品はどんな種類のもので、作風は…なんて語りません。

 

「ブログを見れば、こんな企画展なんだ!」と安易に理解できる企画展なんて、 物足りない!!!!! 世間はこれを“小出しにする”、、、なんて言いますが、世間が何と言おうと構いません。そうです。小出しにして、皆様に大いに想像して頂き、楽しみにして頂き、色々と妄想を膨らませて ギャラリーまで足を運んで頂きたいと思っています(@。@”)

 

3月度DMハガキ
3月度DMハガキ

 

まず、本日は企画展の搬入の模様をご紹介します。

 

鈴本さんが持っているのは…?
鈴本さんが持っているのは…?

 

作品も秘密♪
作品も秘密♪

 

たたみ?!
たたみ?!

 

んんん?????
いつものギャラリーじゃないかも!?とお気づき頂けたなら、嬉しいです。私達のギャラリー、フジムラコンテンポラリーアートは、元々アメリカニューヨークでギャラリー経営をしていたオーナーが、「日本でまだ見ぬアートを広める夢」を実現させるために、横浜元町にOPENした画廊です。

 

ギャラリーはコンクリートの打ちっぱなしの壁に、春の日差しを感じられる大きな窓。まさにスタイリッシュなギャラリーです。その中で発表される作品は、より新しく、しかし歴史を感じられる面白いアート、個性豊かで、そこに込められた思いが作品達からあふれ出るものが 大切だと感じています。

作り手の心が、私達の奏でるトークにより、一人一人のお客様に届くように、 今回は、フジムラコンテンポラリーアート設立以来、最も時間をかけて勉強会・研究会・先生自身による 試作とその会議を繰り返しました(少々愚痴っぽくて…笑★ あはははは。)

 

桃の花
桃の花

 

カラフルな畳ですよ
カラフルな畳ですよ

 

レイアウトも大きく変更
レイアウトも大きく変更

 

…ということで、明確な何か!は、何も記さないまま本日のブログを終了させて頂きます。

しかし、日本の「和」の心と、前衛的な世界のどこにもない 新しいアートのコラボは、おそらく皆様が初めて目にする タイプの作品であることには違いありません。『驚き☆☆☆』の3月のイベントとなるようギャラリーに磨きをかけて、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

吉野公賀画伯座談会を開催!

吉野公賀【心の雫】展にて、アーティスト吉野公賀先生がもたらす歓びの“雫”を公開。

表題の『雫』が意味するものはアーティストがもたらす“想い”です。国籍、人種、駆使されている画材や表現方法は違えど、ARTという世界共通のフィルターを通して滴る、届けたい想いやメッセージは1つ。そんな気持ちを込めてお届けしている企画です。

 

今月のDMハガキ
今月のDMハガキ

 

吉野公賀画伯
吉野公賀画伯

 

2月2日には、今展のメインとなるアーティスト、吉野公賀先生にお越し頂き、 特別な座談会が開催されました。座談会とは、今展で発表となった先生の新作についての思い入れ、作品のストーリーなどをお話いただく…という、アーティストの心内に触れられる大変貴重な時間!

 

とは言え、吉野公賀先生とフジムラコンテンポラリーアートが出逢ってから今月で早2年…ちょうど1年前の昨年2月、『吉野公賀 TRICK ART展』にて 先生とお話頂いたお客様との再会もあり…フジムラコンテンポラリーアートらしく、終始美味しいお茶とお菓子を頂きながらの歓談会となりました♪

 

旧作についても伺いました☆
旧作についても伺いました☆

 

お客様の手作りチョコケーキ
お客様の手作りチョコケーキ

 

頂いたお土産もほおばりながら…♪
頂いたお土産もほおばりながら…♪

 

ここで、ギャラリーに展示している新作&先生からの作品解説を ちょこっと公開しちゃいます d(・ω・d★)

 

新作:花メダル
新作:花メダル

 

題 名:花メダル
制 作:2013年
サイズ:F4
技 法:キャンバス、アクリル

 

個人的には、一つのスタイル(構図)を確立できた吉野公賀らしい作品だと思います。色彩や細かい部分を少しずつ変えながら、似たような作品を繰り返し描いていく予感がします。遠近法を使い、手前の滝がより美しく見えるように工夫しました。
頑張った人にメダルを掛けてあげるように、命を育み、私たちを守ってくれる存在に対して、感謝の「花メダル」を掛けているイメージです。

 

集合記念写真☆
集合記念写真☆

 

吉野公賀画伯も、再会するまでの約1年間は地元・岐阜で度々個展やグループ展を開催され、技術の更なる向上、新たな世界観の確立を目指し…何よりもARTを楽しむお客様の「心」に触れ、作家として今後どうあるべきか…??などと自身に磨きをかける、深く濃厚な1年をお過ごしだったとのこと。新作に対しても、色彩の分配や表現が広がったとおっしゃていました。

 

後日、この座談会にご参加いただいたお客様から、

「今年は先生にお会いできないと思っていたので本当に嬉しかったです! 新作もとても印象に残りました…素敵な作品でずっと見ていたいくらいでした(笑)和気藹々と皆さんとお話できて楽しかったです!貴重なお誘いを本当にありがとうございました★」

と、嬉しい感想メールを頂きました! アーティストの生の声を聞く、アーティスティックな時間を共有する…日頃なかなか出来ない経験ですが、ギャラリーだからこそ出来ることなのだな…と、創意工夫を続ける作家の【心の雫】に触れて… 画廊とは特別な空間なのだとスタッフ一同も改めて噛み締められた座談会でした。

 

急な開催にも関わらずご来場頂いたお客様…誠にありがとうございました!また、今回お仕事などで急遽来れなくなってしまった方々も、このような素敵な企画がありましたら次回は是非ぜひお越しくださいませ☆

 

 

特別なサインカード♪
特別なサインカード♪