FCAアーティストからの年賀メッセージ~その9:吉野公賀編~

フジムラコンテンポラリーアート(FCA)所属作家さんによる、年賀作品・メッセージ、大トリの第9弾は、吉野公賀画伯からいただいた作品をお届けいたします。

 

 

皆様、新年明けましておめでとうございます!
お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?
おかげさまで私も元気です。

 

ここ数年は、私自身に合った活動を実践してまいりました。各取引先との関係を強化し、おかげさまで安定した活動ができております。

企業様に作品をレンタルして頂くことや、名刺や年賀状、カレンダーとしてご採用頂ける機会も増えて参りました。具体的な企業名をお伝えできないのが残念ですが、誰もが知っている大手企業様も含まれます。しかし一方で、目のこともあり、作風の変革にもチャレンジしていく必要があります。

 

 

さて、恒例の年賀作品の件ですが、新しいスタイルの富士山の新作(原画)をご用意いたします。『FUJI 2』というタイトルで、アルミ箔と和紙を使用した作品です。

私にとっては新作をお披露目する良い機会と捉えておりますので、展示終了後、お客様の感想などがありましたら、お聞かせ頂けますと幸いです。
どうぞ良い一年をお過ごし下さいませ。

吉野 公賀

FCA10周年記念コメント 第5弾

久しぶりに皆様へ吉野画伯のご報告ができることを、心より嬉しく思います。

 

 

現在、フジムラコンテンポラリーアートでも新作発表等は行っておりませんが、作品制作は継続していらっしゃるそうです。ご自身の体の調子を向き合いながらの制作。

 

大きく負担をかけないように、いつの日か、また皆様へ新作が届けられれば……と思っています。

 

 

フジムラコンテンポラリーアートの皆様へ

 

この度は「10周年」誠におめでとうございます。多くの出来事を積み重ねながら、様々な変化を実感されていることでしょう。

 

その中で“変わらないもの”の大切さや温かさは、彩り豊かに成長し、皆様にとって大切な宝物になっているのではないでしょうか。
そんな不変(普遍)の価値を携えて、これからもFCAらしく輝き続けてほしいと願っております。皆様の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

 

吉野公賀