ウレ・リトゲン2014新作展情報 vol.0~予告編~

こんにちは(^v^)新緑薫る5月が近づいて参りました☆
来月は、フジムラコンテンポラリーアートでも年に1度の貴重な企画展が開催されます。それは【Ule W. Ritgen 新作発表展】

 

アートを架け橋として世界と日本を繋ぐ当ギャラリー、フジムラコンテンポラリーアート(以下:FCA)と契約を交わしているのは 日本人の一流作家だけではありません…。

スペイン、アメリカ・ロサンゼルス、アリゾナ州セドナ、アートの聖地であり、オーナー藤村の画商としての起点でもあるニューヨーク…様々な国の一流作家と絆を結ぶFCAですが、次月開催となる企画の主役であるアーティストはヨーロッパ・ドイツのアーティスト…ウレ・リトゲン画伯!!まずは、お客様にお届けしている5月の企画展案内ハガキからご紹介いたします。出来たてほやほや↓↓↓

 

 5月にお届けするDMハガキ ウレ・リトゲン新作発表展2014  -今、伝えたい思い-
5月にお届けするDMハガキ
ウレ・リトゲン新作発表展2014 
-今、伝えたい思い-

 

これまでも当ギャラリーでは、国内外で一躍活躍しているアーティストとの独占企画展を結んで来ましたが、その結果、経歴を知らずして出会ったアーティストの方々はどなたも、多方面で活躍している一流作家だったりしました。

 

図鑑や絵本の表紙・挿絵を数多に手掛けられている作家、今は亡き巨匠の意志を引き継ぐお弟子さんにあたる作家…今回ご紹介するウレリトゲン画伯もその一人です。彼は2つの才能を多分に持ち合わせるアーティスト、、、。FCAで唯一の音楽家であり、画家である方なのです!!

 

ウレリトゲン氏、なんと日本でも過去にゴールド・ディスクを獲得した経験のあるメロディアス・ロックバンド、【FAIR WARNING】のベース&ギター、そして作曲をも手掛けるミュージシャン!それがウレ・リトゲン画伯のもう1つの顔なのです。

 

そんなウレリトゲン“画伯”に、いち画家として、幾度とギャラリーに足を運んで頂いているのが、我がFCAです。画家ウレリトゲン氏とのお付き合いも、気づけば早6年…過去には特別な来日展も独占開催。

 

2009年6月、初の来日展。

FCAの姉妹店(?)「かばのおうどん」にて
FCAの姉妹店(?)「かばのおうどん」にて

 

 

2010年1月、3ヶ月後に2度目の来日展。

海外メディアも取材で飛び入り参加。
海外メディアも取材で飛び入り参加。

 

来日展の様子
来日展の様子

 

デッサンやポートレイトも公開
デッサンやポートレイトも公開

 

 

昨年、2013年7月。3回目の来日展開催。

お客さまからのプレゼントも!
お客さまからのプレゼントも!

 

終始笑顔で作品解説!
終始笑顔で作品解説!

 

お客様とのお茶目な一面(≧▽≦)
お客様とのお茶目な一面(≧▽≦)

 

作家から直接作品について伺えるのは大変貴重な機会。ギャラリーに足を運んで頂けるのはごく稀ですが、毎年新鋭作品が届く事により作家との絆は保たれます(また、画家としてのウレリトゲン氏のファンになってくださり、毎年欠かさず 応援して下さっているコレクターの方々のお力があってこそ続く絆です!)。

 

楽曲を生み出す音楽家ならではの世界観と、 音符が連なってメロディが生まれる様に構築された 独特のタッチと光、そして風合い。音楽家と知らずに彼の絵画を見た方でも、作品から何らかの【音色】を、色彩から感じられる、、、そんな世界観です。

 

2013年の展示会の様子
2013年の展示会の様子

 

FCA作家の世界観や技術は、どの作家も千差万別で魅力満載。今回FCAが画家ウレ・リトゲンを通して皆様に魅せるのは、ドイツが抱える古き良き歴史。伝統を守り続けながらも常に新鮮な世界を目指す志の高さ…。日本人ならば共感し感動出来るであろう、ドイツ人の職人気質。

 

ミュージシャンとしてはあまりにも有名なウレ・リトゲン氏。しかしギャラリーに足を運び、彼の作品のコレクターになって頂ける方々は “画家”としてのウレ・リトゲンに魅せられ、絵画入門された方ばかりなのです。音楽、絵画、表現する形は違えど同じART。素晴らしい作品からは 音色を感じることが出来ます。

 

5月、海を越えて発表となるUle W. Ritgen新作展は日本でただ1か所、フジムラコンテンポラリーアートにて独占公開となります。近日中に、企画展の詳細など掲載させて頂きます。お楽しみに☆

また、5月の企画については日本最大級の音楽情報サイト、【BARKS】さんにて音楽情報と共に画家としての活躍も掲載して頂いております。来たる5月の新作展についても詳細など掲載されておりますので、以下、要チェックです!
http://www.barks.jp/news/?id=1000102616