キム・ソングン来日展2016– 報告(6)

今回の報告は、2016年の新作を中心にお届けいたします!

 

 

 

Q1. 最新作「-セサンバクロー“安息”」の出来栄えをお聞かせ下さい。

 

『いや…実は相当な量の描き直しをしました。上手くまとまったな!と思いつつも、翌日見ると、いやまたもう少し…。正直、幾度ともなく、妻に相談したんです。キッチンにいる妻をアトリエまで呼び寄せて、作品談義開始です!!(苦笑)』

 

 

 

Q2. えっ!?奥様と長い時間作品会議???

 

『そうなんです。とても新しいテーマでしたし、技術的な挑戦も多かったです。 前回のテーマ“デペイズマン”もイメージは湧けど、筆が進まない…。難しい課題でもあるのですが、非常に自分らしく表現できるものもあり、藤村さんとお仕事すると、なかなか大変な境地に立たされますよ…あはははは。』

 

==

(補足情報)キムソングン先生の奥様は、元アーティスト。美大を卒業しており、先生の良きサポーターでもある方なのです。ガピョンのアトリエを訪ねると、奥様が昔、制作した作品を眺めることも可能です(/・ω・)/

 

仲睦まじいお二人に、私達も温かな気持ちになりました!(=゚ω゚)ノ♥
仲睦まじいお二人に、私達も温かな気持ちになりました!(=゚ω゚)ノ♥

 

Q3. 他に苦労した点などありましたら、お聞かせ下さいますか?

 

『今回は今まで余り使わなかった色にも挑戦しました。“赤”はその代表例です。安息シリーズの“無題①”ですね!奥行きの表現、カモメの誘う様子、その向こうに広がる世界、そして何より、この赤い色。難しい挑戦でもありつつ、絶対仕上げたい作風でもありました。

最後は、“こんな作品ダメですよ!”なんて藤村さんに言われて返品されてもいいや!!!なんて思いながら、仕上げましたよ。あはははは…』

 

==

確かに、斬新な作品NO.1でした。新しいキムソングン先生の世界観をも感じる絵柄にお色でした。想像以上でした。

ですが、藤村始めとしたスタッフ一同、感動しましたし、お客様方も大変!大変!感動なさっていました。皆同様に、赤が美しい。そしてこの斬新さの中に温かみや愛おしさがあると…新しいキムソングン作品を目の当たりにした驚き☆は、半端ないものでもありました。

 

『また、こんな素敵な額を合わせて頂き、嬉しく思います…』  by キム・ソングン画伯
『また、こんな素敵な額を合わせて頂き、嬉しく思います…』
by キム・ソングン画伯