『Ule W.Ritgen来日展2015 -CLOSE TO THE EDGE-』のお知らせ5

今回開催の『Ule W.Ritgen来日展2015 -CLOSE TO THE EDGE-』は、今年度に入って発表した作品の公開も勿論ですが、2015年2月20日(金)、中野サンプラザにて開催されるウリ・ジョンロートのコンサートに合わせる形で企画している為、最新作以外にも注目頂きたい作品がありますので、ここでご紹介させて頂こうと思います。

 

ウリ・ジョンロートは当時、世界的に誰も成しえなかったギターのテクニックを極め、それを披露したことにより、今の地位を築いたといっても過言ではありません。まさにそれは、神の領域…とも言われるそのテクニックは、一般的なギターに比べ、フレット数の多さが特徴。スカイ・ギターの考案者…日本では「仙人」と称されています。彼は、元スコーピオンズのメンバー。ウレ・リトゲン氏は、同じミュージシャンとして彼を尊敬し、その仙人のような姿を、絵画として捉え、表現しています。

 

ウレ・リトゲン作 ウリジョンロート
ウレ・リトゲン作 ウリジョンロート

 

今回の企画展を実際にご覧頂いた方、または当社のホームページ、ウレ・リトゲン特設サイトにて作品を鑑賞頂いた方なら、おわかりでしょうが、ウレ・リトゲン画伯は基本風景画家です。

…が、本人含めた幾つかの肖像画は、油彩画で、とても職業がミュージシャンとは言い難いハイレベルの仕上がりとなっています。ポートレイトにつきましては、前回のブログでご紹介しておりますので、そちらをご覧下さい。

 

また今回は、そのウリ・ジョンロートのCD『UNDER A DARK SKY』のジャケット作品についてご紹介したいと思います。

 

CDジャケット
CDジャケット

 

CDそのもの
CDそのもの

 

歌詞カード 1.
歌詞カード 1.

 

歌詞カード 2.

歌詞カード 2. 

歌詞カード 3.
歌詞カード 3.

 

おまけ
おまけ

 

CDを購入して音楽を聴く間、真剣に絵柄を眺める方は決して多くないと思うのですが、実はこれらの作品をウレ・リトゲン画伯が手掛けています。特に中でも表紙(ジャケット)を飾る作品が、タイトルもそのままに「UNDER A DARK SKY」です。

 

UNDER A DARK SKY
UNDER A DARK SKY

 

以下、ウレ・リトゲン画伯が作品発表時に語ったコメント。

 


 

この作品は、ウリ・ジョンロートの最新アルバム「UNDER A DARK SKY」の為に制作したものである。ここでは、鷹を“メッセンジャー” “預言者”、あるいは事の展開を見守る自由で独立した魂の象徴として描いた。

アルバムのカバーに使われたものだが、彼はカバーのデザインに関してかなりはっきりとしたアイデアを持っていたので、この作品は彼の意向に沿って制作した。

 


 

ただ単純に遠近法などの画材を通した技法では表現できない、哲学的なものを含むスケールの大きな作品に仕上げられていることから、観る者の心を奪う作品に違いないでしょう。作品ストーリー、他…ぜひ当ギャラリー、または中野サンプラザにてご覧ください。

『Ule W.Ritgen来日展2015 -CLOSE TO THE EDGE-』のお知らせ4

2015年1月31日(土)から開催中の『Ule W.Ritgen来日展2015 -CLOSE TO THE EDGE-』も、いよいよ後半に入りました。

週末は、往年のウレリトゲンファンにもご来店頂く中、初めてフジムラコンテンポラリーアートを訪ねて下さるお客様も数多くいらっしゃり、このウレリトゲン画伯の世界観を共有できる方が増える喜びを、スタッフ一同、実感しております。

尚、お電話などでのお問い合わせも多く入りますが、ウレリトゲン画伯来日当日の来店予約が重なり、狭いスペースでの対応に頭を抱えています。

 

…ということで、お客様方には、ウレリトゲン来日当日のみのギャラリー訪問ではなく、可能な限り、事前の来店、作品鑑賞をお済ませの上、21日(土)に再来場をお勧めしております。大変、恐縮です(U。 U;)

 

話は変わりますが…
以下の写真に注目下さい!!この写真…ただの写真ではありません。ウレリトゲン画伯ご本人直筆の肖像画です。その証拠写真として、2枚制作中のシーンを掲載してみました。実によく描かれています。

 

ポートレイト
ポートレイト

 

制作中 1.
制作中 1.

 

制作中 2.
制作中 2.

 

ウレ・リトゲン画伯は、ミュージシャンとして有名になってから何十年という経歴を持っています。しかし、画家としての才能を開花させたのは、幼き頃からで、早い内に「描く」喜びを覚えたようです。勿論、画家デビューはかなり後の話ですが…。

 

その中には、自画像含む肖像画も多数含まれており、近年の作品だと、「ウレ・リトゲン自身のポートレイト」(上記写真)や「ウリ・ジョンロート肖像画」などがあります。数年前の来日展では、当ギャラリーで公開させて頂きましたが、大変貴重なものなので、度々公開する機会のない作品です。

 

現地のカメラマン
現地のカメラマン

 

ウリの肖像画の前で・・・
ウリの肖像画の前で・・・

 

賑やかなギャラリー
賑やかなギャラリー

 

今回、ギャラリーで開催中の企画展は、とにかく今あるすべての作品を公開しよう!!!がテーマです。ギャラリーの壁一面に飾られたウレの心象風景を、心行くまでお楽しみ頂ければ…と思います。

 

印刷工房にて 1.
印刷工房にて 1.

 

印刷工房にて 2.
印刷工房にて 2.

 

印刷工房前にて
印刷工房前にて

 

また、今回だけの開催『中野サンプラザ7F 研修室11』での絵画展は、今、ギャラリーに展示中のすべての作品を持参し、展示する方向性で準備を進めています。ウリ・ジョンロートのコンサート当日にご来場頂いたお客様だけが楽しめる絵画展です。

 

■2015年2月20日(金)15:00~22:00
■中野サンプラザ7F 研修室11
■入場無料 ウレ・リトゲン制作版画 絵画展示販売
■最新作「CLOSE TO THE EDGE 」、他、ウリ・ジョンロートCDジャケット作品「UNDER A DARK SKY 」、「RIVER OF OBLIVION」など一挙公開

 

◇中野サンプラザ正面入口より直進→受付左側エレベーター利用7Fへ→左側が展示会場です◇

『Ule W.Ritgen来日展2015 -CLOSE TO THE EDGE-』のお知らせ3

好評開催中の『Ule W.Ritgen来日展2015 -CLOSE TO THE EDGE-』の様子をお伝えしてまいります!

 

本日は、ギャラリー内の様子&搬入の模様です。まだ、ウレリトゲン作品を生でご覧頂いたことのないお客様に分かりやすいよう、スタッフも入れてギャラリーで撮影しております。というのも、スタッフが写ると、作品サイズが想像できますね!意外と大きいウレリトゲン作品は、ご自宅でも飾ると「存在感抜群★」とよく言われます。そうなのです…作品が素敵だということは勿論ですが、サイズも圧巻!!!!なものが多いのです。

 

高い場所も有効活用☆
高い場所も有効活用☆

 

コンクリートの壁です
コンクリートの壁です

 

ここは、メインの壁面
ここは、メインの壁面

 

ギャラリーにて、先月末に掛け替えられた作品たちは、一年に一度のペースで展示されているものがほとんどです。また、今のところ年に一度のペースでの開催に合わせ、新作発表。

 

ではなく、ウレリトゲン画伯の「“新作出来たよ!”報告」にて、展示会開催決定!と言った方が正確です。少ない時で1枚のみ発表。多い時ですと、一年で8枚も発表したことがあります。非常に大胆なアーティストです。

 

解説のポスターも制作・展示
解説のポスターも制作・展示

 

白い壁面もあります!
白い壁面もあります!

 

これはシートが収められています
これはシートが収められています

 

作品の中には、自分のイマジネーションの中に存在する風景をそのまま描いたものから、ジーノの音楽に触発されて描いたもの、ウリジョンロートのCDジャケットに合わせて描いたものまで幅広く、きちんとした本物の絵画としてのみならず、CDショップやCDを購入なさった方が、ご自宅で楽しむことができたりする…ようなものまで含まれています。

 

フジムラコンテンポラリーアートに来店したことがきっかけで、ウリジョンロートのCDジャケットの存在を改めて認識なさった方も少なくはありません。

 

終わりなき旅シリーズ
終わりなき旅シリーズ

 

最新作
最新作

 

窓際にも作品陳列
窓際にも作品陳列

 

ウレ・リトゲン展は、大変会期が短くなっています。 どうぞお早めにご来店下さいますよう、お願い申し仕上げます。