大塚国際美術館ツアーレポート03~スタッフ編(2)~

2016.11.26(土)~27(日)開催。大塚国際美術館ツアーレポートです。
==========

 

陶板絵画って皆様、ご存知ですか?
とても簡単に説明すると、陶器の板に絵を焼き付けたものです。

 

大塚国際美術館

 

 

皆様が日頃お使いのお皿も絵柄が転写されていますよね?あれは焼き付けていて、毎日洗っても落ちないようにしてあります。その美術版が、「陶板絵画」だとイメージすると想像がつきますね!?

 

 

この大塚国際美術館は、大塚製薬創立75周年記念事業の一環として設立されています。大塚グループは先に述べたオロナミンC等の販売のみならず、多岐に渡る分野の会社がグループにあります。その中の1つが大塚オーミ陶業株式会社です。

 

ここでは徳島鳴門海峡の上質な砂を利用してタイルの製造を行っています。巷ではタイルは歪みや傷、割れがない状態で出来上がる確率が低い物でしたが、この会社ではかなり優れた技術で制作。また珍しく大判のタイルを製造できる会社でした。そこで始めた事業が、大型の美術陶板の開発です。

 

 

世界中の美術品が傷み、古くなり、変色し、退色していく中、戦争や火災等で失われたり…。では、どうしたらこの美術遺産を後世に引き継げるのか?世界中の人々が答えを出せない中…タイル画にできれば、永久に変化なく、美しいままに鑑賞頂ける!!!

という考えに至り、今の美術館が生まれることになったのだそうです。

 

 

続きは次のブログにて!!!(=゚ω゚)ノ
皆様もだんだん徳島に行きたくなってきたのではないでしょうか?(*´▽`*)ニヤリ☆彡

 

大塚国際美術館ツアーレポート02~スタッフ編(1)~

2016.11.26(土)~27(日)開催。大塚国際美術館ツアーレポートです。
==========

半年前のツアーでしたが…このツアー自体の面白さと共に、『大塚国際美術館』の素晴らしさをどうしてもお伝えしたく、改めてブログUPさせて頂きました。

 

先に掲載したMASARU様のレポートにあったよう、ツアー自体はなかなかの強行スケジュールでしたが、ツアー参加の意義をとても深く感じて頂いていて、大変に嬉しく思うと同時に、この感動は当ギャラリーのブログをご覧頂いている全ての皆様に共有頂きたいと思っての作成です!!!

 

 

まずは、大塚国際美術館とは?

日本人であれば必ず一度は飲んだことがあるであろう…あのオロナミンCの「大塚製薬」が建てた美術館です。
大塚製薬と言えば、オロナミンC、ポカリスエット、カロリーメイト等、有名な商品を沢山世に送り出している会社です!(私が説明するまでもありませんね(笑)!

 

また、大塚製薬が徳島の会社だと…意外とご存じないのでは?
この美術館は徳島鳴門市にあります。

 

 

所蔵作品は1000点程。1日で鑑賞してしまおうとすると、、、無理があります。(*´Д`)zzzzz
1泊2日の予定位で回るのがちょうどよい💛と思います。

 

 

現代的な建築で外観も素晴らしいですが、中は大変鑑賞しやすい造りで、なんと、自動販売機が幾つか設置してあります。

 

「えっ!美術館でドリンク飲んでいいの?」

 

・・・そうなんです。飲んでも良いのです。
何故ならば、陶板絵画だからです( ゚Д゚)zzzzzzz
ということで写真もガシガシ撮影できます。(*’ω’*)☆彡

 

 

続きは次のブログで!お楽しみ下さい☆彡

大塚国際美術館ツアーレポート01~お客様編~

2016.11.26(土)~27(日)開催。大塚国際美術館ツアーレポートです。
==========

やんちゃな旅

 

今回のツアーの案内には、1泊2日とあったが移動は車?!
土地勘のない私でも横浜から徳島まではチョッとドライブという距離(600km以上)ではないなぁと思いつつ、マジでした(笑)~特攻野郎AチームのBGM♪が頭の中をよぎる~

 

さて、ツアー当日 集合時間にFCAスタッフが居ない?
レンタカーの手配で少々遅れたようです。実際にはこの遅れ以上に出発が遅れることになったが個人の名誉のため詳細は控えますが 旅を盛り上げてくれることに。

 

そんな出発前に、いろいろな方々に声をかけられるFCAスタッフ。近隣の方々とも良好な関係を築いてんだなぁ、と垣間みました。いつもの接客姿勢は、近隣の方々にも伝わっているのかな。
車で移動と言うこともあり、途中に富士山を多角的に観ることができて心、浮かれてました。そんな中、おそらく肝を冷やしていたのは、主催者兼運転手の藤村社長だったのでは?民宿は到着時刻にあわせて合わせて食事を用意してくれるので、休憩をとりつつもかなりの快走でした。

 

 

爆走でなく快走もあり、民宿の食事にありつくことができました。海鮮料理の数々に、胃袋を鷲づかみされ。
修学旅行を思い出す、広間でイビキの輪唱を聴きながら自分も加わって寝ていたことでしょう。

 

 

 

翌日は、予報通り小雨が降る中、ちょっとしたトラブルも慣れると気にもとめず、大塚国際美術館へ。

 

長い直線のエスカレーターで上がった先のフロアには原寸大で再現されたシスティーナ礼拝堂の天井画&壁画、スケールの大きさ、感動しないわけがない。心を鷲づかみされた感じでした。この旅、2回目の鷲づかみです。

 

 

原寸大の絵画の数々、フロアの広さもあり、限られた時間でみるには時間配分を考えて と思ったけどダメでしたね。時間が足りない!後半はちょっと駆け足で急いで見ることになりました。

 

名画も時を刻み、言葉は悪が退色劣化は免れない。陶板で名画を再現しているので2000年以上も色褪せずに同じ輝きを保つといわれおり、次回、訪れることがあっても今回と同じ輝きを放っていることでしょう。

 

 

 

陶板による複製画なので贅沢にライトアップされた名画を見られるのは、
ここ大塚国際美術館だけ!

 

いつかここで見た名画のオリジナルを海外の美術館で見てみたいという楽しみも増えました。その時は「やっぱりオリジナルがいい」って言うんだろうな(笑)

 

 

過去に、海外ツアーにも参加させていただきましたが、この1泊2日の旅は 内容の濃い旅でした。

 

私は札幌から参加したので結果的に3泊4日の旅となり、直接、徳島へ行った方が…なんて声も聞こえそうですが、この旅の重要性は プロセスにあり。 ですよね金子さん(笑)

 

最後になりましたが、
藤村さん、金子さんスタッフの皆さん貴重な体験を本当にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。 そして次なる企画に期待してます。