2015年5月の企画展ご案内☆

5月の企画ご案内ハガキ!
5月の企画ご案内ハガキ!

 

この春は、ここまで続くのかと思うほど雨が降りましたね。桜を楽しむ期間が短くなったことが残念でした。皆様はお花見なさいましたか?

5月と言えばゴールデンウィークですよね(^v^)♪。フジムラコンテンポラリーアートには、ゴールデンウィークを利用して「観光がてら+ご宿泊」の、のんびりプランで遠方から足を運んで下さるお客様が多くいらっしゃいます。

 

そこで5月は…『THE FCA』と題しまして、フジムラコンテンポラリーアート(FCA)では『今が旬☆』というアーティストをピックアップし、作品を展示しようと着々と準備を進めております!

 

キム・ソングン
キム・ソングン

 

その中で、フジムラコンテンポラリーアートの歴史の1ぺージ目を刻んだキム・ソングン画伯。我々がフジムラコンテンポラリーアートを立ち上げて最初にご契約させて頂いた海外アーティストです。私達スタッフにとっても感慨深いアーティストの一人でもあります。

 

このキム・ソングン画伯は、2015年3月&4月に、なんと5年ぶりとなる新作発表展を開催しました。キムソングン画伯が手掛ける韓国語で言う“セサンバクロ-日常の向こうへ-”という永遠のテーマのもと、新しく確立された サブテーマである“デペイズマンシリーズ”のキーポイントは……シリーズ名ともなったデペイズマンという特殊な表現技法が「ミソ」となっています。

まさに目にしなければ理解できないアートの深い世界をご堪能頂ける企画。よって、5月にもご覧頂けるよう引き続き作品を準備して、皆様のお越しをお待ちしています!!!

 

 

ネイト・ジョルジオ
ネイト・ジョルジオ

 

同時に、新印象派の世界を確立したネイト・ジョルジオ画伯。昨年には、現存のアーティストがまだ誰も作品化に成功していない新しい素材を作品に盛り込んだ 「ダイヤモンドダストシリーズ」を発表しています。1つの素材への追求心がなけれなここまでの作品に仕上がらないという醍醐味。観る者を魅了する奥深い斬新さ…まさに巨匠の匠の技を実感していただけます。この作品も非常に好評の為、『THE FCA』企画でも、出展予定です。

 

この2人のを含め、6人のアーティストの作品を展示します。風景、ワイルドライフアート、ファンタジーの世界に、オブジェ…。海を越え、伝統や文化、自然の営みすら異なる世界のアートの共演です。

 

内藤貞夫
内藤貞夫

 

ウレ・リトゲン
ウレ・リトゲン

 

スティーブ・ホールマーク
スティーブ・ホールマーク

 

つだなおこ
つだなおこ

 

この中には、全く同じ画材を使用するアーティストもいます!!しかし、国籍が異なるアーティストたちが自分のこだわりを形にする時…不思議なほど、異なる画材かのような質感を醸し出します。そのような点もお楽しみ頂けるのが『THE FCA』企画展。

 

5月は、この『THE FCA』企画で、“FCAとはどんなギャラリーなのか!?”を是非とも知っていただき、FCAの魅力を存分にご堪能頂く機会にして頂きたいと思います。どうぞ楽しんでみてください(*^_^*)♪

キムソングン画伯とは…2

キムソングン画伯の、今のスタイルが確立されるまでを前回のブログではご紹介しました。作家の人生の中に起きる様々な出来事が、その作家の作風を作り上げていきます。それは、絵を描かない人生を送る我々も、日々の刺激や出来事から、物のいろはを学び、次に役立て、しいては性格や仕事の捉えかた、こなし方まで影響を与えていきます。

 

キムソングン画伯は、今のスタイルが完成した後、韓国国内でも大きく評価を得ていきます。今や、国を代表するアーティスト。国境を越え、日本やフランスを始めとした様々な国でも活躍の場を広げていきます。

 

いつも素敵な笑顔・。・*”。・
いつも素敵な笑顔・。・*”。・

 

 

 

私共フジムラコンテンポラリーアートも、ご縁があり、今、こうしてキムソングン画伯とのお付き合いが7年。早いものです…その間に2回の来日。プラスこちらからお客様とツアーでお邪魔すること2回。いつも明るく、優しい笑顔で、お客様を包み込んで下さいます。

当然、その度、最新作を発表。新しいものへの欲求とチャレンジ精神の高さを感じずにはいられません。

 

身近に作品について伺える時間!
身近に作品について伺える時間!

 

真剣
真剣

 

貴重なサイン。
貴重なサイン。

 

今日は、その原点となった、『セサンバクロ』シリーズの作品に向けて頂戴した画伯の言葉をご紹介致します。

 

私のシリーズ作品のタイトルは、セサンバクロ(日常の向こうへ)。

私の作品の中の一番大きな主題は、「空」と「雲」である。それぞれの作品ごとで表現したい内容(意味)により、異なる素材を使ったりするが、相変わらず変わらないのは、「空」と「雲」である。

日常の疲れや人生の退屈さの中でも変わらない、綺麗で純粋なそのままの空に近づきたいし…無心で流れている雲で、複雑な世事から一歩離れて眺める余裕と豊かさを表現したいと思う。

KIM SUNG GEUN(キム・ソングン)

キムソングン画伯とは…

まずは、10話に渡り、セサンバクロシリーズの物語をご覧頂き、有難うございました。本日は、セサンバクロシリーズの物語となった作品達が、生まれるまでの事を、少しご紹介していきたいと思います。懐かしい写真と共に、お楽しみ下さい。

 

2008年来日展にて
2008年来日展にて

 

ギャラリ―を偶然訪ねてきて下さった
ギャラリ―を偶然訪ねてきて下さった

 

ナイトウ画伯と、ご挨拶!
ナイトウ画伯と、ご挨拶!

 

キムソングン画伯は、韓国のキョンギド、ガピョンという、ソウルから1時間以上離れた田舎に生まれ育ちました。自然に囲まれ、美しい四季を感じることができる素晴らしい場所です。そこでも、多くの作品を手がけました。

 

しかし、今のセサンバクロシリーズが生まれるきっかけになった場所は、実は…故郷である「ガピョン」ではありません。画家になって、様々な活動をしている中、訪れたアメリカでの体験が、このシリーズを築くきっかけになりました。

 

中華の円卓を囲んで
中華の円卓を囲んで

 

まっ・・・・どうぞ、どうぞ、、、
まっ・・・・どうぞ、どうぞ、、、

 

乾杯!!!
乾杯!!!

 

アメリカには、韓国に比べ、広大でどこまでも広がる空と大地がありました。ましてや、抜けるような青空。とても高く澄んだ美しい空で、画伯は心を奪われました、、、と仰っています。

 

先生との時間は、勉強になります。
先生との時間は、勉強になります。

 

馬姐廟にて
馬姐廟にて

 

貴重なデッサン達
貴重なデッサン達

 

韓国に戻り、試行錯誤しながら、作品を制作している中で、今のスタイル『セサンバクロ』が、キムソングン画伯のライフワークとなっていきました。様々な技法や工夫を施しながらも、ベースとしては、このセサンバクロ(日常の向こうへ)という基盤のテーマを崩さず、制作は進んでいます。

今回は、そこに『デペイズマン』という新たなティストを加えることにより、ユニークで深みのある作品が仕上がりました!

 

今回のフジムラコンテンポラリーアートでの作品発表の後に、母国韓国での作品発表が控えている「デペイズマンの世界」という新作達。世界的に活躍するキム・ソングン先生から、今後も目が離せません!!!

現在開催中の『日常の向こうへ ―デペイズマンの世界―』は、4月29日までの開催です!!