K. ASHINO先生と行く三渓園

本日も、楽しかったフジムラコンテンポラリーアートのイベント報告です(^-^)♪

今日のブログは、「K. ASHINO画伯と行く三渓園ツアー」の様子!真夏に行われたイベントでしたので、思いっきり「夏服☆」です(笑)

 

言わずと知れたK. ASHINO画伯は、書家。当ギャラリーでは、たった一人の書家として、私達に多くの事を教えて下さいます。前回のブログでご紹介した『篆刻教室』も、その一つです。日本の歴史の中でしか感じ得られない世界を、「書」は持っています。その奥深い世界を、この三渓園ツアーでも、ご参加者の皆様に感じて頂けたことでしょう…。では、お楽しみ下さい!

 

カメラ片手に・・・ASHINO先生。
カメラ片手に・・・ASHINO先生。

 

説明
説明

 

建物の大きさが実感できます。
建物の大きさが実感できます。

 

まずは、三渓園について少しご紹介しておきます。
三渓園は生糸貿易により財を成した実業家、原三渓によって1906年に公開されました。

園内には、京都や鎌倉から移築された歴史的に価値の高い建造物(重要文化財等)が巧みに配置されています。原三渓は、新進芸術家の育成と支援に力を注ぎ、前田青頓の「神興振」、横山大観の「柳蔭」、下村観山の「弱法師」など、近代日本画を代表する多くの作品が園内から生まれました。尚、1953年、原家から横浜市に譲渡・寄贈されました。

 

合掌造りの建物内
合掌造りの建物内

 

岐阜の白川郷より移築された合掌造りの建物は、中を見学できます↑

 

テンション☆高い!!!
テンション☆高い!!!

 

UP DOWN 結構あります!
UP DOWN 結構あります!

 

園内は、175,000㎡もある為、1~2時間かけて散策します。
長い冬の寒さをしのぐ知恵と経験が沢山詰まったこの建物には、運が良いと、中に説明員の方がいらっしゃるので、様々なお話も伺えます。

 

鯉に、指かまれるよ・・・(+o+)
鯉に、指かまれるよ・・・(+o+)

 

池には鯉も沢山おり、エサも販売しているので、ちょっとした鯉との触れ合いも楽しめます(^◇^)♪

 

なんだか、、、いい雰囲気。
なんだか、、、いい雰囲気。

 

めっちゃ美味しいかき氷。
めっちゃ美味しいかき氷。

 

また、昔ながらのお茶屋もあるので、甘味も十分に味わえます!!!この日は、全員「かき氷」を頂きました。いやいや、本当に美味しかった(^v^)

 

薬医門薬医門

 

記念撮影
記念撮影

 

大きな池の周囲に点在するよう配置された重要文化財を回りながら、蝉の鳴き声に耳を傾け、深呼吸でもすれば、都会の喧騒から随分と離れた様な気がしますが、実は、ここ横浜市中区です。大都会なのです(^o^)丿 横浜の繁華街の喧騒がうそのように遠くに感じます。

 

 

繁華街から、こんなにも近くにあるオアシス。しかも、今の時代には有り得ないような…芸術に私財を投じた当時の粋な実業家のロマンをも感じられます。このような方々がいなければ、今のように、美術に心傾けることが当たり前のような時代は来なかったかもしれません。

 

この度は、K. ASHINO画伯の、古典を忘れず…ですが非常に前衛的な『色脈 -SHIKIMYAKU-』という新たなアートが生まれなかったら、私達フジムラコンテンポラリーアートでは、このようなツアーを組むことがなかったと思います。ご参加頂いた皆様には、お楽しみ頂けていれば何よりです。他の企画展でも、感動★を分かち合えるような楽しいイベントを、今後も考えていきたいと思います。

K. ASHINO先生の篆刻教室

ちょっと遅れましたが…今年の楽しかったイベントの報告をひとつ。

7~8月、大好評だったK. ASHINO先生の『色脈 -SHIKIMYAKU-』展終了に合わせて、ファンの皆様とともに“篆刻教室(てんこくきょうしつ)”を体験しました!今日は、その報告ブログです。お楽しみ下さい。

 

まず、『篆刻 』って何!?
そう仰る方も多いことでしょう。知っているようで余り詳しくない篆刻ですが、難しい歴史はともかくも、自分で体験制作すると、「良さと面白さが分かる!」と思い、ギャラリ―でお教室を催しました。

 

生徒は・・・お得意様!?
生徒は・・・お得意様!?

 

本気で生徒さん
本気で生徒さん

 

スタッフも生徒さん・・・(+o+)
スタッフも生徒さん・・・(+o+)

 

篆刻とは、書作品などに押印している印鑑のこと。芸術性の高い印鑑のことを指しています。
とはいえ、歴史は長く、紀元前から存在しています。始まりは中国。印鑑の制度が固まってきた頃、一般的な印鑑は役人のもの。そして篆刻作品は、日本では天皇、中国では皇帝が使用する高貴なものとして区別されました。実に、貴重なものだったことが伺えます。

 

当然、その頃には、篆刻専門の職人が存在し、より豊かなアーティスティックなものとして価値を高めていきました。それが、今では、シャチハタなる簡単で使いやすい印鑑も登場し、かなり多くの人が普通に所有していると思います。その分、篆刻として彫られた印章は、芸術作品に押印されるものとして区別されるようになりました。

 

彫ります・・・・(-。-)y-゜゜゜
彫ります・・・・(-。-)y-゜゜゜

 

あっ!この人も真剣・・・
あっ!この人も真剣・・・

 

う、う、う、うま~い!
う、う、う、うま~い!

 

本日は限られた時間での制作体験の為、石材のベースは事前に仕上げておき、文字を書いて彫ることのみ体験しましたが…それでも結構、大変!!!彫刻刀は、小学生以来。そんな方々ばかり…(そんなものですよね。一般的には。)小さなマスの中に文字を納めるだけでも、至難の技(笑)

 

墨の香りで満たされた・・・ギャラリー
墨の香りで満たされた・・・ギャラリー

 

ちょっと自慢げ☆・。・
ちょっと自慢げ☆・。・

 

修正して頂いてますzzzzz
修正して頂いてますzzzzz

 

ギャラリ―からは印刀、印泥など一式をプレゼント(さぁ~~~て、この後、ご自身で制作なさるか?または、押印下さるか?は…各自にお任せですが(笑)。

 

最後には記念に「和紙のコースター」に押印して終了。先生から直々にご指導頂きながらの初体験「篆刻」は、ご参加者の皆様にとって、どんなものでしたでしょうか?貴重なご参加者の皆様より、この落款の押された年賀状でも届くのだろう…と、今から年賀状が楽しみです(^v^)

 

お上手な方・・・その①
お上手な方・・・その①

 

お上手な方・・・その②
お上手な方・・・その②

 

お上手な方・・・みんな!?
お上手な方・・・みんな!?

 

フジムラコンテンポラリーアートでは、このような珍しいイベントも数多く開催しています。ご興味のある方は、機会見て、ギャラリーに足を運んでみて下さい。

ゲーリー・ウェルティ来日展2015 vol.5~ライブペインティング編~

本日のブログでは、フジムラコンテンポラリーアートのギャラリー内で行われたライブペインティングの模様をお届けします。

 

この場に居合わせられたLUCKYなお客様…ちょこちょこ写っています(^v^)もっと大きな会場を借りてやるべきだったかも…と思ったのも、まさかのまさか!

「ちょっとお願い!」のつもりで、ゲーリー・ウェルティ画伯には依頼したのですが、描き始めると…下地から丁寧に塗り始めて…(^o^)丿
あっ…!こんなに丁寧に描き進めてくれている…と思っても、後の祭り。ということで、一部のお写真ではありますが、お楽しみ頂けますと幸いです。

 

ドライヤーで乾燥させてます!
ドライヤーで乾燥させてます!

 

タオルで余分な絵の具を拭いてます
タオルで余分な絵の具を拭いてます

 

シーン・・・・(+o+)
シーン・・・・(+o+)

 

元来、ゲーリー・ウェルティ画伯はキャンバスにて作品制作を行っておりません。通常、世界に発表している作品たちは、アクリル板の上に描かれたものです。

ですが、限らた時間で行われるライブペインティングでは、乾きの遅いアクリルは不向きと考え、慣れないとは知りつつも、キャンバスに描いて頂く事となってしまいました!で、で、ですが…ドライヤーと数少ない画材を上手く活用さなって、あっというまに一枚の作品に!!!

 

紙パレット使用!
紙パレット使用!

 

乾かす時間も重要だと実感
乾かす時間も重要だと実感

 

描きにくそうで、申し訳ない。
描きにくそうで、申し訳ない。

 

特に注目すべきは、雲(入道雲)
グレーのベースカラーに白い絵の具で立体感と躍動感を与えるよう描いていらっしゃいましたが…乾いていくうちに「雲」が、モクモクしてくるのです。何と言えば、この臨場感がお伝えできるのか!?難しい、、、( ノД`)

 

細部にもきめ細かさが
細部にもきめ細かさが

 

集中・集中・集中
集中・集中・集中

 

とりあえず、完成!
とりあえず、完成!

 

気が付くと、観衆はゲーリー・ウェルティ画伯の操る筆先に釘付けとなり…一挙手一投足を細かに目で追い、ギャラリ―中の集中力が高まる中…FINISH★

 

終了の瞬間!!!
終了の瞬間!!!

 

ハイ!チーズ☆・。・”

ハイ!チーズ☆・。・” 

やっぱりダメ~
やっぱりダメ~

 

アーティストとしては当然納得のいく作品ではないようですが…初体験のライブペインティングは、彼にとって面白い経験ともなったようです。

 

こちらの作品、現在公開中。その際に使用した画材なども一緒に展示しています。展示は、2015年11月22日(日)までの予定です。お時間ございましたら、期間限定の公開に間に合うよう、足を運んでみてはいかがでしょうか!?皆様のお越しをお待ちしています!