セサンバクロシリーズ紹介 6/10

前回の作品ストーリーは、目を通して頂けましたか!?今は、キム・ソングン画伯の作品“セサンバクロ(日常の向こうへ)シリーズ”10点を、1点ずつ日々ご紹介しています。

 

キムソングン画伯には、セサンバクロと名付けた作品が数百点あります。なぜなら、人生のテーマとして一生描き続けたいと決めた作品だから…。そんな数ある作品の中から、10点を厳選。フジムラコンテンポラリーアートとキムソングン画伯との話し合いの中で代表に決まった作品たちは、10点でひとつの物語を奏でることになりました。

 

そこで制作されたのはリーフレット。それはまるで、小さな画集(*^_^*)私達のギャラリーのある元町の本屋さんや、群馬の美術館でも販売して頂いた実績があります。もう既に5年以上、昔のことですが…。そんな作品たちを、初めてブログで1点ずつ丁寧にご紹介しています。昨日は、「18の時」という作品をご紹介しました。

本日は、第6章「選択の時」をご紹介します!!!

 

日常の向こうへ 選択の時
日常の向こうへ
選択の時

 

あなたが進路を決めた時…
結婚した時…
子供が産まれた時…
様々な転機の度に空の彼方にあった未来が目の前にパッと開けて、その道を自分の足で歩き始める。その時のワクワクするような気持ち。その道は終わりなき旅でもあるのです。
真っ白なキャンバスに自由に色をのせるように、どの道を歩むのかもあなた次第なのです。

 

皆様は、学生の頃に思い描いていた将来の夢を叶えましたか?夢で想像した大人の自分になれましたか?人は多くの経験を重ねながら、優しさを学んでいきます。夢を達成できた人、まだ道半ばの人、途中で目標変更した人、今頑張っている人…今も多くの人に支えられながら、私たちは日々前進していること…私達も毎日が勉強だと、、、改めて感じます。

 

キム・ソングン展『日常の向こうへ ―デペイズマンの世界―』は、4月29日(水)まで開催します。