『ASHINO’S MANIA -隆起- 2016』お客様編[2]

前回に引き続き、一部ですが、ギャラリーご来店のお客様をご紹介します。

 

 

芸術のジャンルとしては、非常に堅いイメージの「書」の世界ではありますが、コンテンポラリーな作品として一部はPOPに仕上げられている事もあり、楽しく鑑賞頂いています!

 

 

ただただ、どうやったらこのような書作品が完成するのか?見た目だけでは全く分かりませんので、「質疑応答TIME」が必要です。

 

 

ふむふむ…ほうほう…へぇ~…このお時間が最も面白いお時間です。夏休みの思い出に、K. ASHINO先生との時間、過ごしてみませんか?