MR.FUJIMURAの旅(韓国編 第二章)

前回のブログに引き続き、本日はフジムラコンテンポラリーアートの代表である藤村が訪ねたお隣の国、韓国の様子をお伝えします。

 

当ギャラリーは、横浜元町に画廊を構えて7年になります。そのOPEN当時、右も左も分らない時にお世話になったアーティストが、前回のブログからご紹介しているキム・ソングン画伯。以前にも申し上げたことがあるのですが、当社はこのキム・ソングン画伯と契約するのに大変苦労致しました。

 

まず第一に、韓国の美術界そのものが日本の方向を向いていないこと。韓国に住む多くの作家たちは、国内での成功を手にすると、次にヨーロッパへ向かってチャレンジしていくそうなのです。同じアジアでも、日本はアメリカ市場を狙うことが多い…と言われていますが、異なるものですね。

 

 

 

 

また、これは今回の再会でもキムソングン先生方とは、笑い話で盛り上がる…藤村の苦い思い出トークですが。交渉でキムソングン画伯のその当時のお住まいソウルを訪ねた際に持たれた第一印象

 

「日本のヤクザが来た!?」みたいな思いで…。玄関を開けて驚いた( n. n”)zzzこれは、フジムラコンテンポラリーアートの中でも伝説となっているネタです。当時、髪を短くカットしていた藤村を見て、キムソングン先生はヤクザに見えたそう…(笑)恰幅の良さと、短髪、堂々とした振る舞いなど…色々と重なってそのように思われたのだそうですが、お会いする度に出てくる笑いいっぱいのネタです。

 

大きなアトリエ
大きなアトリエ

 

ソングン画伯のご自宅にて
ソングン画伯のご自宅にて

 

これらの写真は、今のキムソングン画伯のアトリエで撮影させて頂いたものばかりです。先生が写っている作品のサイズを考えたら…考えられない程、アトリエも作品も大きいのが分かります。

世界中のアーティストが、なかなかこの環境を整えることができないことを考えると、羨ましいの一言に尽きます。すべて自分自身の為に、描きたい作品の為に、作られたアトリエは、天井も非常に高く、有意義な製作活動ができそうな気がしてなりません。

 

この環境を求め、利便性の良い都会ソウルの住まいを離れ、郊外ではありますが、好きな時間を過ごせる環境を整えたそうです。素晴らしい大自然に囲まれ、ご自身の夢であったアートと宿泊施設の両立と、大きなアトリエ。今後も素晴らしいアート活動を営んでいかれることでしょう。

 

天井の高いアトリエ
天井の高いアトリエ

 

藤村も久しぶりに訪ねたキムソングン画伯の環境の変化に非常に驚くと共に、韓国内での活躍にとどまらず奮起されている姿に触れて、大きく心が動いたそうです。

継続力を持って、挑戦し続けるアーティストの信念をも感じ、再び、一緒にお仕事をさせて頂きたいとお話させても頂いています。私たちは、キムソングン画伯を心から応援し、また来日展や最新作発表会の機会を是非作っていきたいと思っています。