2015年5月の企画展ご案内☆

5月の企画ご案内ハガキ!
5月の企画ご案内ハガキ!

 

この春は、ここまで続くのかと思うほど雨が降りましたね。桜を楽しむ期間が短くなったことが残念でした。皆様はお花見なさいましたか?

5月と言えばゴールデンウィークですよね(^v^)♪。フジムラコンテンポラリーアートには、ゴールデンウィークを利用して「観光がてら+ご宿泊」の、のんびりプランで遠方から足を運んで下さるお客様が多くいらっしゃいます。

 

そこで5月は…『THE FCA』と題しまして、フジムラコンテンポラリーアート(FCA)では『今が旬☆』というアーティストをピックアップし、作品を展示しようと着々と準備を進めております!

 

キム・ソングン
キム・ソングン

 

その中で、フジムラコンテンポラリーアートの歴史の1ぺージ目を刻んだキム・ソングン画伯。我々がフジムラコンテンポラリーアートを立ち上げて最初にご契約させて頂いた海外アーティストです。私達スタッフにとっても感慨深いアーティストの一人でもあります。

 

このキム・ソングン画伯は、2015年3月&4月に、なんと5年ぶりとなる新作発表展を開催しました。キムソングン画伯が手掛ける韓国語で言う“セサンバクロ-日常の向こうへ-”という永遠のテーマのもと、新しく確立された サブテーマである“デペイズマンシリーズ”のキーポイントは……シリーズ名ともなったデペイズマンという特殊な表現技法が「ミソ」となっています。

まさに目にしなければ理解できないアートの深い世界をご堪能頂ける企画。よって、5月にもご覧頂けるよう引き続き作品を準備して、皆様のお越しをお待ちしています!!!

 

 

ネイト・ジョルジオ
ネイト・ジョルジオ

 

同時に、新印象派の世界を確立したネイト・ジョルジオ画伯。昨年には、現存のアーティストがまだ誰も作品化に成功していない新しい素材を作品に盛り込んだ 「ダイヤモンドダストシリーズ」を発表しています。1つの素材への追求心がなけれなここまでの作品に仕上がらないという醍醐味。観る者を魅了する奥深い斬新さ…まさに巨匠の匠の技を実感していただけます。この作品も非常に好評の為、『THE FCA』企画でも、出展予定です。

 

この2人のを含め、6人のアーティストの作品を展示します。風景、ワイルドライフアート、ファンタジーの世界に、オブジェ…。海を越え、伝統や文化、自然の営みすら異なる世界のアートの共演です。

 

内藤貞夫
内藤貞夫

 

ウレ・リトゲン
ウレ・リトゲン

 

スティーブ・ホールマーク
スティーブ・ホールマーク

 

つだなおこ
つだなおこ

 

この中には、全く同じ画材を使用するアーティストもいます!!しかし、国籍が異なるアーティストたちが自分のこだわりを形にする時…不思議なほど、異なる画材かのような質感を醸し出します。そのような点もお楽しみ頂けるのが『THE FCA』企画展。

 

5月は、この『THE FCA』企画で、“FCAとはどんなギャラリーなのか!?”を是非とも知っていただき、FCAの魅力を存分にご堪能頂く機会にして頂きたいと思います。どうぞ楽しんでみてください(*^_^*)♪

作家便り…ネイト・ジョルジオ画伯

まさに今!好評開催中の、ネイト・ジョルジオ最新作発表展

ご存知ですか?マイケル・ジャクソンのプライベート画家の契約を持つ、ネイト・ジョルジオ画伯が日本に上陸して20年も経つことを。

 

ここ日本では、風景画家として一世風靡。風変りな彼の描き方は、どんな作品よりも新しく見え、これからの時代を切り開いていくように思えました…結果、その通りでした。最初は難しすぎてなかなか大衆に受け入れてもらえなかった彼の作品は、次第に日本のコレクター達の中に浸透し、いつの間にかネイトジョルジオファンという存在を作り始め…。そんな彼の作品を飽きることなく、日本で紹介し続けられたのも、ネイトジョルジオ画伯自身の信じられないような努力があったから…。

 

ネイトジョルジオ画伯は、決して他のアーティスト達がやらない…というより嫌がることを自ら率先して行い、自分の感性と遠い異国“日本人の感性”とのマッチングを図っていった…。彼自身の尖ったアート感とスキルを、どんどん成長させながら。それから約20年。一回りもふたまわりも成長したネイトが帰ってきた。ここ日本に…ここフジムラコンテンポラリーアート。

 

2014.12月 DMハガキ
2014.12月 DMハガキ

 

当ギャラリー、フジムラコンテンポラリーアートの代表藤村とも、はや15年以上の付き合いになる…。ネイトジョルジオは藤村のことが大切だった…なぜなら、藤村が彼に全くウソをつくことがなかったから。

対して、藤村もネイトジョルジオのアーティストとしての姿勢・力量・存在感・将来…に魅了されていた。互いに色々なことがあり、作品供給出来ない時期も、ずっと連絡を取り合った。日本で東日本大震災が起きた時も、ネイトジョルジオの親友マイケル・ジャクソンが亡くなった時も…。

 

人生いいことばかりではない、だけど、いつか訪れるチャンスがあるはず、その一瞬の為に様々な事を話しながら、情報を共有しよう。そんな関係。海の向こうがどんな状況か?なんて、ネット上で見ることはできても、体感することは絶対出来ない。全てを理解することなんて、一人の人間にはできない…。だからコミュニケーションを大切にして、そのわずかなチャンスを逃さないよう、互いを大切にしよう。

 

7年以上、2人が会うことはありませんでした。しかし、久しぶりに2014年は再会のチャンスが訪れたのです。というより、その機会が「今」だと感じ…そしてその7年の月日を埋める必要もなく、未来について語り合った。それが2014年11月、場所は、ロサンゼルス。

 

クリスマスカード
クリスマスカード

 

提供作品
提供作品

 

メッセージ
メッセージ

 

こうして長きに渡り、お付き合いは続くも、直接会って話し合う、語り合うこともなく7年も経過。だが、その間も素晴らしい作品は日本に届いているし、今こうしてフジムラコンテンポラリーアートでは個展、しかも最新作を発表している。ネイトジョルジオ画伯が、フジムラコンテンポラリーアートで作品を発表したいと願った世界のどこにもないアートが…。

 

ポスター
ポスター

 

マイケル・ジャクソン作品
マイケル・ジャクソン作品

 

画材
画材

 

尚、最新作であるこの作品たちについては、ここでご紹介する訳にはいきません。いくら自分たちで作成しているホームページ、ブログでも、それはネット上のこと。

 

真実味をもって、作品を紹介したい我々としては、本物の作品を目の前にして「感動」を共有して語る必要があると信じています。

今回の最新作は、まさにまだ見ぬアート。日本にはないアート。フジムラコンテンポラリーアートがモットーにしているまだ余り知られていないアートを日本で発信する!その定義にピッタリ当てはまるケース。ギャラリーには、ネイトジョルジオ画伯から送られてきた数々の手紙や作品、使い古しの画材などが展示されています。ファンの皆様へ、と題されたものから、TO,TAKESHIと記されたものまで…

 

 

 

旧作から最新作まで、そしてマイケル・ジャクソン肖像画まで、ネイトジョルジオ画伯を肌で感じるのは、今しかないと思います。尚、12月展示の作品と1月展示の作品は多少変更しています。

 

旧作
旧作

 

いつの日か、再びネイトジョルジオ画伯に再会できるように…と思う方は大勢います。その大勢のファンの方の期待に応えられるよう、私共も努力してまいりたいと思います。

 

元町に飾られたクリスマスツリー
元町に飾られたクリスマスツリー

2012年6月企画のご案内 2

こんにちは。本日は、当ギャラリーの今月案内の第二弾をお届けします。久しぶりにご紹介するアーティストの作品も多数ございますので、お楽しみ下さいませ。
キム・ミンヒ
キム・ミンヒ

 

「story of nature」 キム・ミンヒ
「story of nature」 キム・ミンヒ

 

韓国で大学教授をしながら制作活動を行うキム・ミンヒ先生。
昨年、当社代表の藤村が韓国を訪れた際、彼女は韓国のアート村(巨大な日本でいう軽井沢のようなリゾート地全体がギャラリーになっている場所!)で個展を開催していました。
そこには、多くの新作も発表されており、また日本での活動も挑戦したいとの意向も伺えました。今回のギャラリーには、オニキスを使ったアートを出展しています。美しい立体です。

 

ネイト・ジョルジオ
ネイト・ジョルジオ

 

「a lotus flower」 ネイト・ジョルジオ
「a lotus flower」 ネイト・ジョルジオ

 

ネイト・ジョルジオ画伯は先月、当社で久しぶりの個展を開催しました。まさに大好評☆とはこのこと!皆様のお声にお応えして、新たな作品も出展することに致しました。今回は水彩画です。

 

柔らかなベニスの風景をネイトジョルジオ独自のタッチ、また少ない筆数で仕上げて頂いています。一見の価値ありの作品です。ネイトジョルジオ画伯直筆のコメントも併せて展示させて頂いています。

 

ウレ・リトゲン
ウレ・リトゲン

 

「In namenloser stille」 ウレ・リトゲン
「In namenloser stille」 ウレ・リトゲン

 

今年の4月に新作3点を発表したウレ・リトゲン画伯。東日本大震災復興支援企画と銘打って、積極的に寄付のことを考え協力頂きました。

 

多くのファンを惹きつけたのは新作&旧作は勿論のこと、彼がドイツで過ごしたここ数年のプライベート写真やプリント工房の様子、来日時のユニークなお写真などをまとめてご紹介する企画でした。

今月もご希望の方がいらっしゃいましたら、どうぞスタッフまでお声をかけて下さい。ご準備して皆様にもお楽しみ頂ける様に致します。今月は新作を展示しています。

 

リー・ジョン
リー・ジョン

 

「あの風の向こう」 リー・ジョン
「あの風の向こう」 リー・ジョン

 

韓国のリー・ジヨン画伯は、近頃作品制作を再開しているそうです。彼女の作品は、自然の草花を使用しています。
使用しているというより、全てそれで創り上げられています。よって、韓国の厳しい冬の間は彼女の作品制作の元となる草花が採れない為、制作が出来ないというシンプルなお話です。韓国に古来から存在する紙(韓紙)を使用し、柔らかな空をも表現する為、我々同じアジア人が鑑賞すると、昔懐かしい気持ちにさせられます。

 

幼少の頃を思い出すような…田舎の祖父母を思い出すような…
また、TVや映画で見た何だか心穏やかになるような(ちょっと泣けるような)
優しい切ない気持ちをも感じる方もいるでしょう。

今回は、先月、藤村が韓国のアトリエを訪問した際に頂戴した日本のファンに向けたメッセージとお写真を額に入れて飾らせて頂いています。

お時間見て、一人でも多くの方にお楽しみ頂きたいイベントです。今回は、9作家の作品を同時に展示しています。まとめてフジムラコンテンポラリーアートを知るお得な(?)機会ですね…。