つだなおこ画伯と行くビュッフェ美術館ツアー

今回は、先日行われた『つだなおこ画伯と行くクレマチスの丘ツアー』についての レポートをお届けしたいと思います!

まずは、お客様レポートから…代表でTOMOHISA様にお願いをしました!どうぞ完璧なるレポート、お楽しみ下さいませ♪

 


 

待ちに待ったFCAのビュッフェ美術館ツアー、日帰りで強行スケジュールだったにも関わらず、ビュッフェ作品を堪能し、その後、クレマチスの丘でティータイムをしながら、つだなおこ先生を囲んでの歓談となりました。

 

このあっという間の一時をご報告いたします。朝、8時、自宅からマイカーで出発。岡崎ICから東名高速道路に乗り、途中から新東名高速道路に乗り換えて、午前11時過ぎに富士川楽座SAに到着。

 

富士川楽座SA
富士川楽座SA

 

ここのSAは一般国道からも入場が可能なため、いつも土日は混雑しています。さらに、レストランも充実しているため食事時も人でごった返しています。ここで少し早目の昼食をとりました。お馴染みの富士山天丼をガッツリ食べて車に乗り込み出発です。

 

てんこ盛りの富士山天丼
てんこ盛りの富士山天丼

 

沼津ICで下車し、国道246号線を御殿場方面に向かって走り、ようやく午後1時30分頃、クレマチスの丘のビュッフェ美術館に到着しました。

ビュッフェ美術館は15年くらい前に一度行っていますが、当時とほとんど変わらない雰囲気でした。午後2時に全員集合し、いよいよビュッフェ美術館へ入館です。

 

ビュッフェ美術館の外観
ビュッフェ美術館の外観

 

いよいよ入館!
いよいよ入館!

 

全員でパチリ♪
全員でパチリ♪

 

館内は勿論、写真撮影はNG!です。FCAのツアーにガイドさんが説明をしてくれることになりラッキーでした。

まず、目に留まったのは、ビュッフェが10代の頃に描いた大きな油彩が数点展示してありました。まさに絵画という雰囲気の作品でした。

ドライポイントやリトグラフを始める以前の作品で私も初めて見る作品で感動しました。中に入るにつれて見たことのある作品も数点ありました。彼は風景、昆虫、車、人物、静物、抽象など凄くバリエーションの広い画家です。今回の展示作品の中ではニューヨークのマンハッタンや34番街を描いた作品が印象的でした。彼独特な直線のタッチが凄く好きです。残念ながら私も一度も彼にお会いしたことはありませんが、絵を描くことしか頭にはなかった人だと思います。まさに天才画家のひとりではないでしょうか。

約1時間30分程、鑑賞が出来て満喫いたしました。

 

パンフレットに使われた「内省」
パンフレットに使われた「内省」

 

ビュッフェ美術館の余韻に浸る間もなく、周辺を少し散策。クレマチスとはイギリスでは、「クイーン」と呼ばれ、親しまれています。また、花言葉は「心の美」です。

 

綺麗なクレマチス
綺麗なクレマチス

 

写真撮影に没頭する先生
写真撮影に没頭する先生

 

クレマチスの丘の「富士山茶屋」でティータイムです。ここの茶屋は周りが竹やぶに囲まれたオープンカフェです。凄く涼しくて落ち着きました。ここで水出しコーヒーとソフトクリームあんみつを頂きました。これがまた格別に美味しく、汗もさっと引きました。

 

富士山茶屋の看板
富士山茶屋の看板

 

ソフトクリームあんみつ
ソフトクリームあんみつ

 

お客様と先生の歓談も盛り上がったところで、そろそろ先生からのサプライズが…今回のツアーに参加したお客様全員にプレゼントが…じゃじゃ-ん「ポストカード」です。この日、一番の記念となりました。

 

お客様との会話も弾む
お客様との会話も弾む

 

プレゼントのポストカード
プレゼントのポストカード

 

今回のツアーで先生とお客様の距離が一層近づいたのではないでしょうか。先生、お客様、スタッフの皆さんと日頃は見ることの出来なかった一面も垣間見えたような気がいたしました。

終始、笑いが絶えないツアーとなりました。私も日々のストレスを発散いたしました。次回のFCAツアーも期待しております。期待出来るのも「今しかないでしょ」!

 


 

ツアーの最初から最後まで、パーフェクトなレポートを頂戴し…当社で作成する必要がない気がしております(~。~;)zzzありがとうございました。スタッフ一同

8月は「MOON OVER HAWAII」一色のギャラリー

残暑厳しき折、夏バテせずに8月後半をお過ごしでしょうか?お盆休みも終了し、お仕事再開の方も多く、この残暑も相まってだるい中、日々をお過ごしの方も多いかと思います。

 

フジムラコンテンポラリーアートでは、「MOON OVER HAWAII」展を開催中。夏休み期間は、本当に大勢の方にご来店頂き、心より感謝申し上げます。特に珍しかったのが…メモ帳片手に、一生懸命作品をコメントを読む小学生たち(V。V・)

 

入口正面に展示 原画
入口正面に展示 原画

 

「写真撮っていいですか~?」

「いやぁ~ごめんね。これはお写真撮れないんだよね…(U. U;)」

 

どうも夏休みの宿題で、美術館かギャラリー、アートイベントなどで作品鑑賞し、レポートをあげてくる!というものがあるらしい。

 

「お姉さんが子供のころにはなかった宿題だな~(T。T;)」(お姉さんではない気が……)

 

子供達から見ると、手描きで描いた作品には見えないらしい。

 

「すごいきれい!写真みたい。」

 

あまりの素直な感動に、ちょっとドキドキするスタッフ(・U ・)zzz

 

2013年度作品と写真
2013年度作品と写真

 

DMハガキ
DMハガキ

 

大変好評なので、9月まで会期延長しよう…と思います。作品は、以前にお客さま方が御所蔵されたものが大変多く、年代は2005年~2014年までの作品を列挙。約10年近い期間の作品を一挙公開していることになります。懐かしい思いから、技術的な進歩まで、幅広くお楽しみいただける企画だと思います。

 

ハワイの有名スポットを写真で紹介
ハワイの有名スポットを写真で紹介

 

存在感「大」旧作
存在感「大」旧作

 

ギャラリー1F看板
ギャラリー1F看板

 

今回の企画展には、いくつかのキーワードがあります。
ひとつは、第2フランドル技法。こう聞いて、ピンとくる方はかなりのアート通。
ふたつめは、秘密です(#^^#)♪

 

フジムラコンテンポラリーアートの真骨頂である、アートの最も深い部分は、やはり直接作品と対峙して頂く中で、スタッフから聞いてほしい部分です。また、細かい演出の中でのライトアップも見応え充分なところ…。

 

壁画にチャレンジ①
壁画にチャレンジ①

 

壁画にチャレンジ②
壁画にチャレンジ②

 

壁画にチャレンジ③
壁画にチャレンジ③

 

壁画にチャレンジ④
壁画にチャレンジ④

 

9月末はチャーミングセール開催の為、会期は大変短くなっています。『MOON OVER HAWAII』展は、9月21日(日)まで。2014年の“GEHRY WELTY”を、どうぞお見逃しなさらないように…(☆。☆”)

「MOON OVER HAWAII」大好評開催中です!

お盆休みも真っ最中ということで、ギャラリーのある横浜元町も大勢の観光客で賑わっています。周辺は、時間によっては、車も大渋滞(W. W”)・。・*

 

同時に、この8月に開催している『MOON OVER HAWAII』展も好評で、沢山の方にご来場頂いています。まだご来店頂いていない方々には、是非お勧めしたい企画展です。日頃のフジムラコンテンポラリーアートにはない作品構成と雰囲気が良く、ハワイを満喫頂けるのでは…と思っています。

 

2013年度作品
2013年度作品

 

2013年 来日の様子(1)
2013年 来日の様子(1)

 

2013年 来日の様子(2)
2013年 来日の様子(2)

 

今日はゲーリー・ウェルティ画伯について、少しご紹介していきたいと思います。

 

元々、アメリカはロサンゼルス生まれのゲーリーウェルティ画伯は、学生時代から絵画制作の能力に長け、アートの専門を学びます。しかし…自分の本能に従うアーティストらしいシンプルさは若い頃から強かったようで、学業もままならぬまま、早い時期にハワイに拠点を移すことを決意します。

ですが、ハワイの自然は、彼に特別な影響を与え、想像以上の作風を完成させていきます。若い頃からハワイでも作品は売れ始めますが、とはいっても、所詮若い時代は若い時代…掛け持ちでお仕事を色々経験しています。特に海での仕事が多く、ハワイの美しい海を日々見続け、そしてそれがまた画家としての彼に新たな知識と視点を与えていきます。ハワイへの移住がなければ、マリンアーティストとしての彼の成功はないでしょう。

 

タイプの異なる作品達…
タイプの異なる作品達…

 

写真も展示
写真も展示

 

2013年度作品
2013年度作品

 

今回の新作は、というより、昨年の新作よりゲーリー・ウェルティ画伯は新たな趣向を凝らしています(*U *”)♪10年程前までの作品を数多くご覧頂いているかたなら、その違いも驚いてご覧頂けることでしょう。

 

その新作への具体的な変化も、今月のギャラリーではご覧頂けるように準備しています。またそれにまして、今年は新たな技法を会得し、美しいハワイの自然を表現してくれています。これは、ブログでは秘密☆ ご来店頂いた方のみの特典として、お楽しみ頂きたいと思っています。

 

来日の様子(4)

 

来日の様子(5)

 

「美しさ」や「自然の雄大さ」だけではない、今年の“ゲーリー・ウェルティ”をどうぞお楽しみ下さい!!!!!