つだなおこ先生と行く“鳥の博物館ツアー”報告vol.5

2016年3月27日(日)、我孫子市にある 「鳥の博物館」 へ行ってきました!
今回も、つだなおこ先生による鉛筆画制作体験パート2をお届け!

 

意外と「見る」と「作る」では大きな差がありますよね?
いやいや…そんな事、コレクターの皆様は重々承知。でも、このようにツアーで企画すると、学生時代以来の工作は想像以上に楽しいですね!この日、スタッフも思わず接客を放置して、仕事を忘れ制作してしまいました( ̄_ ̄ i)

 

 

写真撮影をしながら、スタッフはしみじみ(^ム^)
皆さん、本当に楽しそう…(笑)
課題が出されて、空(くう)を見つめ、放心状態のSさん、Kさん、Tさん、Yさん…他多数。すぐに着手できる方もいらっしゃいましたが…どちらかというと、

「え~っ」「マジ~」「そんな急に言われても…」

潔さなく、ブツブツ、モニョモニョ…。

 

 

この日は、つだなおこ画伯ならぬ、つだ先生(講師みたい)でした。でも、先生は日頃から子供達に工作を教えている為、指導がとっても上手で分かりやすく、感動でした。コレクターでありながら生徒なみなさま…(⌒▽⌒)

 

画面を鉛筆の粉で薄く塗り、鉛筆でほんの少し濃淡をつけ、そこに電動消しゴムで白く抜き、星を描く。もうそれだけでART☆です。

 

 

結果、、、すごく素敵なオリジナルマグネットが完成!!!!!
個性豊か。まんざらでもない…的な自画自賛の雰囲気もあるような無いような。

 

つだなおこ先生からご指導頂きながら、集中して制作した作品は、鉛筆部分が消えないようにセロファンで密着!その表面に、先生がコレクションしている鳥の羽を1枚ずつ頂戴し、貼付。

「かわいい~❤」
「上手い~☆*」

大人同志、褒め合い、称えあいながら…終了の時が来てしまいました。