作家便り…スティーブ・ホールマーク氏

日本から遥か遠く果てしない海の向こう…アメリカ合衆国アリゾナ州セドナから初めて日本に来て、フジムラコンテンポラリーアートでも大きな話題と感動を生んだ、スティーブ・ホールマーク氏とロビン・ハーマンさん。

すごく背が高くて、ワイルドなヘアスタイル、とっても瞳が優しくて、でもがっしりとしたグローブのような手を持つスティーブ・ホールマーク氏は、フジムラコンテンポラリーアートでも珍しいオブジェを制作。

 

アメリカで毎年開催されるNY ART EXPOで最優秀賞に輝いた彼の来日展は、当ギャラリーのイベントでも、かなりBIG★そして、印象深いものでもありました。そんなお2人が来日して、早くも2年近く経とうとしています(時の流れの早さだけは…恐ろしい)。

 

☆ラブリーなお二人☆
☆ラブリーなお二人☆

 

お客様と歓談中
お客様と歓談中

 

作品の説明中
作品の説明中

 

彼らの再来日を何度か計画しようとしたのですが…何を隠そう!この2年、一度も実行されることはありませんでした。という我々もわずか2年の間に何度も来日を計画するほうが、「酷!!」なのだと今更ながらに思いますが、それほどまでにインパクトのあるアーティストさんだということを、ここではお伝えしたいと思っています。

 

彼らが制作するオブジェって、、、このブログでも何度かご紹介させて頂いていますが、『木 』で作られていることが最も個性的な点なのです。木のオブジェって…どこにでもあるでしょう!?と、今そう思ったあ・な・た!一度、本物の作品をご覧になってみて下さい。ほとんどの方が、一見 『木 』 だということを判断できないのですから(M。 M#)

 

SAVE THE EARTH シリーズ
SAVE THE EARTH シリーズ

 

SAVE THE EARTH シリーズ
SAVE THE EARTH シリーズ

 

SAVE THE EARTH シリーズ
SAVE THE EARTH シリーズ

 

なかなか入手できないタイプのアートだということは、本物を鑑賞すれば、どんな方でもすぐに分ると思います。世界一に輝いたスティーブホールマーク氏のウッドスカルプチャーは、そんなアート作品なのです。

それが証拠に…スタッフも次々購入(U。 U)!!!果てしなく遅い納期にも、のんびり待つ姿勢も重要です(笑)そんなセドナタイム☆も満喫できる、日本から遠い大自然の息吹を感じられる、そんな大地で毎日を送る彼らのまったり納期も実感できる…そんな作品です♪

 

 

当ギャラリーの代表藤村も、幾ら世界を飛び回る性格とはいえ、セドナは遠い…ということで、連絡の中心がメールのやりとり。上記の写真も、彼らから年末年始のご挨拶に送られてきたクリスマス写真。

 

 

セドナのご自宅

 

「新作に向けての話し合い」は昨年よりずっと続いています…が、なかなか折り合いがつきません。というのも、彼らの作りたいものがなかなか完成しない!こちらのスケジュールにほとんど合わない!!などの数々、ここで言うとキリがない(笑)

 

しかも自然が相手。この年末年始には大雪だったとも連絡が来ました。

 

 

こんなに雪が多いと、材料である木が入手不可能。また昨年の夏は、自然発火が起きるような灼熱の太陽ギラギラだった…とも。ということで、焦って、企画を組んでも致し方ない…のんびりな姿勢で彼らの制作を見守りつつ、面白い新作を心待ちにしたいと思う今日この頃なのでした。

 

愛用のバイクも・・・
愛用のバイクも・・・

 

STEVEお手製 雪だるま!
STEVEお手製 雪だるま!

 

スティーブ&ロビンさんからは、「愛を込めて…」とメッセージを頂戴しています。今年なのか?来年なのか?はてさて、再来年なのか!?は分かりませんが、次の新作展乞うご期待です(*´ω`*)