フジムラコンテンポラリーアートの額装について…

フジムラコンテンポラリーアートは、横浜元町に8年続くアートギャラリー。個性的な作家&作品に溢れ、日々、面白く発見のあるギャラリーであるよう心掛けてますが…そのこだわりのひとつに額装(フレーミング)があります( ̄ー☆

 

 

作品が生きるように。
ワンパターンにならないように。
かといって、インテリアの邪魔をするような事のないように。
色々と考える必要があるのが額装。

 

 

私達はその時々で額装の担当者さんと様々打ち合わせを行います。既存の棹(木枠)使用の時もあれば、自分たちの希望の色に塗り直して頂く事もあります。

 

艶があるものなのか?
マットなものなのか?
すっきりしたデザインか?
個性的な彫のあるものが良いのか?

などなど…。よく使われる一般的な黒や茶色の棹にも実は多くの種類があるので、質感含め、あれこれ検討します(*^▽^*)

 

 

2016年7月15日(金)~スタートした企画展『ASHINO’S MANIA-隆起-』では、大変珍しい作品を展示発表致します。よって、今回は額装会社まで作品を全て持ち込んで長々打ち合わせをし、決め、特注して参りました( `―´)ノ(モリモリのヤル気!!)

 

 

今月の作品展は、色々とひっくるめて、“乞うご期待”です。